FC2ブログ
次のページ
「第83回 新制作展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では、「第83回 新制作展」が開かれています。
会期は9月30日(月)までで、火曜日は休館日です。

新制作協会は1936年設立の美術団体で、現在は絵画部、彫刻部、
スペースデザイン部があります。
会場は撮影可能です。

石川由子 「市場のある日」
しIMG_0441

石川さんの懐かしい風景、今年は市場です。

一居孝明 「gold sight(雨上がり)」
しIMG_0386

しIMG_0389

メタルの鈍い輝きの中に雀も見えます。

右馬野恒子 「ある日シチリアII」
しIMG_0420

惹き込まれるような深い青です。

大下かる 「山フキ」
しIMG_0429

淡く柔らかな色彩です。

奥田善章 「白い太陽とヘチマ影」
しIMG_0408

しIMG_0410

ボールペンを使った、丸々とした作品です。

小野仁良 「オトノキオク・トオクノキテキ I」
しIMG_0444

木の家の床に日の光が映っています。

片山祐裕之 「ある風景」
しIMG_0450

かつて空を飛んでいたゴミ置き場。

金森宰司 「ライフ「悠々自適」」
しIMG_0353

砂時計がおだやかな時間を表しています。

小島隆三 「アダムとイヴ」
しIMG_0463

蛇の巻き付いた知恵の樹が真ん中に居ます。

近藤オリガ 「蝶々さん」
しIMG_0453

絹のような筆触でソフトフォーカス気味に描いています。

近藤オリガ 「イヴ(EVE)」
しIMG_0456

リンゴがあるので、イヴと分かります。

佐藤泰生 「二つの肖像(巡る時)」
しIMG_0350

華やかで迫力のある色彩の肖像です。

下倉剛史 「青い夜」 新作家賞
しIMG_0438

街の輝きと手前の暗闇の対比が際立ちます。

鈴木幸子 「向」 
しIMG_0466

日本画風の装飾性を存分に見せています。

高堀正俊 「梅の木の下で」
しIMG_0396

高堀さんの写実には凄味がります。

田村研一 「流浪亭日乗 風の中の惑星にて」
しIMG_0390

真昼の幻想が爆発しています。

中井英夫 「賀茂川幻視行」
しIMG_0380

おもちゃが川向うを行進しています。

仲田道子 「フリーダム」 絵画部賞
しIMG_0432

浮遊感と陶器のような質感があります。

鍋島正一 「揺れるヴェネチア」
しIMG_0359

しIMG_0357

正面から見るとよく分かりませんが、立体作品です。

能勢まゆ子 「幻影―朔日」 絵画部賞
しIMG_0365

光の当たる岩に存在感があります。

原田夏樹 「名犬六兵衛の居る世界③」
しIMG_0423

犬が居ると風景に趣きが増します。

藤野ミナ子 「幸せな時」
しIMG_0371

色彩も画面構成も楽しげです。

松木義三 「子供の時間」
しIMG_0393

さまざまな姿勢の子供たちです。

丸尾宏一 「Rurikei」
しIMG_0411

るり渓は京都府南丹市にあります。

森弘江 「斜光II」
しIMG_0417

光が溶けています。

山本正紀 「暖かい日」
しIMG_0362

画面の奥まで空間が続いています。

和田和子 「散策風景(冬)-1-」
しIMG_0435

上から公園を眺める、面白い画面構成です。

渡辺久子 「収穫(harvest)」
しIMG_0399

爽やかな風が流れています。

2018年の「第82回 新制作展」の記事です。


【2019/09/21 18:06】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「WISE SONS TOKYO (ワイズ サンズ トウキョウ)」 丸ビル
東京
chariot

「WISE SONS TOKYO (ワイズ サンズ トウキョウ)」は丸ビルの地下1階にあります。
場所は千代田区丸の内2-4-1です。

wIMG_0865 - コピー


「ユーハイム」の出た後に、今年の2月にオープンしたお店で、店内は約40席、
全席禁煙です。

wIMG_0861 - コピー


サンフランシスコ発のベーグルとデリのお店で、壁の絵ではトランスアメリカ・ピラミッド、
サンフランシスコベイブリッジやワシントン州のアダムズ山のような山に紛れて
ゴジラに似た怪物がベーグルを頬張っています。

wIMG_0852 - コピー


カリフォルニア州はトランプ大統領の暴政に抗議して、独立を宣言したようです。

wIMG_0176 - コピー


ユダヤの食品のお店でもあり、パストラミのサンドイッチやハッラー
(安息日のパン)もあります。
ハッラーは通常は縄編み状ですが、こちらのは食パン型です。

wIMG_0859 - コピー


ベーグルトーストのエッグサラダ(1/2)400円、ドリップコーヒー300円と
マッツォボール・スープ セット800円です。

wIMG_0854 - コピー

マッツォボールもユダヤ人の食物で、麦の団子の入ったスープです。

カップにはアンパンマンならぬベーグルマンが描いてあります。

wIMG_0856 - コピー


ドイツ系の「ユーハイム」の後にサンフランシスコ発でユダヤ系のお店が入り、
向かいはシアトル発の「スターバックス」という取合せです。

wIMG_0858 - コピー


平日は朝7時30分、土日は8時30分から開いているので朝食にも便利なお店です。



【2018/04/01 18:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「平成28年度恩賜賞・日本芸術院賞 受賞作品展」 上野 日本芸術院
上野
chariot

上野の日本芸術院では「平成28年度恩賜賞・日本芸術院賞 受賞作品展」が開かれています。
会期は6月27日(火)まで、入場は無料です。

芸術院IMG_0790


日本芸術院賞を受賞した日本画家、西田俊英さんの再興第100回院展出品作、
「森の住人」が展示されています。

strong>「森の住人」 2015年 個人蔵
院展005

部分
院展006

生い茂る密林では木々が岩に根を張っています。
見上げた瞬間、一匹の猿が枝から枝に跳躍しました。
奥深い空間の中で、自然の生命力があふれています。
額縁のように画面を囲み、僅かに彩色もされた近景、水墨による中景、
墨色をさらに薄くした遠景と描き分けて、画面に奥行きを見せています。

展示室では、西田さんの作品はこの1点のみが展示されていて、ゆっくりと
時間を掛けて鑑賞することが出来ました。


2016年に横浜のそごう美術館では、「西田俊英展 忘るるなゆめ」が開かれていました。

「西田俊英展 忘るるなゆめ」の記事です。

2015年に日本橋髙島屋で開かれた「西田俊英展」での
西田さんのギャラリートークの記事です。


【2017/06/24 17:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「スターバックス・コーヒー 赤坂プルデンシャルタワー店」
赤坂見附
chariot

「スターバックス・コーヒー 赤坂プルデンシャルタワー店」は東京メトロ赤坂見附駅横の
赤坂プルデンシャルタワーの1階にあります。
場所は千代田区永田町2丁目13-10です。

スIMG_0033 - コピー

スIMG_0029 - コピー


元日に赤坂日枝神社の初詣の帰りに寄りました。

スIMG_0030 - コピー


新年の抱負を貼るプレートもあります。

スIMG_0023 - コピー


朝10時頃でしたが、あまり混んでおらず、ゆっくり出来ました。
店内は約20席、2面がガラス張りになっていて、初詣の人たちの行き交う
外堀通りが見えます。

スIMG_0027 - コピー

スIMG_0022 - コピー


カプチーノトール370円と、ナスとトマトのラザニア460円です。

スIMG_0026 - コピー

ラザニアは小振りですが、チーズが濃厚で美味しいです。

今年のカフェ始めはスターバックスでした。


【2017/01/06 20:15】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「スターバックスコーヒー 表参道B-SIDE店」
明治神宮前
chariot

「スターバックスコーヒー 表参道B-SIDE店」は表参道ヒルズ西館の
向かいの小路を入った所にあります。
場所は渋谷区神宮前5-11-2で、キャットストリートの裏手になります。

スIMG_0849 - コピー


こちらは藤原ヒロシさんのデザインによるコンセプトストアとされるお店で、
店内はウッディなつくりになっていて、明るい光が入ってきます。

スIMG_0848 - コピー

スIMG_0846 - コピー


1階席、2階席があり、テラスにはソファ席があります。

スIMG_0853 - コピー


一般のスターバックスとは一味違う、お洒落で印象に残るお店です。


【2014/07/08 23:17】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>