FC2ブログ
次のページ
「エサシトモコ展」 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊では6月9日(火)まで、「エサシトモコ展」が開かれています。

エサシトモコさん(1958~)はテラコッタによる、猫を題材にした彫刻で有名です。
猫の彫刻はカオデカクンと呼ばれ、いろいろな役に扮しています。
どの猫も切れ長の目をしていて、可愛いというのとは違った存在感と愛敬があります。

今回は滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」ならぬ「八猫伝」の猫たちが並んでいて、
名前も「猫塚信乃」や「猫川荘助」などを名乗っています。
他に大日如来や洋菓子風の猫や、時節柄、あまびえになった猫もいます。

「猫筥」
エサシimg109

犬筥(いぬばこ)ならぬ猫筥(ねこばこ)です。
鶴亀や松竹梅も描かれた、目出度い置物です。
犬はお産が軽いということで、安産のお守りの縁起物として、雛飾りと一緒に
犬筥が飾られていました。

参考 犬筥
樹0076


ようやく、各デパートの営業が再開され、展覧会も開かれるようになりました。


【2020/05/30 21:25】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
私の「デュフィ展」
デュフィ
chariot

私の観た、好きな画家、デュフィの作品を集めて、私の「デュフィ展」を開いてみました。

フランスの画家、ラウル・デュフィ(1877-1953)はフランス北部の港町、ル・アーヴルに
生まれています。
両親は音楽の素養がありましたが、家は貧しく14歳で働きに出ています。
23歳で奨学金を得て、パリの国立美術学校に学び、初めは印象派の影響を受けた絵を
描いています。
やがてマティスやマルケと知り合ってフォーヴィズムに関心を向けるようになります。

ラウル・デュフィ 「トゥリーヴィルのポスター」 
油彩、カンヴァス 1906年  パリ国立近代美術館、ポンピドゥー・センター

デ006

フォーヴィズムの頃の作品で、画面は色の面によって構成されています。

1907年から11年までは木版画も手掛けています。
特に1908年にドイツに行き、ドイツ表現派の木版画に関心を持ち、帰国後4点の版画を
制作しています。

ラウル・デュフィ 「ダンス」 木版、紙 1910年頃 島根県立石見美術館
デ004

緊密な構成の活き活きとした画面で、竹などの植物の表現は装飾的です。
デュフィの作品にはこの装飾性が強く表れるようになります。

1920年代になると明るく透明な色彩でのびのびと描く、デュフィらしい画風が表れてきます。
南仏にも旅行し、青色を基調にした地中海沿いの光景が描かれるようになります。

ラウル・デュフィ 「信号所」 1924年頃 松岡美術館
西009

夜の海の景色で、青い水面には船の影が長く映っています。
白く月も映り、雲も光に照らされています。
右側には赤い建物があって、緑色の陸には人の姿も見え、一人は海の方を
指しています。
活き活きとして快活な作品です。

ラウル・デュフィ 「海の祭り、ル・アーヴルへの公式訪問」 
 1925年頃 ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館
ノル002

海にちなんだ式典でしょうか、港には満艦飾の汽船や帆をふくらませたヨット、櫂を立てた
ボートが集まり、手前では馬車のパレードが歓呼の中を進んでいます。
ル・アーヴル生まれのラウル・デュフィはノルマンディー各地をよく題材にしています。

第二次世界大戦中、1944年の連合国軍によるノルマンディー上陸作戦に続く攻撃により
ル・アーヴルの市街は破壊されましたが、戦後に再建されています。

ラウル・デュフィ 「メナラ宮の内部」 1926年 大谷コレクション
デュフィ001

水彩画で、モロッコに旅行した時の景色です。
軽やかな筆遣いで、アラベスク模様を明るく輝くように描いています。

ラウル・デュフィ 「ニースの窓辺」 油彩、カンヴァス 1928年 島根県立美術館
デ005

2つの窓の向こうに広がる海辺の景色、窓の間の鏡に映る室内という面白い構図で、
部屋の中に風が吹き込んでくるようです。

ラウル・デュフィ 「ニースのホテルの室内」 1928年 日本、個人蔵
フ004

豪華な赤い室内と青い南仏の海と空を元気よく取り合わせ、
室内の鏡にも外の青色を映しています。

ラウル・デュフィ 「馬に乗ったケスラー一家」 油彩、カンヴァス 1932年 テート
デ002

イギリスの富豪、ジャン・バティスト・オーグスト・ケスラーの注文で制作された作品で、
横2.7mの大作です。
乗馬という、イギリス人好みの場面で、色彩はまとめられ、背景に地模様のように
びっしりと樹木が描かれ、人馬も連続模様のようなリズム感をもっています。
一番左の馬は半分青色に塗られています。

ラウル・デュフィ 「サン=タドレスで水浴する女性」 
 1935年頃 ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館

ノル011

サン=タドレスはル・アーヴルの隣にある町です。
フォーヴィズムやキュビズム時代のような強い色彩と形の背景の中に女性が座っています。
デュフィはよく画面の中心に女性を置く構図で描いています。

ラウル・デュフィ 「アンフィトリテ(海の女神)」 油彩、カンヴァス 1936年 伊丹市立美術館
デ009

朝日の昇る海にボート、ヨット、帆船、外輪船、貨物船が浮かび、地引網や浜辺を
散歩する人が見えます。
中心にギリシャ神話の海の女神、アンフィトリテが座って、巻貝から聞こえる海の音を
聴いています。
海の色は自在に塗り分けられ、豊かな地中海世界が広がっています。
デュフィはクロード・ロランを「私の神である」と語っていたそうですが、まさしく
クロード・ロランへのオマージュのような作品です。
デュフィはギリシャ・ローマ神話の神々をよく描いています。
地中海世界の豊穣さを象徴しているのでしょうか。

ラウル・デュフィ 「マキシム」 水彩、グアッシュ、紙 1950年 個人蔵
デ008

1945年に第2次世界大戦が終わり、平和の戻ったパリのレストラン、マキシムの賑わいを
描いています。


デュフィはデザイン関係の作品も多く手がけています。
1909年にファッションデザイナーのポール・ポワレと出会い、1911年には共同で
テキスタイルの製作所を設立しています。
また、1912年にはリヨンの絹織物制作会社、ビアンキーニ・フェリエ社とデザイナー契約を
結んで、テキスタイル画を描いています。

ラウル・デュフィ 「たちあおい」 シルクにプリント 1918年 島根県立石見美術館 
デ007

装飾性にあふれた、華やかな連続模様です。

ラウル・デュフィ 「バラとミモザのある花束」 水彩 1930年頃
デ002

黒の背景がシックで華やかな、みずみずしい感覚のデザイン画です。

ラウル・デュフィ 「ポワレの服を着たモデルたち、1923年の競馬」 1943年 アーティゾン美術館
b006_20110921001813.jpg

ポール・ポワレはファッション・デザイナーで、女性のファッションからコルセットを
追放したことで有名です。
ポワレの依頼で制作した作品に基き、後年描いたものです。
デュフィのよく描いた競馬の情景を背景に、ゆったりしたドレスを着たモデルたちが
ポーズを決めています。

2019年にはパナソニック汐留美術館で、「ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・
デザイン ―」が開かれ、デュフィのデザインしたテキスタイルが多数、展示されていました。

「ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―」の記事です。


デュフィは音楽を題材にした作品も多く描いています。
オーケストラを描いた作品は音楽が響き渡るような高揚感があります。

ラウル・デュフィ 「オーケストラ」 1942年 アーティゾン美術館
絵画005

湧き上がる音楽が聞こえてくるようです。
ティンパニやシンバルも鳴っていて、交響曲のクライマックスの場面でしょうか。

ラウル・デュフィ 「ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ」 油彩、カンヴァス 1952年 
 パリ国立近代美術館、ポンピドゥー・センター

デ001

バッハをヴァイオリンと紅色で表現しています。
描いてある壁紙はデュフィのデザインした、ビアンキーニ・フェリエ社の壁紙です。
右の壁に描かれている絵は、「花束」(フレスコ 1951年 宇都宮美術館)です。

ラウル・デュフィ 「クロード・ドビュッシーへのオマージュ」 油彩、カンヴァス 1952年 
 アンドレ・マルロー近代美術館

デ003

ドビュッシーはやはりピアノで表されています。


晩年には黒い貨物船の描き込まれた作品が現れます。
船は正面を向いているので、自分に向かってくる物として描いているように見えます。
何を表そうとしているのでしょうか、違和感のある存在です。

ラウル・デュフィ 「サン=タドレスの黒い貨物船」 1948-52年 
 パリ、国立近代美術館(カオール、アンリ・マルタン美術館へ寄託

ノ007

海岸で日光浴する人と、網を持ってエビ漁をしている漁師が一緒に描かれています。

ラウル・デュフィ 「黒い貨物船」 1948年以降 
パリ、国立近代美術館(ルーべ、アンドレ・ディリジャン美術館へ寄託)

ノ008

貨物船はどんどん迫ってきて、画面の中心を暗い色で覆っています。

ラウル・デュフィ 「赤い彫刻のあるアトリエ」 1949年頃 
 ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館

ノ009

デュフィらしい明るい色彩の室内画で、窓からは海の景色が見え、イーゼルには
描きかけの絵が置いてあって、貨物船も輪郭線だけが描かれています。


一見、楽天的に見えるデュフィの作品ですが、少年時代は貧しかったり、晩年は関節炎に
苦しんだり、第二次大戦中はフランスがドイツに占領されたのでスペイン国境近くに
逃れたりと、人生は平坦ではありませんでした。
しかし、それを表に出すことは無く、世界を明るく肯定的に描き続けています。


【2020/05/28 20:30】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
旧約聖書を描いた作品
旧約聖書
chariot

旧約聖書を題材にした作品を集めてみました。

イエス・キリスト誕生以後について記した新約聖書に対し、キリスト以前を記した書を
旧約聖書と呼びます。
古代イスラエル民族の興亡の記録、預言者の言葉、物語、詩など、さまざまな内容を
含みます。

システィーナ礼拝堂天井画、「アダムの創造」 ミケランジェロ・ブオナローティ
ミ010

創世記にある、神が天地創造の6日目にアダムを創り、生命を与える瞬間で、
天井画の中で最も有名な場面です。
天使たちに担われて近づく神の動、手を差し伸ばしてそれを待つアダムの静が
見事に描き分けられています。

「アダムとイヴ」  1967-71年 靉嘔
あ004

虹色を使った初期の代表作です。
靉嘔(あい おう)さん(1931~)は茨城県出身で、虹色を使った作品により、
「虹のアーティスト」として有名です。
神はアダムの次にイヴを創り、二人はエデンの園に置かれます。

「エデンの園のエヴァ」 アンリ・ルソー 1906-1910年頃 ポーラ美術館
森003

森の中でエヴァ(イヴ)は満月の光に包まれて、花を摘み取っています。
エヴァの周りに生い茂る植物はとても幻想的です。

「堕罪の場面のある楽園の風景」  ヤン・ブリューゲル(父)
1612-13年頃 ウィーン美術史美術館

ハプスブルクimg088 (15)

ハプスブルクimg088 (16)

イヴは蛇にそそのかされて、食べてはいけないとされた知恵の木の実を食べ、
アダムにも食べさせます。
これが原罪として、人類に受け継がれることになります。
ヤン・ブリューゲル(父)(1568-1625)はフランドルの画家、ピーテル・ブリューゲルの
次男で、花の絵が得意だったことから、花のブリューゲルと呼ばれています。
一つの画面にさまざまの動物を収める絵もよく描いていて、この絵でも様々な鳥や
動物が描き込まれ、アダムとイヴは奥の方に小さく見えるだけです。

「ノアの箱舟への乗船」 ヤン・ブリューゲル1世 
 1615年頃 油彩、板 デッサウ、アンハルト絵画館

ブリューゲルimg116 (3)

神は地上に人が増えすぎ、悪を行なっているのを見て、すべて滅ぼすことを決めますが、
ノアだけは正しい人だったので、神はノアに箱舟を作らせ、ノアと家族、ひとつがいの
動物たちだけを乗せるように命じます。
その後、地上に大洪水が起こり、ノアたちだけが生き残ります。
ヤン・ブリューゲル(父)は一つの画面にさまざまの動物を収める絵もよく描いていて、
ノアの箱舟はそれにふさわしい画題です。
描き方は父と同じく細密です。

「バベルの塔」 ピーテル・ブリューゲル 
 油彩、板 1568年頃 ロッテルダム、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

バベル1_1

バベル5

創世記によれば、人びとはレンガとアスファルトで、天にまで届く高い塔を
建てることを始めます。
そこで神は人びとの話す言葉を乱し、言葉が通じないようにしたので、
皆散り散りとなってしまいました。
「バベルの塔」はブリューゲルの代表作の一つです。
横74.6㎝の作品で、海辺の巨大な円錐の塔が描かれています。
螺旋状の構造になっていて、階によってアーチの形も違い、上の階には
雲がかかっています。
左側の白い部分は漆喰をクレーンで運び上げているところで、漆喰をかぶって
白くなった作業員も描き込まれています。

「バベルの塔」 渡辺禎雄 1965年
渡辺001

大勢の人たちが天まで届く塔を建てる作業にせっせといそしんでいます。
何となくとぼけた表情に味わいがあります。
渡辺禎雄(わたなべさだお:1913-1996)は型染版画家で、民藝運動の
一員の芹沢銈介に師事して型染の技法を学んでいます。
クリスチャンの渡辺禎雄は聖書や聖人を題材にした版画を数多く描いています。
民藝風の素朴さと中世キリスト教絵画の精神性さが一体となった、
優しく味わい深い作風です。

「サラ」 ジョルジュ・ルオー 油彩、紙 1956年 ジョルジュ・ルオー財団
ルオーimg176 (4)

ルオーの最晩年の作品で、アーチで囲まれ、ステンドグラスのように輝いています。
サラは旧約聖書のアブラハムの妻で、神の約束により、90歳でイサクを産んでいます。
この絵はルオーの死後、慣例的にこの名で呼ばれています。
アブラハムはユダヤ人、アラブ人の祖とされる人物です。

マンガン彩組絵タイル 「ハガルの追放」 
 19世紀 オランダ 常滑市、世界のタイル博物館

IMG_0608_20150201213922265.jpg

旧約聖書創世記の、アブラハムがハガルとイシュマエルを追放する場面です。
オランダでは18世紀からマンガン鉱による紫色の絵具が作られ、マンガン紫として
人気を呼んでいます。
ハガルはアブラハムの奴隷で、サラがイサクを産む前にイシュマエルを産んでいます。
そのため、サラはイサクの立場が危うくなるのを恐れ、アブラハムに願ってハガルと
イシュマエルを荒野に追放してしまいます。
イサクはユダヤ人の祖、イシュマエルはアラブ人の祖とされています。

「ヤコブの梯子」 マルク・シャガール 1973年 個人蔵
シャガールimg210 (6)

ヤコブはイサクの子です。
ヤコブの梯子は旧約聖書創世記でヤコブが夢に見たという、
天と地を結ぶ梯子で、天使が昇り降りしていました。
神はその地をヤコブに与え、子孫の繁栄を約束しています。
シャガールはよく聖書の世界を題材にしています。

「ラテン語聖書零葉:ヨシュア記・本文第1章
(イニシアルE/ヨシュアに語りかける父なる神)」
ロレーヌ地方(メッス?)、1310-20年頃 インク、金、彩色/獣皮紙
国立西洋美術館

写本img237 (2)

写本img237 (1)

ヨシュア記は旧約聖書の中の、エジプトからイスラエルの民を救い出したモーセの
後継者、ヨシュアが民を連れてヨルダン川を渡り、カナン(現在のパレスチナ)を
征服していく物語です。
丸い「E」の字の中に描かれているのは、神がヨシュアにヨルダン川を渡れと
告げているところでしょうか。
中世は絵具の数が少ないので、補色を利用して、色の効果を強めていたそうです。

「アモリびとを打ち破るヨシュア」 ニコラ・プッサン 1624-25年頃 プーシキン美術館
プ002

旧約聖書のヨシュア記の一場面で、モーセの後継者ヨシュアの軍勢が
カナンのアモリ人を打ち破っています。
ヨシュアが太陽と月に命じて一日留まらせたという記述を表すため、
太陽と月が描かれています。
ニコラ・プッサンは静かな古典主義の画家として有名ですが、この作品は
ローマで修業を始めた頃のもので、動的な歴史画になっています。
画面も古代ユダヤというより、ギリシャ・ローマ風です。
アモリ人は中東の各地域に居住していた部族です。

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」 グエルチーノ 1650年頃 国立西洋美術館
グ008

国立西洋美術館の所蔵するグエルチーノの作品です。
旧約聖書のサムエル記にある話で、ダビデが投石器を使ってペリシテ人の巨人、
ゴリアテを倒し、ゴリアテの剣を使って首を斬っています。
ダビデは天を仰いでイスラエルの神に感謝していて、ダビデを照らす光は
神の祝福を表しています。
サムエルはイスラエルの指導者で、民が王を望むのでサウルを選び、
イスラエル最初の王とします。
ダビデはそのサウルの後継者で、後に王となります。

「サウル王の前で竪琴を弾くダヴィデ」 レンブラント・ファン・レイン 
 1630-31年頃 フランクフルト、シュテーデル美術館

シュ008

サムエル記にある話で、サウル王はダビデの弾く竪琴を
よく聴いていましたが、ダビデがペリシテ人との戦いで巨人ゴリアテに
石を投げて殺し、名声が高まるとダビデを恐れ、妬み、遂には槍を
投げて殺そうとします。
豪華な衣装に身を包んだ老いたサウルが、竪琴を弾く若いダヴィデにまさに
槍を投げようとする直前の暗い怒りの瞬間を捉えています。

「バテシバ」 セバスティアーノ・リッチ 油彩、カンヴァス 1725年頃 ベルリン国立美術館
ベ014

サムエル記に書かれた、ダビデ王が部下のウリヤの妻バテシバの入浴する姿を見て
横恋慕し、ウリヤを戦場に送って戦死させ、バテシバを妻としたという話を題材にしています。
レンブラントの作品にも描かれた有名な場面ですが、こちらは華やかな明るい色彩で、
画面に動きもあり、聖書というより古典古代の世界を見るようです。
セバスティアーノ・リッチ(1659-1734)はヴェネツィア出身の画家で、ヨーロッパ各地で
神話や歴史を題材にした作品を描いています。

「旧約聖書物語 挿絵」より「ソロモン王とエルサレム」 青木繁 
 1906年 ニューオーサカホテル

青木010

ソロモン王はダビデとバテシバとの間に生まれた子で、イスラエルの王を継いでいます。
青木繁の好んだ神話的な題材です。

「運命を悟るハマン」 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン
 1660年代前半 エルミタージュ美術館

エルミタージュ5

旧約聖書のエステル記のお話で、ペルシャの権力者だったハマンが自国に居る
ユダヤ人を皆殺しにしようと画策しますが、王妃でユダヤ人のエステルの機転により
逆にハマンが死刑になってしまいます。
暗い背景の中に浮かぶハマンはトルコ風の衣装を着ていて、後ろに刑を宣告した
クセルクセス王の姿も見えます。

「スポンサ・デ・リバノ(レバノンの花嫁)」 エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ  
 1891年 水彩、グワッシュ・紙

ラファエル012

大きな作品で、旧約聖書の雅歌の一節を主題にしています。
雅歌は男女の愛を歌った歌集で、旧約聖書では珍しい内容です。
白百合は純潔を表し、二人の女性が象徴する北風と南風が風を起こす中を、
レバノンの花嫁が歩んでいます。
バーン=ジョーンズらしい落着いた色彩による、すらりとした姿の女性像です。

「最愛の人(花嫁)」 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 1865-66年 ロンドン、テート美術館
ラ007

旧約聖書の「雅歌」に触発された作品で、未来の夫の前でヴェールを脱ぐ
花嫁を描いています。
花嫁の服は日本の着物を基にしています。

「エゼキエルの幻視」 ラファエロ・サンティ 1518年頃 フィレンツェ、パラティーナ美術館
ラ005

1520年に37歳で亡くなったというラファエロの若い晩年の作品です。
旧約聖書のエゼキエル書にある、預言者エゼキエルの視たという神の姿を
描いています。
神は人、獅子、牛、鷲の顔をした4つの生き物ともに現れています。
左下にはエゼキエルかと思われる人物を雲間から照らす光も見えます。
小品ですが、構想が大きく、画面も緊密で、「アテネの学堂」などの
大画面を描いたラファエロの力量を示しています。

「スザンナと老人たち」 グエルチーノ 1649-50年 パルマ国立美術館
グ007

旧約聖書のダニエル書の補遺として伝わる話で、水浴をしていたスザンナが
2人の長老に覗き見され、関係を迫られるという話です。
女性の裸体を題材にしているので、ティントレット、ルーベンス、レンブラント、
シャセリオ―など多くの画家に描かれています。
グエルチーノ、本名:ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ(1591-1666)は
イタリアのチェントの出身で、バロックを代表する画家の一人です。

「トビアと天使のいる風景」 クロード・ロラン 1663年 エルミタージュ美術館
エルミタージュ11

旧約聖書のトビト書の、チグリス河畔でトビアが巨大な魚に食われようとして、
大天使ラファエルによって救われ、魚の内臓を取り出している場面です。
夕陽が空や雲、野原や木々を照らし、雲は輝いています。
トビアは魚の胆汁を得て、雀の糞が目に入って盲目になっていた父のトビトの目に塗ると、
トビトの目は治ります。
トビト書はユダヤ教では外典、カトリックでは旧約聖書続編とされ、プロテスタントでは
聖書とはされていないという、特殊な書です。

「トビアスと天使」 フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 1787年頃 プラド美術館
プラド003

旧約聖書のトビト書の、チグリス河畔でトビアスが巨大な魚に食われようとして、
大天使ラファエルによって救われる場面です。
世俗を鋭く描いた画家としてのイメージの強いゴヤですが、宗教画にも
優れていたことが分かります。

「ホロフェルネスの首を持つユディト」  ルーカス・クラーナハ(父)
 1530年頃 ウィーン美術史美術館

クラーナハ5

旧約聖書外典のユディト記に書かれた話で、アッシリア軍がユダヤの町に攻めてきた時に、
その将軍ホロフェルネスを誘惑し、泥酔している隙にその首を獲って町を救っています。
ボッティチェリ、カラヴァッジョ、クリムトなど、多くの画家が描いている刺激的な画題です。
豪華な衣装を着けたユディトの肌はつややかな張りがあり、瞳はきらめいています。
クラーナハはユディトやサロメなど、女性の持つ危険な魅力をよく題材に選んでいます。

「ホロフェルネスの首を持つユディト」 ルーカス・クラーナハ(父)
 1530年頃 国立西洋美術館

img407.jpg

高さ37.2㎝の小品で、板に油彩で描かれています。
人気のある画題で、クラーナハはユディトを10数点描いています。
豪華な衣装と冷ややかな微笑みが魅力です。

「ホロフェルネスの首を持つユディト」 
 ヴェロネーゼ 1580年頃 ウィーン美術史美術館

ハプスブルクimg088 (2)

ユディトは獲った首を上気した誇らしげな顔で召使に見せています。
パオロ・ヴェロネーゼ(1528-88)はティントレットと共に、ルネサンス後期の
ヴェネツィアを代表する画家で、特に色遣いが見事です。

「ユディトⅠ」 グスタフ・クリムト 1901年 ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
クリムトimg774 (2)

クリムトの代表作の一つで、初めて金箔を使った装飾的な作品です。
当時は日本趣味の流行した時代で、特にクリムトは強い影響を受けています。
額縁もクリムトがデザインし、弟で金属工芸家のゲオルクが制作しています。
JVDiTH VND HOLOFERNESと書かれていて、古いラテン語風にUとVを同じ文字に
しています。

西洋画の主な画題は聖書と歴史なので、さまざまな作品が揃います。
花鳥画や風景画を好む東洋画とはかなり違います。



【2020/05/26 19:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バラを描いた作品
薔薇
chariot

バラの季節なので、バラの花を描いた作品を集めてみました。

ヤン・ブリューゲル1世、2世 「机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇」
 1615-1620年頃 油彩、板 個人蔵

ブIMG_0904

ヤン・ブリューゲル1世はピーテル・ブリューゲル (父)の子で、花の絵を得意と
していたことから「花のブリューゲル」と呼ばれています。
子の2世との共同制作で、チューリップの縞模様はウイルス性の病気なのですが、
当時はそれが分からず珍重されたそうです。

エドゥアール・マネ 「シャンパングラスのバラ」 1882年 バレル・コレクション
海運王img856 (1)

亡くなる前年の作品で、体調の不良のため小品を描いています。
小品ですが、明るく澄んだ色合いで、マネらしいセンスの良さがあります。

エドゥアール・マネ 「花瓶のモスローズ」 1882年 クラーク・コレクション
ク011

こちらも亡くなる前年の作品です。
シックな色調はやはりマネです。

アンリ・ル・シダネル 「離れ屋」 1927年 ひろしま美術館
シ012

アンリ・ル・シダネル 「薔薇の花に覆われた家」
 1928年 ル・トゥケ=パリ=プラージュ美術館

シ014

シダネルは1901年にパリの北西にあるジェルブロワに住み始めます。
ジェルブロワはイギリスに支配されていたため百年戦争の戦場となり、
その後は見捨てられたような寒村でした。
シダネルは古い建物を買って住み、庭に薔薇を植えます。
さらに村の人にも薔薇を植えることを勧め、やがて村中が薔薇に包まれて、
今ではジェルブロワは「フランスの最も美しい村」の一つに選ばれています。

フィンセント・ファン・ゴッホ 「薔薇」 1890年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー
ワ019

ゴッホの亡くなる年の作品です。
花瓶からこぼれるばかりに咲くバラの花です。
この絵は褪色が進んでいるとのことですが、それを感じさせない魅力があります。
活力にあふれた描きぶりで、作品からは死の影はまったく感じられません。

ポール・ゴーギャン  「バラと彫像」 1889年 油彩、カンヴァス
ランス7

ブルターニュのル・ブルデュの宿屋で描いた作品で、マルティニークで制作した
丸彫り彫刻が置いてあります。
この彫刻は宿屋の主人に借金のかたとして取られてしまったそうです。


長沢芦雪 「薔薇蝶狗子図」 
 寛政後期頃(1794-99頃) 愛知県美術館

応挙img036 (3)

長沢芦雪は円山応挙の弟子で、後に独自の画風を築きます。
亡くなる少し前の作品で、師の応挙譲りの可愛い子犬たちです。

熊谷守一 「薔薇」 1963年
熊谷002

平面的で抽象画のように単純化された構図、輪郭線の中にきっちり塗られた絵具、
晩年の熊谷守一特有の画風です。
温かく、観ていて心が休まります。
簡単に見えますが、このような欲気の無い絵はかえって難しいことでしょう。

中川一政 「二つの壷の薔薇」 油彩 1986年
中004

中川一政は薔薇や向日葵もよく描いています。
どの作品も大らかで伸び伸びとしています。

朝井閑右衛門 「薔薇」 
朝井001

横約16cmの小さな作品で、力強い厚塗りで、薔薇の花はキャンバスに
盛り上がっています。

刑部人 「ばら(マジョルカ壺)」 6号
刑部2-28-2010_009

小さな作品で、バラの赤と壺の青の対比が効いています。

野間仁根 「薔薇」 4号
野間001

小品ですが、おおらかで、色彩に温かみを感じます。

田辺三重松 「薔薇」 4号

田辺12-19-2009_002

こちらも小品で、黒い輪郭線の印象的な、フォービヴィズム風の力強い画面です。

児玉幸雄 「薔薇」 水彩・色紙
児玉002

明るく力強くパリの風景を描いた作品で有名ですが、
水彩も描いています。

橋本不二子 「やさしい色調のバラを集めて・・・」
橋002

橋本不二子さんは水彩やアクリルで、おもに花の絵を優しく清潔な
雰囲気で描いていて、毎年のカレンダーにもなっています。

渡辺香奈 「 1輪を花束に」 
gill009.jpg

小品で、バラのつぼみから咲き誇るまでを描いています。
渡辺さんの作品には渦のように旋回するモチーフがよく見られます。

安西大 「花の咲く風景・薔薇」
安西002

よく磨いたパネルに金箔を貼り、油彩で描いています。
日本画の装飾性と油彩画の立体性が合わさっています。

那波多目功一 「長春花」 
院4-4-2010_006

日本画で、2010年の春の院展に出品された作品です。
金地を背景にして、赤い薔薇に光を当て、立体感を感じさせています。

「上絵金彩薔薇図カップ&ソーサー」 セーヴル 1767年
デミ002

ルイ15世の時代の作品で、セーヴルはポンパドゥール夫人によって、
ヴァンセンヌから移された窯です。
リトロンとは筒型をした計量カップを言います。
薔薇の香りもただよいそうな絵柄です。

「色絵金彩薔薇に鸚哥図花瓶」 明治初期 三の丸尚蔵館
明治img426 (8)

薩摩焼の大きな花瓶で、バラとインコがあざやかな色彩で描かれています。
明治2年に浜離宮内に迎賓館として建てられた延遼館にあった備品で、
延遼館の所管が外務省から宮内省に移った際に共に移っています。


【2020/05/24 19:56】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
私の「枕の草子展」
枕草子
chariot

清少納言の「枕草子」を思い出して、関係する作品を集めてみました。

「枕草子」は平安時代の中期、一条天皇の中宮定子に仕えた清少納言の書いたと
される随筆です。
章段の数字は三巻本と呼ばれる写本に拠っています。

1 春はあけぼの

有名な第1段の書き出しです。
春夏秋冬それぞれ、どの時間に魅力があるか述べています。

「あけぼの・春の宵のうち あけぼの」 速水御舟 1934年 山種美術館
速10-9-2009_005

淡青色または白群青色の朝鮮色紙に描かれているそうです。
小品で、薄紅の空を背景に、真横に伸びた柳の枝が上に立ち上がり、
更に滝のように垂れ下がっています。
烏が枝に止まって、その空を見上げています。
春も浅いのでしょう、柳はまだ葉を付けていません。

夏は夜

「ほたる」 松村公嗣 2010年
院4-4-2010_002

左は草の上、右は水の上の蛍です。
羽根を開いたり閉じたりした蛍が一匹一匹ていねいに描き込まれています。

秋は夕暮れ

田渕俊夫 「明日香心象 橘寺夕陽」
院展img091 (6)

聖徳太子建立と伝わる奈良の橘寺を飛鳥川の河原から見た景色です。
創建当初から東門が正面で、田の刈入れも終わった秋の夕暮れ、
夕陽が東門の向こうに沈んでいきます。

冬はつとめて

「雪松図屏風」 円山応挙 江戸時代 18世紀 三井記念美術館 国宝
応挙009

右隻
応挙008

左隻
応挙007

雪の晴れ間の澄み切った空気の中に立つ松の木です。
三井記念美術館では毎年、お正月頃に展示されます。


9 上にさぶらふ御猫は

一条天皇の可愛がっていた猫を翁丸という犬が脅かしたものだから、
帝の罰を受けてしまうというお話です。

「班猫」 竹内栖鳳 1924年 山種美術館 重要文化財
大2-14-2010_004

竹内栖鳳の代表作で、沼津の八百屋さんの飼い猫が、宋の徽宗(きそう)皇帝の
描いた猫と同じ柄なので、貰い受けて京都に連れて帰り、描いた作品です。

「犬」 後漢~三国時代(蜀)・2~3世紀
1957年、四川省成都市天迴山3号墓出土 四川博物院

さIMG_0491

墓の前に置かれていた像で、忠実な番犬といった顔をして、狛犬のようです。
翁丸もこんな感じの犬だったのでしょう。


25 すさまじきもの

験者(げんざ)の、物の怪調ずとて

がっかり興醒めするものを集めた中に、祈祷師がさかんに経を唱えても効き目が表れず、
祈祷師はとうとう止めて、何かに寄りかかって寝てしまった、というのがあります。

 「御産の祷(おさんのいのり)」 安田靫彦 1914年 東京国立博物館
安田015

こちらは紫式部日記に記された、藤原彰子の敦成親王(後一条天皇)の出産場面です。
奥の不動明王像の前で僧が護摩を焚いて祈祷し、女房が憑坐(よりまし)となって
悪霊を引き出そうとしています。

いみじうねぶたしと思ふに

とても眠いのに、大して親しくも無い人が揺り起こして無理に話しかけてくるのは
とても興醒めなことだ、とあります。

「病草紙断簡 不眠の女」 平安時代・12世紀 サントリー美術館 重要文化財
絵巻1

板張りの床の上に敷物を敷いて、侍女たちでしょうか、女たちが眠っています。
他の人たちが寝入っている中で、一人だけ眠れずに起き上がっています。
本人にとっては辛いでしょうが、この時代にも不眠症があったのかと思うと、
観ていて面白くなります。


除目に司(つかさ)得ぬ人の家

今年の各国の国司を任命する儀式である除目(じもく)のある日に、結果を待って、
任命されそうな人の家に集まっていたのに、期待外れに終わり、皆ががっかりする
様子が詳しく書かれています。
国司に任命され、受領(ずりょう)として任地に赴けば、そこでは自分が最高位なので、
富と権勢を誇ることが出来ました。
清少納言は国司になる中流階級の貴族の出身なので、日頃から見慣れた
光景だったようです。
このあたりの描写を読むと、たしかに文才のある人だなと思います。

「北野天神縁起絵巻 巻第6(部分)」 室町時代 15世紀 重要美術品
刀007

北野天神の効験を説いた巻で、継母にいじめられていた姉妹が北野天神に詣でたところ、
播磨守有忠という国司と出会い、姉はその妻となり、妹は宮仕えが叶ったというお話です。
国司の館での豊かな暮らしの場面です。

黄金の中山に鶴と亀とは物語 仙人童の密かに立ち聞けば 殿は受領に成り給ふ
梁塵秘抄より


99 五月の御精進のほど

五月の頃、ほととぎすの声を聴こうと思い立った清少納言ら女房たちは
高階明順の屋敷に出掛けます。
帰りには咲いていた卯花の枝を折って牛車を垣根のように飾り立てます。
誰も見てくれる人がいないのは面白くないので、藤原公信の家に使いを出し、
公信が慌ててやって来るのを見て面白がります。

上「杜鵑を聴く」 村松園 1948年 山種美術館
男005

ふと片手を上げ、聞こえてくるほととぎすの声に耳を傾けているところです。
青海波模様の着物姿で、手にした傘が雨上がりの気配を表しています。

「官女観菊図」 17世紀前半 岩佐又兵衛 山種美術館 重要文化財
金銀008

乗った牛車の簾を上げ、道端に咲く菊を官女が眺めているところです。
清少納言たちもこのように卯花を眺め、折って車に飾ったのでしょう。

「志野茶碗 銘 卯花墻(うのはながき)」 桃山時代 16-17世紀 国宝
室町三井002

白い釉を垣根に咲く卯の花に見立てています。
名は箱書きの片桐石州の書いた古歌に拠っています。

 山里の卯の花墻のなかつ道 雪踏み分けし心地こそすれ


108 方弘はいみじう人に笑はるるものかな

源方弘(みなもとのまさひろ)という役人がいつも可笑しいことをしたり言ったり
するのを面白がっている章です。
燭台に敷いてある油気のある布を踏んだところ、足袋に布が吸い付いたのに
そのまま歩き出したものだから、燭台が倒れて大きな音を立てたこともあります。
「大地震動」したと、清少納言は漢文調で大げさに書いています。

「織部南蛮人燭台」 桃山時代・17世紀 サントリー美術館
南018

高さ約30cmで、緑釉が上着と籠に軽く掛かり、茶人好みの剽げた味わいがあります。
足の部分に燃えさしを入れる引き出しも付いています。
異国情緒あふれる南蛮文化を偲ばせます。


119 あはれなるもの

しみじみするものとして、吉野の金峯山に参詣する若い貴人のことを書いています。
その後に、藤原宣孝と息子の隆光がその場にふさわしく無いような派手な身なりをして
参詣したと、けなしています。
藤原宣孝は紫式部の夫なので、こんなこともあってか紫式部は紫式部日記で
清少納言を激しく罵っています。

「金銅 藤原道長経筒」 平安時代・寛弘4年(1007) 金峰神社 国宝
蔵王003

藤原道長が金峯山に埋納した経筒です。
平安後期から近世にかけて、経巻を埋納して経塚を造営することが各地で行われています。
この経筒は高さ40㎝ほどの大きさで、鍍金がなされ、胴に511文字の願文が彫られています。
中に法華経8巻など、道長自身の書写した経巻15巻が納められていました。
金峯山への埋納のことは、道長の御堂関白記にも、寛弘4年8月11日に蔵王堂に参詣して
山上に埋納し、その上に金銅の灯篭を建てたと記述されています。


136 頭の弁の、職に参り給ひて

清少納言たちと話をしていた頭の弁の藤原行成は、所用があると言って夜更けに
帰ってしまい、翌朝手紙を寄越してきます。
「夜を明かして語り合おうと思っていたのに、鶏の声に促されて帰ることになってしまい、
心残りなことです。」と書いてあるので、
まるで孟嘗君の故事のようなことだということになって、清少納言は歌を送ります。

夜をこめてとりのそら音ははかるともよに逢坂の関はゆるさじ

「詩哥写真鏡・清少納言」 葛飾北斎 江戸時代・19世紀
はIMG_0144

史記にある、秦王に捕えられそうになり逃げだした孟嘗君が夜中に函谷関に辿り着き、
夜明けまで開かない門を開けるため、物真似の名人の食客が鶏の鳴き真似をした
という故事と、清少納言の歌を題材にしています。
鳴き真似につられて鳴き出した鶏の声を聞いた関所の役人が、朝だと思って
関の門を開けようとしています。


232 月のいとあかきに川を渡れば

月のとても明るい夜に牛車で川を渡ると、牛の歩みに連れて水晶の砕けるように
水が散るのは美しい、とあります。
清少納言の美的感覚をよく表しています。

「片輪車蒔絵螺鈿手箱」 平安時代・12世紀 東京国立博物館 国宝
国003

はIMG_0178

牛車の車輪の乾燥による割れを防ぐために川に浸けている風景を表しています。
水の流れと車輪を取り合わせたデザイン感覚は新鮮です。
泥の中に咲く蓮の花もイメージされているそうです。
箱の底にも鳥や蝶、木の葉などが描かれています。


299 雪のいと高く降りたるを,例ならず御格子まゐらせて

雪の多く積もった日に、皆で火鉢を囲んでいると、中宮定子が清少納言に
「香炉峰の雪はどうなっているか」と問い掛け、清少納言が簾(すだれ)を
持ち上げて庭の雪を見せたというお話です。

  少納言よ香炉峰の雪はいかならむと仰せらるれば
  御格子上げさせて御簾を高く上げたれば笑わせたまふ

白楽天の詩の一節、
遺愛寺の鐘は耳をそばだてて聴き、香炉峰の雪は簾を掲げて看る、を演じた訳です。

「雪月花」 上村松園 1937年 宮内庁三の丸尚蔵館
皇10-8-2009_003

上村松園が貞明皇后(大正天皇の皇后)の用命を受けてから完成まで21年
かかった作品です。
「雪」「月」「花」を題材にした三幅対で、「雪」は、枕草子の香炉峰の雪の逸話で、
清少納言が簾を持ち上げているところです。
清少納言といえば先ずこの場面が思い浮かびます。
古典008


「枕草子」という題名の由来

枕草子の跋文には紙を献上された中宮定子にこれに何を書こうかと問われた清少納言が、
「枕にしましょう」と答えたので、その紙を下賜されたとあります。
ただ、その「枕」が何をするのか不明とのことです。

「伽羅」 鏑木清方 1936年 山種美術館
香002

枕香炉という、髪に香りを薫きしめる枕でうたた寝をした女性が目を
覚ました姿です。
市松模様の帯が粋で、朝顔や花菖蒲の模様や色彩に初夏の雰囲気が表れています。
枕から香りを出す透かしは、香道で用いられる源氏物語にちなんだ印の源氏香を
あしらっています。

清少納言は才気煥発、言葉が弾むようで、おしゃべりするにはとても楽しい人だった
ことでしょう。
ただ、柱の陰から人を観察しているようなタイプの紫式部からすれば、出たがりの
清少納言など大嫌いだったのもうなずけます。


【2020/05/23 18:55】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>