次のページ
「平安の秘仏 ―櫟野寺の大観音とみほとけたち」展 東京国立博物館
上野
chariot

上野の東京国立博物館本館特別5室では、特別展、「平安の秘仏 ―櫟野寺の大観音と
みほとけたち」が開かれています。
会期は12月11日(日)までです。

櫟0


櫟野寺(らくやじ)は滋賀県甲賀市にある天台宗の寺院で、寺伝では延暦11年(792)に最澄が
櫟野(いちの)の地を訪れ、櫟(いちい)の木に観音像を刻んだのが始まりとされています。
重要文化財の平安時代の仏像20体が伝わり、今回はこの20体すべてが展示されています。

「十一面観音菩薩坐像」 平安時代・10世紀
櫟1

櫟2

展示室の中心に置かれています。
像高3.2mの巨大な像で、頭と胴体部分は一木で造られています。
仏の身長とされている一丈六尺(約4.8m)の高さの仏像を丈六仏と言い、
坐像の場合はその半分の約2.4mになります。
これに髪の生え際より上の部分と宝冠を足して、3.2mになっています。
見上げるばかりの堂々としたお姿で、下ぶくれの優しいお顔です。
後の甲賀様式とされる仏像の模範となっています。

「観音菩薩立像」 平安時代・10~11世紀
櫟6

細身で撫で肩の像で、吊り上がった目尻、太い鼻、厚い唇といった
甲賀様式が見られるそうです。

「薬師如来坐像」 平安時代・12世紀
櫟3

像高2.2mの大きな像で、こちらも丈六仏です。
当時の流行の定朝様式を取り入れていて、垂れ目気味のお顔です。

「地蔵菩薩坐像」 平安時代・文治3年(1187)
櫟5

内刳りに墨書銘があり、蓮生という僧が数千人の勧進(寄付)によって
造立したとあり、勧進としては早い時期とのことです。
文治3年は源義経が頼朝に追われて、京から奥州平泉に落ち延びた年に
当たります。

20体すべての仏像が寺外に出るのは今回が初めてとのことであり、
巨大で重い本尊十一面観音を運んで来るのは大変だったと思われます。
この展覧会はそれらを拝観することのできる貴重な機会です。

展覧会のHPです。

スポンサーサイト

【2016/12/03 19:35】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「京橋エドグラン」オープン
京橋
chariot

11月25日にオープンした京橋エドグランに26日に行ってきました。
場所は中央区京橋2-2-1です。

エIMG_0516 - コピー


京橋エドグランは東京メトロ京橋駅に直結した、32階建ての複合ビルです。

商店街には、トシ・ヨロイヅカ東京、明治屋ワイン亭の他、寿司店、蕎麦店なども
入っています。

エIMG_0519 - コピー


地下広場には、京橋出身でおもちゃ博物館館長の北原照久さんのコレクションが
展示されています。

コニー・フランシスとディーン・マーティンのレコードジャケットに、キャデラックです。

エIMG_0525 - コピー


サンタクロースが勢揃いしています。

エIMG_0526 - コピー


たかばやしりつこさん制作の昭和を再現したジオラマです。

エIMG_0521 - コピー


京橋エドグランのオープンを記念したジオラマです。
仁丹、グリコ、オロナイン、カルピスなどのホーロー看板が並んでいます。

エIMG_0523 - コピー


佐島豆腐店の店番の女の子は居眠りして、夢を見ています。

エIMG_0524 - コピー


金魚屋さんの後ろには亀倉雄策の1964年東京オリンピックのポスターが貼ってあります。

エIMG_0529 - コピー


地下と1階を結ぶ大階段を利用したステージで、北原照久さんたちのバンドが
演奏していました。

エIMG_0510 - コピー

エIMG_0511 - コピー

コニー・フランシスの「ヴァケーション」やべンチャーズの曲など、
懐かしい曲でした。

1階の通路にはだまし絵の橋が掛けられています。

エIMG_0509 - コピー

エIMG_0518 - コピー

1階には中央区観光情報センターがあります。

3階のテラスです。

エIMG_0500 - コピー


何種類かの果物の木やオリーブが植えられていて、説明板もあります。

エIMG_0502 - コピー

エIMG_0506 - コピー


3階では「ミカフェートカフェ&ブラッスリーSENQ京橋」がオープンしました。

きIMG_0498 - コピー

こちらにも北原さんのコレクションが展示されています。
近いうちに、こちらの店の記事をUPします。



【2016/12/02 19:54】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ピエール・アレシンスキー展」 Bunkamuraザ・ミュージアム
渋谷
chariot

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムでは、「ピエール・アレシンスキー展」が
開かれています。
会期は12月8日(木)までです。

8-28-2016_001.jpg

アレシンスキー5


ピエール・アレシンスキー(1927~)はベルギーのブリュッセル出身で、
父親はロシア系ユダヤ人です。
左利きの矯正のため、学校で左手を使ってよいのは大事でない科目、
つまり美術だったことから、自分を自由に発現できるものとして絵画を
始めたそうです。

1948年にコペンハーゲン、ブリュッセル、アムステルダムの頭文字を取って命名した、
コブラ(CoBrA)という名の芸術家集団に参加します。
1951年にコブラが解散した後はパリに移住し、そこで日本の書道に出会います。

「夜」 1952年 油彩、キャンバス 大原美術館
アレシンスキー2

一面に字のようなものが描かれていて、書の影響が感じられます。
絵画がイーゼルをキャンバスに立てて描くのに対し、書は紙を横に寝かせて書くことや
その即興性に魅せられたそうです。
ジャクソン・ポロックのアクション・ペインティングに通じるものがあります。

「写真に対抗して」 1969年 
 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 ベルギーINGコレクション

アレシンスキー1

エネルギーいっぱいの形と色彩で、画面の下側に小さなコマが並んでいます。
コマを描き入れるのは、子どもの頃に親しんだコミックに想を得ているとのことです。
怪物のような絵柄は古代のケルト文化を思わせます。

「至る所から」 1982年 
 インク/アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 ベルギー王立美術館

アレシンスキー0

画面の外側にあったコマが、中心に入って来たような構成です。

「ボキャブラリー-I-VIII」 1986年 
 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 作家蔵

アレシンスキー3

火山、車輪、天体など、アレシンスキーの作品によく登場する題材が描かれています。
一時はニューヨークのグッゲンハイム美術館のエレーベーターホールに飾られていました。

「鉱物の横顔」 2015年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 作家蔵
アレシンスキー4

アレシンスキーはよく大きな円形の画面に描いています。
初期に属していた、コブラという名前を思い出させます。

どの作品も完全な抽象ではないところが親しみやすく、色彩が鮮やかで勢いがあり、
観ていると元気が出てきます。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は、「マリメッコ展 デザイン、ファブリック、ライフスタイル」です。
会期は12月17日(土)から2017年2月12日(日)までです。

11-13-2016_001.jpg


【2016/12/01 20:11】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」展 両国 すみだ北斎美術館
両国
chariot

11月21日に、すみだ北斎美術館が開館しました。
都営地下鉄大江戸線・JR総武線の両国駅のすぐ東にあります。
場所は墨田区亀沢2-7-2で、公園の横に建っています。

ほIMG_0402


葛飾北斎(1760-1849)は葛飾郡本所割下水(現在の墨田区亀沢)で生まれ、
生涯に93回、引越しを繰り返しながら、ほとんどの期間を墨田区で過ごしています。
その葛飾北斎を記念して墨田区の開設した美術館です。
妹島和世建築設計事務所の設計で、4階建て、スリットを入れて四方どこからでも
入れるようになっています。

美術館のロゴマークは葛飾北斎の「冨嶽三十六景」のうち、「山下白雨」に描かれた
稲妻を表しています。

北斎3


現在、開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」が開かれています。
会期は2017年1月15日(日)までです。
12月18日までの前期と20日からの後期でほとんどの作品が展示替えになります。

北斎0


「須佐之男命厄神退治之図」(復元) 1845年
ほIMG_0362

ほIMG_0364

横276㎝の大作で、北斎86歳の作品を復元したものです。
向島の牛嶋神社に奉納した絵で、須佐之男命が厄神たちに二度と疫病を
起こさないと誓わせています。
牛嶋神社は須佐之男命を祭神としています。
関東大震災で焼失してしまいましが、白黒写真を基に大変な努力を重ねて、
推定復元したものです。
右の白い袋を担いでいるのはインフルエンザ、真ん中の背中を見せて
右を向いているのは梅毒と思われるとのことです。

「冨嶽三十六景」のうち、「御厨川岸より両国橋夕陽見」 1831年頃
北斎2

富士山はシルエットになって浮かび、手拭いを水に浸している男もいます。

「隅田川両岸景色図巻」(部分) 1805年
北斎1

全期間展示です。
両国橋から山谷堀まで舟で吉原に向かう隅田川両岸の景色と、吉原遊郭での
遊興の様子を描いた、約7mの肉筆の絵巻です。
明治時代に海外に流出し、約100年間行方不明だったのが、2015年に発見され、
すみだ北斎美術館の所蔵となっています。

平常展示は撮影可能です。

「四代目岩井半四郎 かしく」 1779年
ほIMG_0378

勝川春章に入門した翌年の作品です。

「賀奈川沖本杢之図」 1804-07年
ほIMG_0374

後の代表作、「神奈川沖浪裏」を思わせます。

「貴人と官女図」 1839年
ほIMG_0389

晩年の肉筆画です。

「略画早指南(りゃくがはやおしえ)」 前編1812年頃 後編1814年頃
ほIMG_0383

北斎式キュビスムです。

「北斎漫画」もあります。

ほIMG_0393


制作過程の分かる版木です。

ほIMG_0377


弟子の露木為一が写した、榛馬場(はんのきばば)に住んでいた84歳頃の北斎と
娘の阿栄の姿を人形にしています。

ほIMG_0372

ほIMG_0371

北斎は炬燵布団を被って、踊る猫を描き、煙管を畳に突いてそれを見ている阿栄は、
歌舞伎に出てくる土手のお六のようです。
筆を持つ北斎の手は時々動いて、生きているようなリアルさです。

タッチパネルによる作品解説もあって、躍動的な筆遣いも確認出来ます。

オープンしたばかりなので、とても混雑しているのではないかと心配しましたが、
しっかり観ることが出来ました。

入館待ちの行列ができるほど来館者は多いのですが、トイレは少ないので
ご注意ください。

美術館の横には「冨嶽三十六景」のうち、「凱風快晴」を表した、
横5mのフラワーアートも置かれています。

IMG_0406.jpg


展覧会のHPです。


【2016/11/29 21:25】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
チャヤマクロビ ロイヤルパークホテル ザ 汐留店
汐留
chariot

「チャヤマクロビ ロイヤルパークホテル ザ 汐留店」はロイヤルパークホテル ザ 汐留の
1階にあります。
場所は港区東新橋1-6-3です。

マIMG_0543 - コピー


約70席の店内は全席禁煙、天井は高く、大きなガラス壁に面していて、
明るく広々としています。
BGMはありません。

マIMG_0533 - コピー (2)


いろいろな食品が販売されています。

マIMG_0539 - コピー

マIMG_0540 - コピー


ランチのオマール海老のビスク1600円です。
正式の名前は、秋野菜とオマール海老のビスク 鎌倉野菜サラダ
と古代穀物「フリーカ」添え 自然栽培野菜ドレッシング、です。

マIMG_0538 - コピー

ビスクは海老の味が濃厚で、美味しいです。

こちらは日替わりメイン&デリプレート1480円です。

マIMG_0536 - コピー

ベジメインと魚メインを選べるので、ベジメインにしました。

休日の開店間もない時間だったので、お客さんもまだ少なく、静かでした。


【2016/11/27 19:59】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>