次のページ
「紀伊茶屋(きのちゃや)大手町ビル店」
大手町
chariot

「紀伊茶屋(きのちゃや)大手町ビル店」は大手町ビルヂングの1階にあります。
千代田区大手町1-6-1です。

きIMG_0591 - コピー


紀伊国屋書店に併設された日本茶カフェで、今年1月のオープン、すっきりした
約40席の店内は全席禁煙、土日祝はお休みです。

きIMG_0588 - コピー

きIMG_0587 - コピー

きIMG_0583 - コピー

きIMG_0585 - コピー


メニューには抹茶、煎茶、ほうじ茶、ソフトクリーム、ぜんざいなどが揃っています。

抹茶ラテ420円は抹茶の味が濃厚です。

きIMG_0586 - コピー


長さ200mの大手町ビルヂングの1階です。

きIMG_0582 - コピー


大手町ビルヂングは1958年の竣工で、日本で最初に全館冷房を取り入れている
歴史のある建物で、昔ながらの喫茶店もあれば、新しいカフェも入っています。

スポンサーサイト

【2017/03/24 19:47】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「博物館でお花見を」 2017/3
上野
chariot

上野の東京国立博物館恒例の「博物館でお花見を」に行ってきました。
会期は4月9日(日)までです。
5月7日(日)までは春の庭園開放もされていて、さまざまな種類の桜を楽しめます。

お花見3-20-2017_001


「花下遊楽図屏風(左隻 部分)」 狩野長信筆 江戸時代・17世紀 国宝
はIMG_0338

4月9日(日)までの展示です。
ほぼ毎年春になると会うことのできる屏風です。

「小袖 紅綸子地八重桜土筆蒲公英燕模様」 江戸時代・19 世紀
はIMG_0379

はIMG_0381

4月16日(日)までの展示です。
刺繍で、上からツバメ、八重桜、ツクシ、タンポポをあしらっています。

「色絵桜楓文木瓜形鉢」 仁阿弥道八作 江戸時代・19世紀
はIMG_0366

4月16日(日)までの展示です。
春の桜と秋の楓が同じ鉢の中に入っています。

「不動明王立像」 平安時代・11世紀
はIMG_0393

4月16日(日)までの展示です。
桜の木を彫って作ったお不動様で、真言宗の空海の伝えた様式と
天台宗の円珍の伝えた様式が混じっているそうです。

「流水に桜透鐔」 西垣勘平作 江戸時代・17世紀 
はIMG_0404

4月23日(日) までの展示です。

  年をへて花の鏡となる水は散りかかるをや曇るというらむ 伊勢

  吹く風と谷の水としなかりせばみ山隠れの花を見ましや 紀貫之
 

特集展示として、奈良・金春家伝来の能面・能装束が展示されています。

「面 曲見(しゃくみ)」 金春家伝来 室町時代・15~16世紀 重要文化財
はIMG_0388

「唐織 萌黄地雪持柳桐菊藤梅片身替模様」 金春家伝来 安土桃山時代・16世紀
はIMG_0382


近代の美術の展示では、河鍋暁斎の大きな掛軸もありました。

「龍頭観音像」 河鍋暁斎筆 明治時代・19世紀
はIMG_0406

現在、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている、
「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展の記事です。


桜の作品をめぐるスタンプラリーもあって、5つのスタンプを全部押したら
オリジナル缶バッジがもらえるので、私ももらってきました。

はIMG_0410

公式キャラクターのトーハクくん(本名:東博 あずまひろし)が団子を持っています。


2016年の「博物館でお花見を」の記事です。

「博物館でお花見を」のHPです。


【2017/03/23 20:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「FACE展 2017  損保ジャパン日本興亜美術賞展」
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、「FACE展 2017 
損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開かれています。
会期は3月30日(木)までです。

FACE1-21-2017_001_2017032020405443f.jpg


FACE展は損保ジャパン美術財団の公益財団法人への移行を期に創設された
公募コンクールで、会場には受賞作品9点を含む入選作品71点が展示されています。
会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出も行われます。
会場は撮影可能です。

最初の部屋に受賞作品が展示されています。

青木恵美子 「INFINITY Red」2016年 アクリル・キャンバス グランプリ
フIMG_0474

フIMG_0476

画面いっぱいの真っ赤な花弁は浮彫りのような厚塗りです。

大石奈穂 「うその融点」 2016年  油彩・綿布・パネル 優秀賞
フIMG_0478

蚊帳の中で寝ている女性は溶けかかっています。

石橋暢之 「ジオラマの様な風景」  2016年 ボールペン画 優秀賞
フIMG_0471

御茶ノ水の神田川と行き交うJR線と地下鉄の電車を細密に描き込んでいます。

杉田悠介 「山」 2016年 アクリル・パネル 優秀賞
フIMG_0481

白い平面の上に点々と人物が置かれていて、雪山であることが分かります。

宮岡俊夫 「Landscape」 2016年 油彩・キャンバス 読売新聞社賞
フIMG_0495

風景画ですが、キャンバスの右と上を白く塗りつぶして、絵のサイズを小さくしています。

井伊智美 「残心」 2016年 焼絵・ベニヤパネル
フIMG_0521
板に器具を使って焦げ目を付ける、焼絵という技法を使っていて、
デューラーの版画を思わせます。

菊川天照 「虚像」 2016年 ペン、キャンバス
フIMG_0505

趣きのある草色の点描を並べて、巨像に見せています。

倉田和夫 「BREAD・93」 2016年 アクリル・麻紙
フIMG_0498

倉田さんは細密な描写でパンを描いていて、今回はパリパリのフランスパンです。

笹山勝雄 「秋」 2016年 油彩・キャンバス
フIMG_0515

出品作家の中では珍しい写実で、おだやかな秋の風情を写しています。


2016年の 「FACE展 2016」の記事です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ランス美術館展」です。
会期は4月22日(土)から6月25日(日)までです。

ランス3-20-2017_001


【2017/03/21 19:46】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ラ・ターブル(La-Table)新宿店」
新宿
chariot

「ラ・ターブル(La-Table)新宿店」は 京王百貨店新宿店の2階にあります。

タIMG_0351 - コピー


30席ほどの小さめの店内は全席禁煙、落着いた雰囲気です。
BGMはありません。

タIMG_0345 - コピー


フードメニューもいろいろ揃っています。

タIMG_0349 - コピー

タIMG_0347 - コピー


ケーキセット994円はイチゴタルトとコーヒーにしました。

タIMG_0341 - コピー

マシンで淹れるコーヒーはすっきりしています。
カップはNARUMIでした。

こちらはカプチーノ648円です。

タIMG_0340 - コピー


昔ながらのデパートの喫茶店の趣きを残していて、ランチやお茶に
気軽に利用できるお店です。


【2017/03/19 20:13】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展ブロガー内覧会 江戸東京博物館
両国
chariot

江戸東京博物館で開かれている、「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展の
ブロガー内覧会があったので行ってきました。
会期は4月9日(日)までです。

北京3-16-2017_001


江戸が発展した18世紀は清朝の首都、北京が最も反映していた時期でもあるということで、
江戸と北京の暮らしを比較する展覧会です。

写真は博物館の特別の許可を得て、撮影しています。

この展覧会では清の「万寿盛典」、「乾隆八旬万寿慶典図巻」と江戸時代の
「熈代勝覧(きだいしょうらん)」の展示が注目されます。

「万寿盛典」 1717年(康熙56) 北京・首都博物館
北IMG_0170

清の康熙帝60歳を祝う式典の120巻の記録で、その一部は148枚の図版になっていて、
つなぎ合わせると約50mの長さになります。
康熙帝が離宮から紫禁城に戻るまでの行列と沿道の賑わいを詳細に描き込んでいます。

「乾隆八旬万寿慶典図巻」(下巻) 1797年(嘉慶2) 北京・故宮博物院
北IMG_0160

祖父の康熙帝に倣って、乾隆帝が80歳を祝った祝典の模様を描いていて、
離宮から紫禁城に戻る行列と沿道を色彩豊かに表しています。
上下2巻合わせて、130mの長大な作品で、沿道の舞台や見物人、
並んだ象も描かれています。

「熈代勝覧(日本橋盛絵巻)」 1805年(文化2)頃 ベルリン国立アジア美術館
北IMG_0167

日本橋の賑わいを長さ約12mにわたって描いた絵巻で、現在はベルリンにあり、
今回11年ぶりの日本での公開です。

「熈代勝覧」の複製は東京メトロ三越前駅の地下コンコースにも常時展示されています。
地下コンコースは「熈代勝覧」に描かれた場所の真下に当たります。

「明黄色納紗彩雲金龍紋男単朝袍(雍正帝の礼服)」 北京・故宮博物院
「鉄嵌緑松石柄金桃皮鞘腰刀(乾隆帝所有の腰刀)」 北京・故宮博物院

北IMG_0179

黄色は皇帝のみが使用する色で、刺繍されている龍も皇帝のみが使える5本爪です。

「四合院模型(二進式)」 北京・首都博物館
北IMG_0189

中国の伝統的な、口の形の家屋で庭を囲んだ住宅です。
私は、台湾の空港近くの空から地上を見た時、このような四角な家を見つけて、
ここは中国だと思った記憶があります。

「割長屋・棟割長屋模型」 三浦宏/製作・所蔵
北IMG_0193

こちらは日本の裏長屋で、屋根に布団が干してあります。

左「黒木猴(帽子屋の猿看板)」 清 北京・首都博物館
右「幌子(両替屋看板)」 清 北京・首都博物館

北IMG_0209

猿が帽子を持っています。

上「鍾馗像」 清 北京・首都博物館
下「五毒肚兜(端午の節句用腹掛)」 清 北京・首都博物館

北IMG_0274

鍾馗は唐の玄宗皇帝の夢に現れ、魔物を退治したと言われています。
虎の周りにサソリ、ヘビ、ムカデ、ガマ・ヤモリの五毒を刺繍した、子どもの腹掛けです。

上「鍾馗図」 鈴木守一 江戸末期・明治中期 江戸東京博物館
下「名所江戸百景 水道橋駿河台」 歌川広重 1857年(安政4) 江戸東京博物館

北IMG_0230

端午の節句に鍾馗の絵を飾る習慣は中国から伝わっています。
駿河台には鯉のぼりも上がっています。

左「天神机」 1812年(文化9) 江戸東京博物館
右「近世職人絵尽」より寺子屋の様子 
 狩野晏川/画 鍬形蕙斎(北尾政美)/原画 1890年(明治23) 江戸東京博物館

北IMG_0239

子どもたちは寺子屋に天神机と呼ばれる文机を持参して学んでいました。
寺子屋では子どもたちが習字の練習中ですが、いたずらが過ぎてお仕置きを
受けている子もいます。

「熈代勝覧」にも文机を担いだ父親に手を引かれて、初めて寺子屋に行く
子どもの姿があります。

参考 「熈代勝覧」複製
勝IMG_0244

「閙学童図(学習中に騒ぐ学童)」 清 北京・首都博物館
北IMG_0272

先生が休んでいるすきに、子どもたちは好き勝手なことをしています。
先生の頭にサソリを置こうとする子までいます。

渡辺崋山が庶民の風俗を軽妙な筆遣いで描いた「一掃百態図」にも、寺子屋の先生と、
ふざける子どもたちが描かれていて、画家には恰好の題材だったようです。


国こそ違え、人々の生活は同じものということを実感させてくれる、面白い展覧会です。

展覧会のHPです。


次回の特別展は、特別展「没後150年 坂本龍馬」です。
会期は4月29日(土・祝)から6月18日(日)までです。

龍馬3-16-2017_002


【2017/03/18 19:04】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>