次のページ
「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―」 練馬区立美術館
中村橋
chariot

練馬区立美術館では、「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―」が開かれています。
練馬区独立70周年記念展で、会期は6月4日(日)までです。

パリ0


フランス文学者の鹿島茂氏(1949-)による「失われたパリの復元」(「芸術新潮」連載)を基に、
19世紀のパリについての資料や作品を展示する展覧会です。

ビュヴィス・ド・シャヴァンヌ 「聖ジュヌヴィエーヴの幼少期」 
 油彩・鉛筆・カンヴァス 1875年頃 島根県立美術館

シ009

シ010

会場の最初に置かれています。
パリのパンテオンの装飾壁画の縮小版です。
聖ジュヌヴィエーヴはパリの守護聖人で、451年のフン族の攻撃から
パリを守ったとされています。
パリのパンテオンは元は聖ジュヌヴィエーヴ教会として建設され、
1792年に竣工しています。
故郷のナンテールで、聖ジェルマンに見出された場面で、対角線構図で
配された群像の中心に幼いジュヌヴィエーヴが立っています。
手前の水面はセーヌ川を表しています。

パリはナポレオン3世の第二帝政期(1852-70)にセーヌ県知事のオスマン男爵によって
パリ大改造(1853-70)が行なわれています。
広い直線通りを何本も通すなど道路網を整備し、衛生環境を改善するなどして、
現在のパリの景観を形作っています。
一方で下層民の住居は強制的に破壊され、住民はパリ周辺部へ追いやられています。

アドルフ・マルシアル=ポテモン 「ロラン=ブラン=ガージュ通り(袋小路)」 
エッチング・紙 1864年 鹿島茂コレクション

パリ7

版画集「いにしえのパリ」(1866年)の一部です。
アドルフ・マルシアル=ポテモン(1828-1883)は大改造前のパリの街並みのほぼすべてを
版画に写した、「いにしえのパリ」を制作しており、今では貴重な資料となっています。

エミール・バヤール 「コゼット」 木版画 1879-1882年
パリ5

パリ6

ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆した「レ・ミゼラブル」のユーグ版の挿絵版画です。
コゼットはまだ幼いのに、小間使いとして働かされています。
「レ・ミゼラブル」の舞台のパリは大改造前の時代です。

フランソワ・ポンポン 「コゼット」 ブロンズ 1888年 群馬県立館林美術館
桶を重そうに持ち上げるコゼットの像です。
フランソワ・ポンポンは単純化された動物の像で有名な彫刻家ですが、初期の作品で、
ロダンのようなロマン主義的な雰囲気があります。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「森の散歩道(ル・クール夫人とその子供たち)」 
 油彩、カンヴァス 1870年  公益財団法人吉野石膏美術振興財団(山形美術館に寄託)

パリ4

パリ郊外のブローニュと思われる森を散歩する、友人の建築家、
シャルル・ル・クールの家族を描いています。
初期の作品で、コロー風の落着いた色彩です。
ブローニュの森もパリ大改造時にロンシャン競馬場を建設するなど、
整備が進められています。

アンリ・ルソー 「エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望」 
 油彩・カンヴァス 1896-98年 ポーラ美術館
 
パリ1

右奥のトロカデロ宮殿(1937年に取壊し)は1878年のパリ万博のメイン会場、
エッフェル塔は1889年のパリ万博の入場口として建設されています。
手前はアンヴァリッド橋で、1854年に翌年のパリ万博に合わせてこの形に
架け替えられています。
アンリ・ルソーは大改造後のパリに生きています。

ポール・シニャック 「ポン・ヌフ」 水彩・紙 1927年 茨城県近代美術館
パリ3

ポン・ヌフはシテ島をまたいでセーヌ川に架かる橋で、「新しい橋」という意味ですが、
竣工は1607年で、パリで一番古い橋です。 
シテ島はパリ発祥の地であり、パリ市の標語、「パリはたゆたえども沈まず」は
この島に由来しています。
また、シテ島に住む者を表す、「シトワイアン」はやがて「市民」(英語のシティズン)という
意味を持つようになります。
大改造前は貧民窟になっていたシテ島は整備が進み、住民は追い払われています。

モーリス・ユトリロ 「モンマルトルのキュスティーヌ通り」 
 油彩・カンヴァス 1938年 松岡美術館

パリ2

キュスティーヌ通りはモンマルトルのサクレ・クール寺院の北東側にあります。
大改造によって出現した整然とした街並みです。
定規をよく使っていたユトリロには直線的な街路は描きやすかったかも知れません。
展覧会の中で一番新しい作品で、この絵の翌年に第2次世界大戦が始まり、
1940年にはパリはナチスドイツ軍に占領されています。
そして、戦後は芸術・文化の中心はフランスなどのヨーロッパからアメリカに
移っています。

他に、オノレ・ドーミエの社会風刺版画や、ピエール・ボナールのリトグラフ、
「パリ生活の諸相」(1895-99年)、浮世絵風の版画で知られるアンリ・リヴィエールの
「エッフェル塔36景」(1902年)なども展示されています。
大改造前からベル・エポックの時代まで、19世紀のパリの雰囲気が伝わる、
とても興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。

次回の展覧会は、「生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展」です。
会期は6月9日(金)から7月14日(金)までです。

だざい5-22-2017_009


【2017/05/23 20:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
喫茶店「ショパン」 神田須田町 2017/5
淡路町
chariot

喫茶店「ショパン」に行ってきました。
「かんだやぶそば」の向かいで、千代田区神田須田町1-19-9にあります。

ショIMG_0243 - コピー


昭和8年(1933)創業という老舗で、以前は同じ通り沿いの別の場所にありましたが、
30年以上前にこちらに越して来て、同じ内装で営業しています。

奥に鏡を張った大きな紅いシートの店内はほの暗く、ショパンの曲が流れ、
とても落着いた雰囲気です。

ショIMG_0234 - コピー


奥のマントルピースの上にはステンドグラスと鏡の付いた大きな飾り棚が据えられています。

ショIMG_0239 - コピー


ブレンドコーヒー500円です。

ショIMG_0238 - コピー

昔ながらの大変濃く、懐かしい味です。

アンプレス450円です。

ショIMG_0235 - コピー

3回も塗ったバターの塩味の効いたトーストに甘い餡を挟んだホットサンドで、
濃いコーヒーとよく合います。

古風な佇まいを今に残す、大変貴重なお店で、雑誌やTVで取材されることもよくあります。

2008年に「ショパン」に行った時の記事です。


【2017/05/21 19:42】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
神田祭神輿宮入 2017年
御茶ノ水・新御茶ノ水
chariot

今年は神田明神の神田祭は2年に1度の本祭に当たります。


14日に行なわれた神輿宮入を見てきました。
この日は各町会の大小200基を超える神輿が宮入を行ないます。

東神田三丁目
かIMG_0292 - コピー

神田佐久間三丁目
かIMG_0300 - コピー

神田佐久間四丁目
かIMG_0295 - コピー


江戸神社(神田市場)の千貫神輿の宮入です。
音頭取が3人も乗っている大きな神輿で、宮入の一番の見所です。
神田明神下から坂を上がって来る様は壮観でした。

かIMG_0303 - コピー


門前の鳥居に向かうところです。

かIMG_0310 - コピー

かIMG_0304 - コピー

かIMG_0306 - コピー


2015年の神田祭神輿宮入の記事です。


【2017/05/21 19:16】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
「赤門―溶姫御殿から東京大学へ」 東京大学総合研究博物館本館
本郷三丁目
chariot

東京大学本郷キャンパスにある東京大学総合研究博物館本館では特別展示、
「赤門―溶姫御殿から東京大学へ」が行なわれています。
会期は5月28日(日)まで、入場は無料で、休館日は月曜日です。

あIMG_0148

赤門4-13-2017_001

本郷邸開設400年周年、東京大学設立140周年を記念しての展示です。

東京大学本郷キャンパスの赤門は、文政10年(1827)に、11代将軍徳川家斉の息女、
溶姫(やすひめ、ようひめ:1813-1869)が加賀前田家13代藩主斉泰(1811-1884)に
輿入れするにあたって建てられた門です。

赤門表


徳川将軍の息女を迎えるということで、加賀藩は約5200坪の御殿(御住居のちに御守殿)を
新築しており、赤門(正式名は御守殿門)もこの時建てられています。
将軍の息女の嫁ぎ先であることを表すため、朱色に塗られ、赤門の名の由来となっています。

藩邸の御殿部分の図面
あIMG_0104

この両側に家臣の住居があります。

女中部屋
あIMG_0112

名前が書いてあり、相部屋だったようです。

溶姫御殿の瓦
あIMG_0114

葵紋が入っていて、火災の跡が無いことから、安政2年(1855)の安政江戸地震で
被災したものと思われます。

出土した双葉葵紋の食器
あIMG_0123

徳川家から来た女中であることを表しているようです。

九谷焼の小杯
あIMG_0125

加賀藩の支藩で九谷焼を産する大聖寺藩から溶姫御殿付女中への献上品と考えられます。

屋号の刻まれた徳利
あIMG_0119

あIMG_0120

当時のデリバリー食器で、いろいろな店の屋号が刻んであります。
溶姫御殿と他の御殿では主に出入りしている店が違っているようです。
出入り業者も徳川家から付いてきたきたのでしょうか。

貝殻や魚骨
あIMG_0134

高級食材のカモやアワビ、当時は下魚だったマグロもあります。

蚊遣り豚
あIMG_0129

今でも使えそうです。

鏡、かんざし、銭
あIMG_0131

便槽に落ちていたものです。
便槽の土からは鉛が検出され、女中たちが鉛を含んだ白粉を使っていたことが分かります。

赤門の修繕見積書
あIMG_0141

明治36年の東京帝国大学赤門の修繕見積書で、営繕掛に出されています。

加賀藩邸は慶応4年(1868)に本郷春木町からの出火でその大部分を焼失しています。
この年、溶姫は幕末維新の混乱を避けるために移っていた金沢で亡くなり、
加賀藩は新政府軍に属して出兵し、長岡藩と戦っています。

東京大学本郷キャンパスに残る加賀藩邸の遺構についての記事です。

展示のHPです。


【2017/05/20 19:35】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「Me’s CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」
銀座
chariot

「Me’s CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」は東急プラザ銀座の1階にあります。
場所は中央区銀座5-2-1です。

メIMG_0573 - コピー


METoA Ginzaは三菱電機グループのイベントスペースで、1階から3階まであり、
「Me’s CAFE & KITCHEN」は1階に併設されています。
白を基調にした店内は大テーブルを中心にして60席ほど、三菱DIATONEの
スピーカーからポップスが流れていました。

メIMG_0570 - コピー


メIMG_0571 - コピー


水はデカンタに入って、置いてあります。

メIMG_0554 - コピー


オーストラリアカフェ&レストランで、ニュージーランドの
「オールプレス・エスプレッソ」のコーヒーを使っています。

フラットホワイト626円はきれいなラテアートが出来ています。

メIMG_0560 - コピー


エディブルフラワーを乗せたキャラメルバナナパウンドケーキ626円は上品な甘さで、
ほのかにバナナの味がして、美味しいです。

メIMG_0562 - コピー


メニューには見た目にもきれいなドリンクもあって、活きの良さを感じるお店です。


【2017/05/19 23:07】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>