FC2ブログ
「中国近代絵画の巨匠 斉白石」展 東京国立博物館
上野
chariot

東京国立博物館の東洋館4階8室では、日中平和友好条約締結40周年記念特別企画、
「中国近代絵画の巨匠 斉白石」展が開かれています。
会期は12月25日まで、総合文化展の観覧料で観覧できます。

img312.jpg


清末から中華人民共和国時代にかけての画家・書家・篆刻家、斉白石(1864-1954)を
紹介する展覧会で、北京画院の所蔵する作品が展示されています。
11月25日までの前期と27日からの後期で、すべての作品が
展示替えされます。

斉白石は湖南省の貧農出身で、木工職人として生活しますが、古画を学び、
写生に励んで、やがて画家となります。
しかし、始めは教養人のたしなみとしての文人画を愛好する北京の画壇では
相手にされなかったそうです。
それが1922(大正11)年に東京で開かれた日中共同絵画展で注目されたのを
きっかけに評価が高まり、現在の中国では大変人気の高い画家となっています。


せIMG_0330


作品は撮影可能です。

「秋荷図」
せIMG_0335

蓮の枯葉、茎、蓮房が勢いよく描かれています。

「菊花図」
せIMG_0341

菊の花はなだれ落ちるように咲き、黄色と青の濃淡が立体感を出しています。

「雛鶏出籠図」
せIMG_0350

鶏のぷっくりとしたヒナがわらわらとカゴから逃げ出しています。

「葡萄松鼠図」
せIMG_0353

ブドウもリスも多産の象徴とされ、吉祥図としてよく描かれています。

「葡萄大鶏図」
せIMG_0356

ブドウの青と鶏の赤が対比ししています。

「鉄拐仙人図」
せIMG_0380

鉄拐仙人(李鉄拐)は魂を体から遊離させる術を使う仙人です。
鉄の杖を突いていたとされる仙人はちょっと上目遣いです。

「老当益壮図」
せIMG_0386

老当益壮とは老いて益々盛んという意味です。
白いひげに白い眉の老人は杖を掲げて意気軒昂です。

「借山図」(第三図)
せIMG_0410

51歳の作で、中国各地を旅行した時に見た景勝を描いた連作の一つです。
借山とは故郷の湖南省につくった書斎の名です。
空間を大きく広げた、何とも大胆な構図です。

「穀穂蝗虫図」
せIMG_0359

実って垂れたアワの穂にバッタが乗っています。

「バッタの写生」
せIMG_0405

斉白石は常に写生を心がけていて、さらっと描いた文人画のように見える絵も、
実は正確な写生に支えられています。

「白菜群蝦図」
せIMG_0368

清の軍人、政治家の曽国藩(1811-1872)が、鴨や鶏のだし汁で煮た白菜が一番と
言っていたのに対し、干しエビのだし汁で煮たのもすばらしいと書いています。

「篆書五言聯」
せIMG_0327

篆書(てんしょ、印章によく用いる古代の書体)で、治道由衡石、王靈起闕廷とあります。
衡石とは秤のおもりの石のことで、政治は公平を基本とするという意味だそうです。

篆刻の作品も展示されています。

せIMG_0397

中華人民共和国の建国された1949年には毛沢東の印も彫っています。

斉白石の画風はのびのびと明るく、分かりやすく、ユーモアもあって、
人気の高い理由も分かります。

展覧会のHPです。

上野公園不忍池の蓮も枯れ始めています。

せIMG_0324


【2018/11/13 19:25】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「NIKKI Cafe(ニッキカフェ)」 本郷 2018/11
本郷
chariot

「NIKKI Cafe(ニッキカフェ)」でのランチです。
場所は文京区本郷4-1-5で、本郷三丁目交差点から東大赤門方向に少し歩いて
右側にあります。

ニIMG_0651 - コピー


店内は24席、全席禁煙、ダークブラウンでまとめ、奥側の席の間には
仕切りが入っていて、落着けます。
BGMはジャズでした。
招き猫が置いてあるのもご愛敬です。

ニIMG_0637 - コピー

ニIMG_0653 - コピー


ニIMG_0635 - コピー


日替わりスパゲティの若鶏と秋茄子のアラビアータ740円は
軽くトウガラシ風味が効いています。

ニIMG_0641 - コピー


プラス100円でたっぷりのコーヒーが付きます。

ニIMG_0645 - コピー


窓の外の本郷通りを眺めていると、写真にある手書きのメニュー板が目に付くのか、
結構な数の人が足を止めてそれを見ていました。

ニIMG_0638 - コピー


以前、「NIKKI Cafe 」に行った時の記事です。


【2018/11/11 17:29】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
第5回改組 新「日展」 国立新美術館
乃木坂・六本木
chariot

六本木の国立新美術館では第5回改組 新「日展」が開かれています。
会期は11月25日(日)までです。

img310.jpg


(洋画)
中野日和 「夜想曲」
img308.jpg

おぼろ月に照らされた町角の夜桜にはどこか懐かしさがあります。

(日本画)
安田やよひ 「海岸通り」
img307.jpg

明るい陽射しと風の中の看板や浮き輪は海が近いことを示しています。

2017年の、第4回改組 新「日展」の記事です。

日展のHPです。


【2018/11/10 19:53】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「Marunouchi Happ. Stand & Gallery」 丸の内
東京
chariot

「Marunouchi Happ. Stand & Gallery」は丸の内二丁目ビルの仲通り側にあります。
場所は千代田区丸の内2-5-1です。

ハIMG_0453 - コピー


今年5月にオープンした小さなお店で、店内はスツールが10席ほど、全席禁煙、
テラス席もあります。
ウオーターサーバーにはハーブとフルーツが入っています。

ハIMG_0445 - コピー

ハIMG_0451 - コピー


コーヒーとトーストとクラフトビールのお店で、年中無休、平日は朝8時から開いていて、
トーストとドリンクのモーニングセットもあります。
コーヒーは静岡の「IFNi ROASTING & CO」のローストした豆を使っているそうです。

カフェラテ518円はマイルドな味で美味しいです。

ハIMG_0446 - コピー


東京駅から三菱一号館美術館、出光美術館に行く途中にあり、トーストは
「満寿屋商店」と「Happ.」 の開発した、十勝産の小麦を使った食パンと
いうことなので、一度モーニングを食べてみたいものです。


【2018/11/09 20:49】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀」展 出光美術館
有楽町・日比谷
chariot

丸の内の出光美術館では「江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀」展が開かれています。
会期は12月16日(日)までです。

img118.jpg


出光美術館の所蔵作品にによる、繁栄を遂げた18世紀の文人画、琳派、浮世絵など、
江戸絵画の展示です。

「瓢鯰図」 池大雅 賛:大典顕常
文人005

つるつるしたヒョウタンでぬるぬるしたナマズを捕まえるにはどうするかという、
禅問答を絵にしています。
如拙の有名な「瓢鯰図」に倣っていますが、坊主頭の僧が大きな丸いヒョウタンで
ナマズの丸い頭を押さえ付けています。
鼻まで団子鼻で、観ているだけでおかしくなります。
賛を書いた大典顕常は相国寺の僧です。
池大雅は日本の文人画の代表者で、作品は明るく楽天的な雰囲気に
包まれています。

「十二ヵ月離合山水図屏風」(右隻) 六曲一双 池大雅 明和6年(1769)頃 重要文化財
水5-26-2016_002

水5-26-2016_003

離合山水図は一幅でも山水図になっており、並べても絵画にもなるというものです。
「十二ヵ月離合山水図屏風」は右隻から左隻にかけて、春から冬への移り変わりを
描いています。
木々の緑は緑色の点々で表していて、明るく輝いて見えます。
スーラより100年以上早い点描法で、スーラよりのびやかです。

「山水図屏風」(右隻部分) 六曲一双 与謝蕪村 宝暦13年(1763) 重要文化財
文人009

(左隻部分)
与謝蕪村は俳人ですが、池大雅との合作の「十便図」「十宜図」などの
文人画でも有名です。
画布は絖(ぬめ)という高価な絹で、なめらかで光沢があります。
弟子たちが屏風講というものを開き、この絹を購入する資金を集めて作られた
屏風とのことです。
中国の文人画に倣って、全体にきっちりとした描き方です。
右隻は春から夏の夕暮れの情景で、山の端はかすかに紅く、からすが群れ飛んでいます。
左隻は秋で、紅葉している木々が見えます。

「筏師画賛」 与謝蕪村
文人008

蕪村らしい俳画です。

  嵐山の花にまかりけるに俄に風雨しけれは
  いかたしのみのやあらしの花衣 蕪村

11月18日(日)までは蕪村の「夜色楼台図」(国宝)が展示されています。

「富士図扇面」 伝 尾形光琳  薄下絵 鈴木其一
文雅img263 (2)

尾形光琳が描いたとされる扇面を、鈴木其一が薄を描いた台紙に貼ってあります。
其一は富士から伊勢物語の「東下り」の段を連想し、同じ伊勢物語の「武蔵野」の段を
導き出して、薄をあしらったのではないかということです。

「銹絵菊図角皿」 尾形乾山 画 尾形光琳
文雅img263 (4)

兄の光琳が描き、弟の乾山が焼いた角皿です。

花中真隠逸
浥露倣深秋

菊は隠逸花と呼ばれ、菊を愛した隠逸の詩人、陶淵明にちなんでいるそうです。

「梅・撫子・萩・雪図」 尾形乾山 寛保2年(1742)
萩図
琳派006

雪図
文雅img263 (3)

四幅対になった軸物で、金箔地に描き、和歌を添えています。

「美人鑑賞図」 勝川春章 寛政2- 4年(1790 -92)頃 出光美術館
勝川002

勝川004

勝川003

勝川春章の最晩年の作で、あるいは絶筆かもしれないとのことです。
西洋の遠近法を取り入れた画面ですが、消失点の揃っていないところがご愛敬です。
皆で鑑賞しているのは狩野探幽の三幅対とのことで、寿老人と鶴の絵が見え、
飾られた牡丹は富貴を表します。
じゃれる猫は中国語の発音が、「耄」と、一人の着ている着物の柄の蝶は「耋」と同じく、
長寿を表す「耄耋(ぼうてつ)」となる、目出度尽くしの絵柄です。
大和郡山藩主で柳沢吉保の孫、信鴻(のぶとき、1724‐92)の古希を祝って
描かれたとのことで、柱の釘隠しには花菱(柳沢家の家紋は四つ花菱)を用い、
庭は吉保が造り、信鴻が晩年を過ごした駒込の六義園になぞらえています。
画面の上に、すやり霞を描いて、大和絵の雰囲気も見せています。
このような古典的な世界との融合が勝川春章の特徴です。


他に円山応挙、白隠、谷文晁、渡辺始興、懐月堂安度、岸駒、呉春、森狙仙、浦上玉堂らの
作品も展示され、江戸時代、18世紀絵画の彩り豊かさを見せてくれる展覧会です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「染付―世界に花咲く青のうつわ」展です。
会期は2019年1月12日(土)から3月24日(日)です。

img267_20181108191259fb1.jpg


【2018/11/08 19:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「生誕110年 東山魁夷展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では「生誕110年 東山魁夷展」が開かれています。
会期は12月3日(月)までで、火曜日は休館日です。
11月12日までの前期と14日からの後期で、一部展示替えがあります。

東山img268 (1)


東山魁夷(1908-1999)の本格的な回顧展で、初期の作品から
唐招提寺御影堂の大障壁画まで、約70件が展示されています。

「残照」 1947年 東京国立近代美術館
近代002

初期の作品で、1947年に日展で特選を受け、その後の東山魁夷の作風の
原点となった作品です。
山々の連なりは夕日を受けてその姿を見せています。
厳粛ともいえる静謐な画面で、写実を基本にしていますが、東山魁夷の特徴の
象徴性も感じられます。

「道」 1950年 東京国立近代美術館
img303_20181109150557e7d.jpg

代表作で、戦時中の1942年に青森県八戸市の種差海岸で描いたスケッチを
基にしています。
単純化された画面で、奥に向かう道は観る人の想像力を掻き立てます。

「秋翳」 1958年 東京国立近代美術館
東山img281 (4)

空と三角形の紅葉した山だけで構成されています。
赤色の絵の少ない東山魁夷ですが、この作品は赤色でつくり上げています。

「花明り」 1968年 株式会社大和証券グループ本社
東山img281 (3)

京都東山に昇る月に照らされた枝垂れ桜です。
桜越しに見上げる月には、かさがかかっています。
東山魁夷は親交の深かった川端康成に、京都らしい風景の残っている
今のうちに描くように奨められたのがきっかけで、京都の四季に取組んでいます。

「晩鐘」 1971年 北澤美術館
東山img281 (6)

ドイツのフライブルクの丘から見た夕暮れの情景で、手前に大聖堂、向こうに
聖心教会の屋根が見えます。
西の空にかかる薄雲から淡い光が町に差しています。
東山魁夷は東京美術学校卒業後にベルリンに留学しており、ドイツなどの
北方ヨーロッパに親しみを持っています。
展覧会でも、ドイツや北欧に旅行した時の情景を題材にした作品が何点も
展示されています。

「春を呼ぶ丘」(部分) 1972年 長谷川町子美術館
東山011

丘にカラマツ、麓に芽吹き始めたケヤキのような木々、畑には青々とした麦が見えます。
東山魁夷は作品によく描かれる白馬について、「心に内在しているものの象徴、
心の祈りとでもいうべきもの」と述べています。

「緑響く」 1982年 長野県信濃美術館 東山魁夷館
東山img281 (5)

長野県茅野市の御射鹿池(みしゃかいけ)の情景です。
人工の溜池で、平らな水面には木々と、そして絵に現れた白馬が映っています。
空を描かず、画面を同じ色で埋め尽くすのも、東山魁夷の特徴の一つです。

「行く秋」 1990年 長野県信濃美術館 東山魁夷館
東山img281 (2)

ドイツのハンブルクで婦人に、ドイツの落ち葉は木の形に落ちると言われ、
その通りだったことに触発されて描いた作品とのことです。
木の形に落ちるとは、風に吹き飛ばされず、真っ直ぐ下に落ちる、という意味でしょうか。
金砂子を撒いて明るく輝かせた画面で、東山魁夷は落ち葉を、「荘重で華麗な自然の
生命の燃焼」と表現しています。

唐招提寺御影堂は江戸時代の建築で、現在は国宝の鑑真和上坐像が納められています。
東山魁夷は御影堂の障壁画の制作に取組み、1971年から10年かけて完成させました。
会場には「山雲」「濤声」「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」が展示されています。

「唐招提寺御影堂障壁画 濤声」(部分) 1975年 唐招提寺
東山img281 (7)

東山img281 (1)

襖の置かれていた部屋が再現され、襖一面に鑑真和上が苦難の末、
唐より渡ってきた海が広がっています。
その前に立つと、寄せる波の音が聞こえ、吹く潮風を感じます。
この展覧会で最も印象深い作品です。

「唐招提寺御影堂障壁画 揚州薫風」(部分) 1980年 唐招提寺
東山img281 (10)

鑑真和上の故郷、中国の風景は水墨画で描かれています。
長江(揚子江)を堰き止めた痩西湖の岸沿いの柳が風になびいています。
揚州は鑑真和上の出身地で、来日前に住職を務めていた大明寺も揚州にあります。

障壁画の大きく広がる空間からは、東山魁夷の持つ深い精神性が伝わります。

人気の高い展覧会で、私は平日の午前に行きましたが、かなりの来場者がありました。

展覧会のHPです。


【2018/11/06 19:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「茅乃舎 汁や 東京ミッドタウン店」
六本木
chariot

「茅乃舎 汁や 東京ミッドタウン店」は六本木の東京ミッドタウンガレリアの
地下1階にあります。
場所は港区赤坂9-7-4です。

しIMG_0798 - コピー


明治26年(1893)創業の福岡の食品会社、「久原本家」の運営するお店で、
30席ほどの店内は全席禁煙、和風のつくりです。

しIMG_0787 - コピー

しIMG_0793 - コピー


お茶の替わりに出し汁が出ます。

しIMG_0785 - コピー


九州豚汁セット1280円です。

しIMG_0790 - コピー

霧島産の豚肉と大根、人参、薩摩芋が入っていて、十穀米は白飯に変更できます。
おだやかな味で、これからの季節、温まります。


【2018/11/04 16:36】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「伊藤哲 日本画展」 東武百貨店美術画廊
池袋
chariot

池袋の東武百貨店の美術画廊では、「伊藤哲 日本画展」が11月7日(水)まで
開かれています。

伊藤哲img259 (3)


伊藤哲さん(1962~)は千葉県出身で、東京藝術大学油画科を卒業し、
版画専攻修士課程を修了しています。

描くのは日本画で、江戸琳派の作風を継承し、2016年には酒井抱一以来の雅号、
「雨華庵(うげあん)」を襲名しています。
「雨華庵」は抱一の住居の名でもあります。

「重陽花」 
伊藤哲img259 (4)

金箔地にくっきりと菊、薄、女郎花が描かれています。
酒井抱一の「秋草鶉図」を思わせます。

「降臨せし風雷神」
伊藤哲img259 (1) 伊藤哲img259 (2)

尾形光琳は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を模した屏風を描いています。
酒井抱一はその屏風の裏に「夏秋草図屏風」を描いていて、
風神図の裏に、風に晒されて揺れる秋草を、雷神図の裏に、
雨に打たれてうなだれる夏草を合わせています。
この作品は「夏秋草図屏風」の中に風神雷神を降臨(光琳)させていて、
宗達、光琳、抱一という琳派の流れが揃っています。

参考
「風神雷神図屏風」 尾形光琳 東京国立博物館 重要文化財
東003

参考
「夏秋草図屏風」 酒井抱一 東京国立博物館 重要文化財
抱一夏7-11-2010_001抱一秋7-11-2010_002


【2018/11/03 16:42】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「スターバックスコーヒー 日本橋高島屋S.C.店」
日本橋
chariot

「スターバックスコーヒー 日本橋高島屋S.C.店」は髙島屋新館の5階にあります。
場所は中央区日本橋2-5-1です。

スIMG_0168 - コピー


新館は9月25日にオープンしました。
5階にありますが、1階のカフェなどと同じく、朝7時30分から開いています。

スIMG_0170 - コピー


店内は約100席と広く、グレーを基調にした落着いた雰囲気です。
テーブル席や、ゆったりしたソファー席、中央通りを見下ろせる窓際の席などがあり、
気分を変えるのに良さそうなお店です。

スIMG_0163 - コピー

スIMG_0166 - コピー


【2018/11/02 19:11】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「藝大コレクション展 2018」 上野 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館では「藝大コレクション展 2018」が開かれています。
会期は11月11日(日)までです。

藝大img200 (1)

曾我蕭白 「群仙図屏風」 江戸時代・18世紀
藝大img214 (2)

異風の絵師、曾我蕭白(1730-1781)の作です。

原田直次郎 「靴屋の親爺」 1886年
藝大img215

ミュンヘン留学時代の作品で、いかにも頑固そうな靴職人の肖像です。
まだ20代前半の絵ですが、顔には逆光気味の陰陰を付けて、表情に
深みを出し、一つの作品として味わえるまでになっています。

青木繁 「黄泉比良坂(よもつひらさか)」 1903年
芸10-14-2009_007

東京美術学校在学中の作品で、色鉛筆、パステル、水彩絵具が使われています。
古事記に出てくる、男神イザナギが黄泉の国から逃げ出し、女神イザナミが
黄泉醜女(よもつしこめ)を使って、それを追う場面です。
地上に出て、頭を抱え、背中を丸めて逃げる男の背中には明るい日の光が
当たり、追う女は暗い青緑の穴の中から手を延ばして、男を捕えようとしています。

五味清吉 「大国主命と八上姫」 1913年
藝大img214 (5)

大国主命と兄弟神は因幡の国の八上姫に会いに行き、八上姫は大国主命の求婚を
受け入れます。
五味清吉((1886-1954)は岩手県出身で、東京美術学校を首席で卒業しています。
卒業制作で、洋画ですが青木繁と同じく、日本の古代を題材にしています。

靉光 「梢のある自画像」 1944年
藝大img200 (2)

靉光(あいみつ)(1907-1946)は広島県出身で、1925年に上京し、太平洋画会研究所
(後の太平洋美術学校)に入り、やがてシュルレアリスムの画家となります。
1944年に応召し、中国を転戦しますが、終戦後帰還を前に病死しています。
応召した年の作品で、眼鏡の陰で目が描かれておらず、表情が分かりにくいですが、
枯れ木を背景にした姿は不安げです。

久保克彦 「図案対象」 5枚組のうち第3面 1942年
藝大img202 (1)

大きな作品で、墜落する戦闘機(イギリスのスピットファイア)を中心に置き、
対角線構図を使った動的な画面です。
久保克彦(1918~1944)は太平洋戦争で東京美術学校を繰上げ卒業して
学徒出陣し、中国で戦死しています。

小堀鞆音 「経政詣竹生島」 1896年
藝大img202 (2) 藝大img214 (4)

琵琶の名手、平経正が木曽義仲追討のため北陸に向かう途中、琵琶湖の竹生島に詣で、
琵琶を奏でるとその音色に感応した祭神の弁才天が白龍となって現れたという、
平家物語の一節に拠っています。
色彩もまとめられ、追討軍中にあるため、経正は鎧を着けた姿です。
小堀鞆音(こぼりともと)(1864~1931)は安田靫彦の師で、東京美術学校の教授も
努めています。
歴史画を得意とし、有職故実を学び、鎧も研究しています。
制作過程の分かる小下図も展示されています。

杉山寧 「野」 1933年 
芸img002 (1)

東京美術学校の卒業制作で、薄の繁る野原に埋れるようにして遊ぶ子供たちの情景です。
活き活きとした線描で、遠景の描写も行き届いています。
1932年に描いた「磯」や1934年の「海女」にしてもこの作品にしても、
若い時の作品は後年とは違った冴えがあります。

沼田一雅 「石膏標本」 
藝大img214 (3)

木の枝の猿が蛇に驚いた瞬間を捉えています。
沼田一雅(1873-1954)は東京美術学校で竹内久一から彫刻を学んだ後、フランスの
セーヴル陶磁器製作所で陶磁器の彫刻(陶彫)を研究し、帰国後は教授を努めています。

沼田一雅の作品は2017年にサントリー美術館で開かれた「フランス宮廷の磁器 セーヴル、
創造の300年」展にも展示されていました。

「フランス宮廷の磁器 セーヴル、 創造の300年」展の記事です。

今回の展示の見所は、柴田是真作の明治宮殿千種之間天井画下図の修復完成の
お披露目です。
明治21年(1888)に落成した皇居明治宮殿の千種之間の天井を飾るつづれ織りの原画で、
和紙をつないだ約1mの画面、112枚に図案化された植物が描かれています。
劣化していたため、2017年度の東京藝術大学クラウドファンディング事業で修復費用を
集めたものです。
明治宮殿は昭和20年(1945)5月の空襲で焼失し、天井も失われています。

藝大img214 (7)

藝大img214 (6)

藝大img214 (9)

藝大img214 (8)

藝大img214 (1)

藝大img214 (10)

日本の四季の草花が細密に描かれ、円い枠の中に巧みに収められています。


【2018/11/01 19:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |