次のページ
「山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―」 日本橋髙島屋美術画廊X
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは「山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―」が
開かれています。
会期は6月25日(月)までです。

山田img504 (1)


山田純嗣さん(1974-)は長野県飯田市出身で、名画を立体化し、それを撮影した
写真の上にエッチングやペインティングを重ねる、「インタリオ・オン・フォト」と
名付けた技法によって制作しています。

葛飾北斎の「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧」を高さ70㎝の立体にした物です。
山田img504 (5)

粘土などで出来ていて、瀧の部分には箔を貼ってあります。
2次元の浮世絵が3次元化されて、面白い造形です。 

インタリオ・オン・フォトによる平面作品です。
山田img504 (6)

また2次元に戻っていて、モノクロ写真のネガに彩色したような、ちょっと不思議な景色です。

酒井抱一の「夏秋草図屏風」の夏の部分を立体化しています。
山田img504 (4)

揺れる夏草が手前に浮き出ています。

インタリオ・オン・フォトによる平面作品です。
山田img504 (3)

夏草が浮彫のような感じになります。

仙厓の「〇△□」のインタリオ・オン・フォトもあります。
山田img504 (2)

後から描いた線が上になっています。
地の部分には仙厓の絵などがぎっしり詰まっています。

平面から立体、立体から平面と移す過程で加工が入って、原作とは違った世界が
見えてくる、なかなか面白い造形です。


【2018/06/21 19:12】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「渡辺香奈展 Perfect Blue」 銀座 日動画廊
銀座
chariot

銀座の日動画廊では6月26日(火)まで、「渡辺香奈展 Perfect Blue」が
開かれています。
日曜日は休廊です。

渡辺img481 (3)


渡辺香奈さん(1980~)は岩手県出身で、花や女性を勢いのある動きの中で
描いています。
2012に文化庁海外研修としてスペインに留学し、2014年までベラスケスなど
スペイン絵画を学んでいます。

「Perfect Blue」 M100
渡辺img481 (1)

作品は新国立劇場のバレリーナの方にポーズを取ってもらったそうで、腕を伸ばした
背中の鍛えられた筋肉も描き出しています。
画面を横にすると、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」にも似ています。
本の絵は、ホセ・デ・リベーラの「隠者の聖パウロ」の一部で、生を表すパンには
光が当たり、死を表す頭骸骨は陰になっています。

渡辺さんによれば、自分が青一色の世界に居れば、青色を意識せず、赤色など
別の色をを見て初めて自分の青色に気付く、ということを描いています。
これはスペインの文化に触れることで、今までの自分の持っていた日本の文化と
いうものを客観的に意識したことに始まるそうです。
スペインの画家たちは、近所の土を絵具に混ぜて特有の色彩を出すなど、
油彩というものを使いこなしていて、教科書的な日本の描き方とはかなり違うことに
驚いたそうです。

「Perfect Magenta」 F130
わimg501 (3)

赤の世界の中に青が少し入っています。
折り紙の蝶は、外からちょっと見ただけではたその場所の良い所だけが見えることを
表しているそうです。
実際にそこで暮らすと、現実の姿が見えてくるもので、それは本物の蝶で表します。
ダリアはメキシコ原産で、スペインを通じてヨーロッパに伝わった花です。

「Perfect Magenta」 F8
わimg501 (2)

本の絵は、ムリーリョの「小鳥のいる聖家族」の一部です。

「La Paciencia」
渡辺img481 (4)

Pacienciaは忍耐という意味です。
渡辺さんとしては珍しい、左右対称に近い構図で、腕を後ろにそらした肩の筋肉の
盛り上がりが強調されています。
本の絵はスルバランの「神の子羊」です。

「一輪を花束にして」 M8
渡辺img481 (2)

一輪の花の、蕾から開花して枯れていくまでを一つの画面に描いています。
人の人生の一つ一つの場面に似ているように思えるとのことで、時の流れを
意識しています。
小品ですが、椿の花がこちらに向かってあふれ出してくるような迫力があります。

「一輪を花束に」 M4
渡辺img500


渡辺さんの作品には、外に向かって大きく広がっていく、運動性、躍動感があり、
バロック的と言えます。

2015年に日本橋三越本店で開かれた「渡辺香奈 洋画展」の記事です。

2011年に日動画廊で開かれた「渡辺香奈展 流れにめぐるものたちへ」の記事です。


【2018/06/19 20:45】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ザ クリーム オブ ザ クロップ 渋谷ヒカリエ店」 2018/6
渋谷
chariot

「ザ クリーム オブ ザ クロップ 渋谷ヒカリエ店」に、朝行ってきました。
場所は渋谷区渋谷2-21-1です。

クIMG_0210 - コピー


渋谷ヒカリエの1階の角にある、自家焙煎コーヒーの売店で、イートインは
間仕切りの内側にカウンター席と背の高いテーブル席が数席あります。

クIMG_0200 - コピー


朝、8時から開いていて、モーニングセットもあります。

パンオレザンとコーヒーのセットは650円です。
カレーパンのセットも650円です。

クIMG_0205 - コピー

クIMG_0201 - コピー


注文の都度ドリップで淹れるコーヒーはくっきりと美味しく、最近、再開発の進んでいる
渋谷の活気を味わえるお店です。

以前、「ザ クリーム オブ ザ クロップ 渋谷ヒカリエ店」に行った時の記事です。


【2018/06/17 19:00】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『内田正泰 「心の詩」作品展』 丸善丸の内本店 2018/6
丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーAでは、
『内田正泰 「心の詩」作品展』が6月19日(火)まで開かれています。

内田正泰さん(1922~)は今年96歳で、100色以上の色紙をちぎって貼る、
はり絵の技法によって、懐かしい日本の四季の風景を詩情豊かに
描き出しています。

展覧会では夏の景色を中心にして、新作のはり絵の原画と版画や代表作など、
約50点が展示されています。

「梅雨あけ」 
img494.jpg

梅雨の明けた青い空を白い雲が流れ、緑の野でも雲の影が流れています。

2013年に同じ丸善丸の内本店で開かれた『内田正泰 「心の詩」作品展』の記事です。


梅雨の花、紫陽花の写真も少し載せます。

紫陽花IMG_0209

紫陽花IMG_0205

紫陽花IMG_0792

紫陽花IMG_0779

紫陽花IMG_0780




【2018/06/16 17:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「ドリップマニア エキュート日暮里店」
日暮里
chariot

「ドリップマニア エキュート日暮里店」はJR日暮里駅の改札内にあります。

ドIMG_0525 - コピー


小さなお店で、席の間は狭く、全席禁煙、約20席あります。
JR東日本系列のお店で、東京23区内にあるのはこちらだけです。

ドIMG_0529 - コピー


日暮里ブレンドS410円です。

ドIMG_0526 - コピー

ここのコーヒーは店名の通り、1杯ずつハンドドリップで淹れるので、
すっきりとして飲みやすく、美味しいです。

BGMにトップオブザワールドが流れていて、元気も出てきました。
朝7時から開いていて、駅ナカでドリップコーヒーが飲める、重宝なお店です。

少し前に行ったのですが、隣の上野駅ではパンダのグッズがたくさん売られていました。

ドIMG_0535 - コピー


アメ横のジオラマもありました。

ドIMG_0532 - コピー


【2018/06/15 20:44】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>