次のページ
「正宗得三郎展」 府中市美術館
府中
chariot

東京都の府中市美術館では「正宗得三郎展」が開かれています。
会期は12月28日(木)までです。

img401.jpg


正宗得三郎(1883-1962)は岡山県出身の洋画家で、1902年に東京美術学校に
入学しています。
東京美術学校では青木繁の画風に感銘を受け、親しく交流しています。
1914年と1921年には渡欧し、モネやマティスと会い、マティスの指導も受けています。

1915年にニ科会に入会し、中心となって活躍しますが、二科会は太平洋戦争中の
1944年に解散します。
戦時中は長野県飯田市に疎開しますが、空襲で東中野のアトリエを焼失して、
多くの初期の作品を失っています。
戦後は府中市に移り、1947年に二科会のメンバーだった熊谷守一や黒田重太郎、
田村孝之介、宮本三郎らとともに第二紀会(現在の二紀会)を結成しています。

作風は印象派風で、筆勢にも色彩にも力強いものがあり、単なる写実の追及でない
大らかさも感じます。
洋画家でありながら富岡鉄斎に傾倒して、何度か訪問しているほどで、西洋画の技法と
東洋の精神の融合を志していたようです。
性格は篤実で、交友関係も広く家族思いであった一方で、破滅型の性格の長谷川利行
(1891-1940)の作品を高く評価し、二科会で周囲の反対を押し切って推薦したということで、
絵画への真摯な姿勢がうかがえます。

「ノートルダム寺院」 1915年 府中市美術館
正宗img408 (1)

30台前半のパリ滞在中に夕暮れ時のノートルダム寺院を描いた作品です。
空は紅色に染まり、寺院は夕日を受けています。

「パリのアトリエ」 1923年 岡山県立美術館
正宗img408 (3)

縦約130㎝の大きな作品で、2度目のパリ滞在中に制作されています。
マティス風の華やかな画面で、窓の外も晴れています。

「赤い支那服」 1925年 府中市美術館
正宗img408 (2)

肩と袖に青をあしらった薄紅の中国服を着て、金の髪飾りを付けた女性が座っています。
2回目のヨーロッパ留学の時のフランス土産の布地を使って、妻の千代子が
「赤い支那服」を作り、それを着てモデルになったそうで、西洋と中国と日本が一つに
なった作品です。

「白浜の波」 1938年 府中市美術館
正宗img407 (3)

浜に繰り返し寄せる白波がリズムを作っています。
空の青と雲の白、海の青と波の白、山や浜の茶と松の緑と、色調のまとまりを
考えています。

「鎮守の森」 1954年 府中市美術館
正宗img407 (4)

畑の中の神社をケヤキが囲む、武蔵野らしい景色で、葉の緑は濃く、
青空が広がっています。
正宗得三郎の風景画は天気や光の具合を意識しています。

「磯馴松(仏浦)」 1955年 府中市美術館
正宗img407 (2)

南伊豆の仏ヶ浦でしょうか、磯馴松(そなれまつ)が大きく幹をうねらせて海に伸び、
青い海からは白い波が寄せています。

「大あざみ」 1958年 府中市美術館
正宗img407 (1)

アザミの紅と壁の青が対比され、葉や茎に勢いがあります。
染付の壺を置いたテーブルの色彩も3分割され、装飾的です。
静物画には装飾的な作品が多く、マティスを取り入れています。

「縁側の静物」 1958年 府中市美術館
正宗img407 (5)

赤と緑を意識した画面で、その対比が鮮やかです。
丸い果物と庭で伸びるタチアオイは生命力にあふれています。

「素園小景」 1958年 府中市美術館
正宗img407 (6)

日暮れ時でしょうか、画面いっぱいの真っ赤なナナカマドの下の暗がりに
白いニワトリが身を寄せています。

正宗得三郎の画業は長いのですが、作風は一定していて、キュビズムや抽象画の
影響を受けず、戦時中も戦争画を描いていません。
富岡鉄斎に傾倒し、模写も行なっているだけに、単なる技法の追及や時流の模倣をせず、
自己の精神の在り様を描いているようにも思えます。

展覧会のHPです。


【2017/11/16 19:11】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」ブロガー特別内覧会 三菱一号館美術館
東京
chariot

丸の内の三菱一号館美術館で11月9日に開かれた、青い日記帳×「パリ♥グラフィック
― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」ブロガー特別内覧会に行ってきました。
展覧会の会期は2018年1月8日(月)までです。

ロimg012


「弐代目・青い日記帳」主催のTakさん(右)がモデレーターで、
野口玲一学芸員(左)の解説を伺いました。

パIMG_0252


会場の写真は特別の許可を得て撮影しています。
また、一部の展示室は撮影可能です。

アムステルダムのファン・ゴッホ美術館との共催で、19世紀末の印刷技術の発達に伴い
盛んになったパリのポスターや版画芸術を紹介する展覧会で、両館の保有する約170点が
展示されています。

リトグラフ(石版画)の発明により、描いた筆の勢いまで再現し、多色刷り、大量生産まで
可能になったことで、版画は大きく発展します。

特にロートレックはポスターの制作で版画の芸術的価値を大きく高めたことで知られており、
展覧会でも三菱一号館美術館の所蔵するロートレックのポスターや版画が多数、
展示されています。

右:テオフィル・アレクサンドル・スタンラン 「シャ・ノワール巡業公演のためのポスター」
 1896年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ」 
 1891年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0207

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(1859-1923)は画家、版画家で、特に猫を
題材にした作品で有名です。
キャバレー「シャ・ノワール(黒猫)」のポスターで、この猫はスフィンクスのように
堂々としています。

左はキャバレー「ムーラン・ルージュ」のポスターで、売れっ子ダンサーのラ・グーリュが
大胆なポーズで踊っています。
ロートレックの描いた最初のポスターで、この絵でロートレックは一躍有名になっています。
縦193.8cmの大きな作品で、版を3つ並べてつなぎ合わせてあります。
ポスターとして使われる時は、下の方にその時のイベントが印刷されますが、この絵は
それ以前の段階で、大変貴重な物とのことです。

右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレー にて」
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
中:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「エルドラド、アリスティド・ブリュアン」 
 1892年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「コーデュー」 
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0208

アリスティド・ブリュアンは歌手で、コーデューは喜劇役者です。
アリスティド・ブリュアンは赤いマフラーがトレードマークで、毒舌が売り物だったとのことで、
毒舌が受けるというところに都市文化の成熟を感じます。
この展示室にはアリスティド・ブリュアンやイヴェット・ギルベールの歌声が流れていて、
室内はベル・エポックのパリ気分でした。
二人の歌はYouTubeでも聴くことが出来ます。

版画の大衆化の一方で、版画の芸術性が追求され、豪華な版画集や一点ものの作品が
制作され、富裕な知識階層のコレクターに愛好されるようになったそうです。
大衆化とは逆行する動きが現れるというのも興味深いところです。

右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『「レスタンプ・オリジナル」第1年次の表紙』 
 1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:カミーユ・マルタン 『「レスタンプ・オリジナル」第2年次の表紙』 
 1894年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0214

第1年次の表紙は、摺り師のコテル爺さんと、仕上がりを調べているダンサーの
ジャヌ・アブリルです。
浮世絵版画と同様、リトグラフも摺り師の腕は重要です。
第2年次の表紙は、feuille(葉)が紙の枚数の単位でもあるので、枯葉が印刷機に
舞い落ちて、印刷された紙となる様を表しています。

「レスタンプ・オリジナル」はアンドレ・マルティが企画し、1893年から95年に
掛けて出版された創作版画集で、毎号10点、100部限定の季刊です。
シャヴァンヌ、ピサロ、ゴーガン、ファンタン=ラトゥール、ルドンなどの作品が
収められています。

右:テオフィル・アレクサンドル・スタンラン 「ボディニエール画廊にて」 
 1894年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 「ラルティザン・モデルヌ」 
 1896年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

パIMG_0246

右は展覧会の告知文が加えられる前の刷りで、猫の絵の巧みさからこのまま
室内装飾品になっています。
左は室内装飾の店、「ラルティザン・モデルヌ(現代の職人)」のためのポスターで、
女性の患者の許を医者が訪れるという、いわくありげなテーマを、ハンマーと
道具箱を持ってやって来る職人に替えています。
歯医者の診察台に座っていて、ハンマーとドリルを持った大工に来られたら、
さぞ驚くことでしょう。

右:エドゥアール・ヴュイヤール 『街路「風景と室内」より』 
 1899年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館
左:エドゥアール・ヴュイヤール 『吊りランプのある室内「風景と室内」より』 
 1899年 多色刷りリトグラフ ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0276

エドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)は室内の情景を好んで描き、
自らアンティミスト(親密派)と名乗っていて、作品にも品の良さが
表れています。

右:モーリス・ドニ 『アムール(愛)』表紙』 
 1898年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館
左:モーリス・ドニ 『「アムール(愛)」表紙のための下絵』 
 1898年頃 鉛筆、透明水彩 ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0308

「アムール(愛)」はモーリス・ドニが妻のマルトとの婚約中に書いた詩的な日記からの
想を得た連作です。

アンリ・リヴィエール 『「星への歩み」のポストカード』 
 1899年 多色刷りリトグラフ、アイリスプリント(ジークレー) ファン・ゴッホ美術館

パIMG_0323

「シャ・ノワール」で上演された、影絵劇「星への歩み」の各場面を刷ったポストカードです。
アンリ・リヴィエール(1864―1951)は葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に倣ったリトグラフ集、
「エッフェル塔三十六景」も制作しています。

今年、パルコミュージアムでは「世界が絶賛した浮世絵師北斎展~冨嶽三十六景・
エッフェル塔三十六景の共演~」が開かれていました。

「世界が絶賛した浮世絵師北斎展」の記事です。

フェリックス・ヴァロットン 「アンティミテ」連作 1898年 木版 三菱一号館美術館

フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)のシニカルな黒白の木版画も多数あります。

2014年に同じ三菱一号館美術館で開かれた、「ヴァロットン展」の記事です。

ファン・ゴッホ美術館の所蔵する、ゴッホが収集した浮世絵も展示されています。
浮世絵版画はロートレックたちにも大きな影響を与えています。

パpIMG_0321


ジャヌ・アヴリルやコーデューとのツーショットを撮れる場所もあります。

パIMG_0258

パIMG_0257


展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ルドン−秘密の花園」展です。
会期は2018年2月8日(木)から5月20日(日)までです。

img400.jpg


【2017/11/14 20:24】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展 虎ノ門 菊池寛実記念智美術館
神谷町
chariot

虎ノ門の菊池寛実記念智美術館では「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻の
あいだで」展が開かれています。
会期は12月3日(日)までで、会期中、一部展示替えがあります。

img361.jpg


ともに京都東山の五条坂で戦後の復興期に新しい陶芸に挑戦した、八木一夫
(1918-1979)と清水九兵衞(1922-2006)の展覧会です。


八木一夫は陶芸家、八木一艸の子で、1948年に鈴木治、山田光らと走泥社を結成し、
オブジェ焼と呼ばれる、用途を持たない陶磁器に取組んでいます。

八木一夫 「ザムザ氏の散歩」 1954年 個人蔵
八木img362 (1)

代表作で、ロクロ成形の輪と円筒で、虫のようなオブジェを作っています。
ザムザ氏とはカフカの小説、「変身」の主人公、グレゴール・ザムザのことです。
虫に変身したザムザはとても散歩などする気分では無かったはずで、ユーモラスな
題名の付け方です。

八木一夫 「踊り」 1962年 京都国立近代美術館
八木img362 (2)

黒陶による作品で、瓦や土製のコタツをヒントにしています。
八木一夫は1957年頃から黒陶を手掛けたそうで、どれもつやつやとして
存在感があります。

八木一夫 「頁1」 1971年 現代陶芸美術館
八木img362 (3)

陶製で、本の形を模しています。

どの作品も従来の陶磁器の概念を越えた、独創的な形をしていて、
陶による彫刻になっています。


清水九兵衞は名古屋出身で、東京藝術大学美術学部鋳金科に入学し、
在学中に六代清水六兵衞の養子となり、陶芸を始めています。
その後、1967年には陶芸を止めて抽象彫刻に進みますが、1981年に
七代清水六兵衞を襲名して、陶芸を再開し、彫刻も引き続き行なっています。

清水九兵衞 「花器」 1955年 東京国立近代美術館
八木img362 (4)

花器とありますが、器というよりオブジェになっています。

清水九兵衞 「層容」 1957年 東京国立近代美術館
八木img362 (5)

四角い枠のような形がどっしり重なり、金彩が渋く光っています。

清水九兵衞 「花陶容」 1987年 京都市美術館
八木img362 (6)

金属のような風合いの花器ですが、陶器です。

他にアルミニウムなどのオブジェも何点か展示されています。


二人が戦後に開拓した、彫刻のような新しい陶芸の広がりと面白さを味わえる展覧会です。


次回の展覧会は生誕150年記念特別展、「木島櫻谷 Part1 近代動物画の冒険」です。
会期は2018年2月24日(土)から4月8日(日)までです。


展覧会のHPです。


【2017/11/11 18:47】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」展 京橋 LIXILギャラリー
京橋
chariot

京橋のLIXIL:GINZA2階のLIXILギャラリーでは11月25日(土)まで、
「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」展が開かれています。
場所は中央区京橋3-6-18で、水曜日は休館日です。

img278.jpg


建築学者、西山夘三(1911-1994)は長年、日本のすまいと住み方をを研究し、
公団住宅などのDKモデルの生みの親とされています。

西山は膨大なスケッチや写真などの資料を残していて、展覧会では約90点が
展示されています。

にIMG_0032

西山は少年時代、漫画家を志したほどで、巧みなスケッチを描いています。

漫画 「猫と魚」
にIMG_0103

1928年の漫画で、猫は「のらくろ」に似ていますが、「のらくろ」の連載開始は1931年です。

日記帳
にIMG_0091

1923年の中学生時代から生涯、日記を書き続けています。
手帳に、読めないほどの細かい字でびっしりと書いてあります。

スケッチブック
にIMG_0093

調査や旅行の際に持ち歩いて、興味のあるものを描き留めています。

「大阪府立豊中中学生徒第一回生活様式調査」の原票
にIMG_0098

1936年に各家庭の部屋の使用状況などを調査しています。
この家はかなりの豪邸で、住込使用人2人おり、蔵や茶室、女中室があります。

「中部3都市住み方調査」の集計表
にIMG_0097

さまざまな職業別の住み方の集計表です。

「日本のすまい」 全3巻 西山夘三著 1975/80年
にIMG_0089


住居のタイプのスケッチです。

京の町家
にIMG_0037

大阪の長家
にIMG_0038

同潤会アパート
にIMG_0041

同潤会アパートは関東大震災後に同潤会によって建設された、鉄筋コンクリート造の
近代的な集合住宅です。

兵営
にIMG_0039

西山には徴兵による兵役の経験があります。

バス住宅
にIMG_0045

終戦直後の住宅難で、バスの廃車を改造して住宅にしています。

ドヤ
にIMG_0047

日雇い労働者の簡易宿泊所です。

公団アパート
にIMG_0063

日本住宅公団は1955年に設立され、勤労者に住宅や宅地を供給していました。

建売住宅
にIMG_0067


自分たちのすまいも記録に残しています。

1941年 京都から東京の同潤会代官山アパートへ引越して来た頃
にIMG_0074

1960年 7人家族での生活
にIMG_0084


見ていて面白いスケッチで、それぞれのすまいでの生活の様子が伝わってくる
興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。


【2017/11/09 21:10】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「皇室の彩(いろどり)  百年前の文化プロジェクト」 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館では東京藝術大学創立130周年記念特別展、
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」が開かれています。
会期は11月26日(日)までです。

皇室img347 (1)


今から約100年前、大正から昭和初期にかけて、皇太子(昭和天皇)御成婚など、
皇室の慶事に献上された美術工芸品が展示されています。
ほとんどが宮内庁三の丸尚蔵館の所蔵です。

「御飾棚 鳳凰菊文様蒔絵」 昭和3年(1928) 蒔絵、螺鈿
皇室img347 (7)

部分
皇室img347 (4)

皇太子(昭和天皇)御成婚を祝して文武官一同により献上された一対の飾棚で、
高蒔絵によって昭和天皇には鳳凰、香淳皇后には鶴の文様があしらわれ、
鳳凰の蒔絵は縁を角立て、鶴は丸みを持たせて、雰囲気を変えてあるそうです。

島田佳矣(しまだよしなり)東京美術学校図案科教授の指揮の下で制作され、
棚に置かれる陶磁器や金属工芸などの品々を加えると、全体で135人が参加しています。
置かれる品々は、高村光雲の木彫、大島如雲の彫金、安藤重兵衛の七宝、
板谷波山の磁器、六角紫水の蒔絵などで、当時の日本工芸の力を結集しています。

「現代風俗絵巻」のうち、第5図、遠藤教三「百貨店」 昭和3年(1928)
モダン007

部分
モダン006

御成婚を祝して、文武官一同より献上された絵巻物で、
松岡映丘を中心とする新興大和絵の12名の画家による合作です。
第1図の松岡映丘「宮城」に始まり、第2図は服部有恒の「演習」、第3図は
狩野光雅の「村の学校」、第4図は岩田正巳の「収穫」です。
遠藤教三(1897-1970)は東京美術学校を卒業し、松岡映丘らの結成した
新興大和絵会に参加しています。
大正時代には「今日は帝劇、明日は三越」という宣伝文句が流行り、
百貨店は都市生活の象徴でした。
女性はほとんど着物姿で、下駄や草履の売場も見えます。

「瑞彩」のうち「雛祭」 上村松園 大正13年(1924) 絹本着色 
皇室img347 (3)

市松模様の着物に桜を散らした帯の女性が犬筥を飾ろうとしているところです。
「瑞彩」は御成婚を祝して東京府より献上された3冊仕立ての画帖で、73名の画家の
作品が納められています。
展示されている部分では、富岡鉄斎、川合玉堂、横山大観、竹内栖鳳、土田麦僊、
上村松園、安田靫彦、松岡映丘、小堀鞆音、小林古径、吉川霊華、下村観山が
並んでいて、横山大観は富士山、土田麦僊は大原女を描いています。
東京府は1943年に東京都になっています。

「奉祝御成婚花電車絵図」 島田佳矣ほか 大正13年(1924) 絹本着色
皇室img347 (6)

御成婚を祝して、東京市が花電車のデザインを東京美術学校に依嘱し、
島田佳矣が20点を考案し、そのうち10点が採用され、高島屋が製作して、
16日間運行されています。
東京市は現在の東京23区に相当し、1943年に東京都になっています。

皇室に献上される美術工芸品については、東京美術学校の第5代校長、正木直彦
((1862-1940)が指揮を取り、最高峰の作品を制作することに尽力したとのことで、
正木直彦の事績を紹介する展示もあります。

「松樹鷹置物」 高村光雲 大正13年(1924) 木彫
皇室img357 (2)

皇太子ご成婚に際し、大正天皇、貞明皇后より拝領の品で、東宮御所玄関の
置物として制作されています。
うねるように上に向かう松の幹に翼を広げ、下に飛び立とうとする鷹が合わさって、
迫力に満ちた場面をつくっています。

「住吉詣」 松岡映丘 大正2年(1913) 絹本着色
皇室img357 (3)

部分
皇室img357 (1)

部分
皇室img357 (4)

源氏物語の「澪標」の巻で、行列を整えて住吉詣をする光源氏の一行と、
それを舟から眺めやる明石の君です。
大和絵でよく描かれる画題で、人物の中には法然上人絵伝に描かれて
いたような人物もいて、絵巻物などをよく研究していることが分かります。
30歳前半の作で、第7回文展に出品され、宮内省買上げとなっています。

「三熊野の那智の御山」 山口蓬春 大正15年(1926) 絹本着色
皇室img347 (5)

熊野灘に始まり、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智の滝、
峰に沈む月が描かれています。
山口蓬春(1893-1971)の東京美術学校卒業間もない頃の作で、「古名画が
目の前にちらついて本当に弱りました」と述べています。
古名画とは根津美術館所蔵の国宝、「那智瀧図」のことでしょう。
第7回帝展に出品され、特選となり、宮内省買上げとなっています。

「那智瀧図」の展示された、2013年に根津美術館で開かれた、「新春の国宝 那智瀧図 
仏教説話画の名品とともに」の記事
です。

「日出処日本」 横山大観 昭和15年(1940) 紙本着色
皇室img347 (2)

横4mほどの大作で、皇紀二千六百年奉祝展覧会出品後に、昭和天皇に
献上されています。
横山大観はよく皇室に富士山の絵を献上していましたが、翌年、太平洋戦争が始まり、
以後、献上されることは無くなります。


皇室への献上品は三の丸尚蔵館で一部が時々展示されますが、今回のように
まとまって観る機会は滅多にありません。
大正から昭和初期にかけての美術工芸の最高レベルの作品に接することの出来る、
貴重な展覧会です。

展覧会のHPです。


東京藝術大学大学美術館で、2018年3月31日(土)から5月6日(日)まで開かれる
「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」では、修復の終わった上村松園の
「序の舞」が5年振りに公開されます。

img358.jpg


【2017/11/07 19:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>