次のページ
「染付誕生400年」展 根津美術館
表参道
chariot

表参道の根津美術館ではコレクション展、「染付誕生400年」が開かれています。
会期は2月19日(日)までです。

染付11-18-2016_002


朝鮮の陶工、李三平は約400年前の1616年に肥前有田で初めて磁器を焼いたとされています。
展覧会では1998年に山本正之氏が寄贈した作品を中心に、17世紀から19世紀にかけての、
染付、柿右衛門、鍋島焼などの肥前磁器が展示されています。

「染付鷺矢羽根文皿」 肥前 17世紀前期-中期
染付2

初期の小さな皿で、中央に白抜きで白鷺、周りに矢羽根が描かれています。
肥前磁器でよく題材にされる白鷺の早い作例とのことです。
鷹の羽に囲まれていて、白鷺も居心地の悪いことでしょう。

「染付楼閣山水文台皿」 肥前 17世紀前期-中期
染付6

初期の作らしく、器形にやや歪みがあって、大らかな姿をしています。

「染付流水菊花文稜花鉢」 肥前 17世紀中期-後期
染付3

中央には水に浮かぶ菊花、周りには垣根や竹、梅がていねいに描き込まれています。

「染付雪柴垣文軍配形皿」 肥前 17世紀
染付4

軍配の形をした皿で、柴垣に積もった雪を白抜きで表しています。
空に描かれた放射状の物は花とのことです。
白と青を活かした、幻想的な光景です。
寛文(1661-1673)、延宝(1673-1681)の頃には器の形や文様が和様になり、
構図も非対照で、余白が多くなったそうです。

「色絵三果文稜花皿」 肥前 17世紀後期-18世紀前期
染付7

三果文は桃、柘榴、仏手柑(あるいはライチ)を配する絵柄です。
稜花皿は縁が尖りのある花の形になっている皿です。
酒井田柿右衛門家文書によれば、初代柿右衛門は長崎で中国人から
色絵の技術を学び、正保4年(1647)には加賀前田家に製品を販売しています。

「色絵寿字文独楽形鉢」 肥前 17世紀末期-18世紀前期
染付5

華やかな金襴手の鉢で、中央の壽の文字は金で縁取りされ、左右には巻物、
打ち出の小槌、上下には隠れ蓑、宝珠、丁子などの宝尽し文が描かれています。

「染付白鷺文皿」 肥前 17世紀
涼005

佐賀鍋島藩の直営窯で製作された鍋島焼です。
全体にむらなく薄く塗られた顔料は水辺の景色を表し、鷺や蓮の葉は白い生地を残して
描かれています。
鍋島焼は大名への贈答用に使われ、デザインがすっきりとモダンで、スキがありません。


肥前磁器の初期から発展していった様子がよく分かる展示です。


展示室5は正月恒例の「百椿図」の展示です。

染付1

丹波国篠山藩、後に播磨国明石藩7万石の藩主となった松平忠国(1597~1659)の
注文により狩野山楽が描いたとされ、忠国とその子で老中にもなった信之(1631-86)の
2代にわたって、それぞれの花に著名人に漢詩や和歌の賛を書いてもらっています。
本之巻、末之巻の2巻併せて約24mあり、100種類以上もの椿を描き並べています。
賛を寄せたのは49人で、大名は松平忠国と徳川光圀、加藤明友(加藤嘉明の孫)です。
他に公家の烏丸光広、歌人、俳人の北村季吟、俳人の西山宗因、僧の松花堂昭乗、
儒者の林羅山などがいます。


展示室6のテーマは「点初め-新年を祝う-」です。

点初め(たてぞめ)はその年最初の茶会のことで、干支や正月にちなんだ茶道具が
展示されています。

「小松引図」(部分) 冷泉為恭 江戸時代 19世紀
松竹梅004

小松引は正月最初の子の日に野の小松を引いて長寿を願う平安時代の行事です。
みやびな行事で、よく画題にもなっています。
掛軸で、上の方には峰の松が描かれています。
冷泉為恭(1823~64)は幕末の絵師で、大和絵に優れ、王朝文化を題材にした作品を
多く描いています。

「大井戸茶碗 銘 三芳野」 高麗茶碗 朝鮮時代 16世紀 重要美術品
遠003

井戸茶碗は朝鮮時代の日常雑器で、日本の茶人が茶器に見立てたものです。
大振りの井戸茶碗を大井戸と呼びます。
高台は高く、くっきりとしていて、口縁には金継も見えます。

「赤楽富士茶碗」 伝覚々斎作 江戸時代 17~18世紀 
染付0

ぶっくりした茶碗に富士山のような太い線が入っています。
覚々斎(1678-1730)は表千家6代家元です。


1階の展示室3は3月31日(金)まで、興福寺中金堂再建記念特別展示、
「再会 ─興福寺の梵天・帝釈天」です。

興福寺1-8-2017_001


右 「梵天立像」 定慶作 木造彩色 鎌倉時代 建仁2年(1202) 興福寺蔵 重要文化財
左 「帝釈天立像」 定慶作 木造彩色 鎌倉時代 建仁元年(1201)

興福寺0  興福寺1

像高約180㎝の桧の寄木造で、やや前傾し、堂々とした姿です。
帝釈天は甲冑を着け、蓮の蕾を持ち、衣装には截金が残っています。
顔は明治以降の後補なので、梵天に比べ彫りが深く、くっきりとした顔立ちです。

梵天立像と帝釈天立像は興福寺に置かれていましたが、帝釈天立像は明治の
廃仏毀釈で荒廃した興福寺の復興に協力した、三井財閥の益田鈍翁に渡っています。
今回は2018年の中金堂の落慶をひかえての、112年振りの再会とのことで、
2体並んでの展示です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は特別展「高麗仏画-香りたつ装飾美-」です。
会期は3月4日(土)から3月31日(金)までです。

高麗1-8-2017_002

スポンサーサイト

【2017/01/17 20:06】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カフェ「コフィノワ」 蔵前
蔵前
chariot

カフェ「コフィノワ」は都営地下鉄大江戸線蔵前駅の南側の小路にあります。
場所は台東区蔵前3-20-5です。

コIMG_0241 - コピー


2016年8月にオープンした自家焙煎のコーヒー店で、店内は10席ほど、全席禁煙、
簡素なつくりです。
BGMにエストレリータが流れていました。

コIMG_0223 - コピー

コIMG_0222 - コピー


すぐ横に焙煎機があり、なかなか存在感があります。

コIMG_0235 - コピー


メニューのトーストはペリカンのパンを使っています。

コIMG_0239 - コピー


バタートースト300円です。

コIMG_0226 - コピー

ペリカンのパンはあっさりとした自然な味わいです。

こちらはオニオンチーズトースト500円です。

コIMG_0232 - コピー


カプチーノ430円です。

コIMG_0234 - コピー


ドリップコーヒー450円はグアテマラにしました。

コIMG_0228 - コピー

美味しいコーヒーは色変わりの可愛いカップに入っています。
ドリンクセットにすると50円引きになります。

お店の方の応対もていねいで、居心地の良いお店です。


近くの厩橋まで歩いてみました。

うIMG_0252


橋の名前にちなんで、柱や欄干などに馬をあしらってあります。

うIMG_0248 - コピー

うIMG_0246 - コピー


1929年の竣工で、リベットが使われています。

うIMG_0244 - コピー


【2017/01/15 20:49】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「第13回 渡辺禎雄 型染版画展」 丸善丸の内本店ギャラリー
東京
chariot

丸善丸の内本店4階ギャラリーBでは、「第13回 渡辺禎雄 型染版画展
=世界に誇る日本の美と聖書の心の結実=」が開かれています。
会期は1月17日(火)までです。

渡辺禎雄(わたなべさだお:1913-1996)は型染版画家で、民藝運動の
一員の芹沢銈介に師事して型染の技法を学んでいます。

クリスチャンの渡辺禎雄は聖書や聖人を題材にした版画を数多く描いています。
民藝風の素朴さと中世キリスト教絵画の精神性さが一体となった、
優しく味わい深い作風です。

「花園の人びと」 1963年
渡辺0

通常はいくつかの色を使いますが、この作品は藍一色で描かれています。
何を題材にしているのか不明とのことですが、12人いることから、
12使徒であると思われます。

「ダマスコのパウロ」 1967年
渡辺1

キリスト教に改宗する前のパウロはキリスト教徒を迫害していましたが、
ダマスコ(現在のダマスカス)への道の途中でイエスの声を聞き、
天からの光によって目が見えなくなります。
アナニヤの祈りによって、「目からウロコが落ちるように」目が見えるようになり、
それをきっかけにキリスト教に改宗します。
アナニヤに祈ってもらっているパウロは虚ろな表情をしていて、周りの人々は
心配そうに見ていますが、どこかユーモラスな雰囲気です。

2016年に同じ丸善丸の内本店で開かれた、「第12回 渡辺禎雄展」の記事です。


【2017/01/14 17:20】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ミカフェート 一ツ橋店」
神保町
chariot

「ミカフェート 一ツ橋店」は2016年11月に新ビルになった小学館ビルの1階にあります。
場所は千代田区一ツ橋2-3-1 です。

建物は船腹のようなデザインです。

しIMG_0446 - コピー


コーヒーハンター川島良彰さんのお店で、40席とカウンター20席ほどの店内は全席禁煙、
壁はコンクリート打ちっ放しで、シンプルなつくりです。

しIMG_0441 - コピー

しIMG_0442 - コピー


ハヤシライス1050円です。

しIMG_0436 - コピー

量は少なめですが、ていねいにつくってあります。

こちらはメディアノーチェ950円です。

しIMG_0438 - コピー

ローストポーク、ハム、チーズが挟んであります。
メディアノーチェはスペイン語で真夜中という意味で、英語のミッドナイトに当たります。
キューバのサンドイッチで、文字通り、真夜中の軽食ということでしょう。

セットのコーヒー200円はすっきりとして美味しいです。

しIMG_0434 - コピー


「ミカフェート」の中ではフードメニューが揃っていて、ランチやディナーも楽しめるお店です。


【2017/01/13 22:05】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「岩佐又兵衛と源氏絵-〈古典〉への挑戦」展 出光美術館
日比谷・有楽町
chariot

日比谷の出光美術館では開館50周年記念、「岩佐又兵衛と源氏絵-〈古典〉への挑戦」展が
開かれています。
会期は2月5日(日)までです。

岩佐11-27-2016_001

桃山時代から江戸初期にかけての絵師、岩佐又兵衛(1578~1650)は和漢の古典を
よく題材にしていますが、特に源氏物語を絵画化した源氏絵を描いています。
展覧会では岩佐又兵衛とそれに続く絵師たちによる源氏絵を中心に展示しています。

「和漢故事説話図 須磨」 岩佐又兵衛 江戸時代・17世紀 福井県立美術館
岩佐0

中国と日本の故事説話や物語をそれぞれ12図描いた巻物で、元は岡山藩池田家に
伝来していました。
現在は1図ごとに切断され、掛軸になっています。
源氏物語の「須磨」で、光源氏が浜辺で禊をしていると大嵐となり、主従は館に逃げ帰ります。
降りつける雨、ゆらぐ木々、そして大きく歪んだ垣根が嵐の凄まじさを表しています。
雅びな風情の源氏絵とはかなり異なる、迫力のある場面です。

「野々宮図」 岩佐又兵衛 
 桃山-江戸時代・17世紀 出光美術館 重要美術品

岩佐0_1

元は福井の豪商、金屋家が福井藩主より下賜され、「金谷屏風」と呼ばれた屏風で、
六曲一双だったものが、明治時代になって別々に剥がされた、そのうちの1枚です。
源氏物語、「賢木」の、光源氏が野々宮に居る六条御息所を訪ねる場面で、
黒木の鳥居の下で童子と共に佇んでいます。
墨絵で描かれた二人は、岩佐又兵衛の特徴の下膨れの顔で、存在感があり、
いわゆる大和絵の穏やかさとは異なる印象です。
衣装の文様も細かく描きこまれ、唇には薄く紅が差してあります。

岩佐又兵衛の源氏絵は通常の源氏絵で定形化された場面と時間をずらせた場面を描いて、
新鮮さを感じさせるのが特徴とのことです。
同じ金谷屏風で、現在は所在不明の「花宴」でも、月を眺める朧月夜の君を光源氏が
見ているという通常の形ではなく、二人が寄り添い抱擁している場面を描いています。
王朝趣味から一歩踏み出した、後の浮世絵にもつながる発想で、岩佐又兵衛を
浮世絵の祖とも呼ぶ由縁です。

「源氏物語図屏風(右隻部分)」 岩佐勝友 江戸時代 出光美術館
岩佐3

「花宴」で、岩佐又兵衛に倣い、朧月夜の君との出逢いの場面を二人が
抱擁する形で描いています。
岩佐勝友は岩佐又兵衛の弟子で、又兵衛の画風はその工房や弟子たちに
受け継がれています。

(参考)
「源氏物語図屏風(右隻部分)」 伝 土佐光吉 桃山時代 出光美術館
源005

土佐光吉(1539-1613)の描いた「花宴」の中の二人の出会いの場面です。
この展覧会では、土佐光吉作で京都国立博物館所蔵の重要文化財、
「源氏物語画帖」も展示されていますが、「花宴」の場面はこれと同じです。

「源氏物語総角図屏風」 伝岩佐又兵衛 江戸時代・17世紀 細見美術館
岩佐1

源氏物語、「総角」の、匂宮たちが宇治川で舟遊びを催し、その模様を宇治に隠れ住む
姫君たちが見ているところです。
岩佐又兵衛は一つの画面に物語の一場面を描くことが多く、観る人をその物語に
集中させる効果を狙っているということです。

「源氏物語図屏風」 伝岩佐又兵衛 江戸時代 大和文華館
岩佐2

工房では一つの画面にいろいろの場面を並べる形式の屏風も制作しています。

右上 「若紫」
岩佐1_2

光源氏が初めて若紫を垣根越しに見る、垣間見の場面です。

中下 「絵合」
岩佐0_2

冷泉帝の御前で光源氏と権中納言が絵合わせの勝負をしているところです。

展示室には岩佐勝友の源氏物語図屏風の各場面を使って、源氏物語のあらすじを解説した、
大きなパネルも置かれていて、作品鑑賞の助けになります。

「伊勢物語 くたかけ図」 岩佐又兵衛 
 江戸時代・17世紀 出光美術館 重要美術品

源001

陸奥の女の許に通った男が朝早く帰るので、女がそれを鶏のせいだと
思っている場面です。
男が見上げる屋根の上では、鶏が勝ち誇ったように鬨の声を上げています。
情景は細い線でていねいに描かれ、男の直衣も品の良い色合いです。
薄く刷いた墨の色が夜明け前の暗さを示し、柳に風も吹いて、物語より叙情的な
雰囲気になっています。

「職人尽絵(部分)」 岩佐又兵衛 江戸時代・17世紀 出光美術館
岩佐1_1

あっさりと軽妙で、達者な筆遣いです。
布袋は袋の上で童子を遊ばせ、大黒は踊っています。
恵比寿の抱える特大の鯛は面白い顔をしています。
祭壇を設けて祈る陰陽師や弓を弾いて口寄せをする梓巫女も描かれています。


岩佐又兵衛が漢画や大和絵など、さまざまな画風を身に付け、自由に使いこなして、
自己の画風を築いていることが良く分かります。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は、開館50周年記念、「古唐津-大いなるやきものの時代」展です。
会期は2月11日(土・祝)から3月26日(日)までです。

古唐津1-9-2017_001


【2017/01/12 19:42】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>