「茶会への招待-三井家の茶道具-」展 三井記念美術館
三越前
chariot

日本橋の三井記念美術館では「茶会への招待-三井家の茶道具-」展が
開かれています。
会期は4月8日(日)までです。

三001


三井家に伝わった、茶席のほか、懐石料理の道具類も展示されています。

「寸松庵色紙」 伝紀貫之筆 平安時代 11世紀
三007

美術館の中に再現した茶室、如庵の床の間に掛けられています。

きのとものり
あまのかはあさせ
しらなみたとり
つゝわたりはてぬ
にあけそし
にける

古今集夏歌178番の歌で、紀友則の作です。

寸松庵は江戸時代初期の茶人、佐久間将監(1570~1642)が大徳寺龍光院に
建てた隠居所で、寸松庵色紙はそこで所蔵していた伝紀貫之筆の色紙です。

「南蛮縄簾水指」 17世紀
三005

胴の周りを縄目模様でおおっていて、縄文土器のような雰囲気があります。
元はベトナム北部で焼かれていた日用品で、朱印船貿易で日本にも多く
もたらされたということです。

「唐物肩衝茶入 銘 遅桜」 南宋時代 12~13世紀  大名物
室町三井009

肩衝茶入の特徴のきりっとした端正な姿をしています。
肩衝とは肩の部分が水平に張っていることをいいます。

「遅桜」の名は足利義政の命名で、同じ義政の所蔵の「初花」より遅れて
日本に渡来したことから付けられています。、
金華集の藤原盛房の歌に依っています。

  夏山の青葉まじりのおそ桜初花よりもめずらしきかな

大名物(おおめいぶつ)とは出雲の大名、松平不昧の編集した
「雲州名物帳」で最高位に選ばれた品のことです。

「瀬戸面取手茶入 佐久間面取」 江戸時代 17世紀 中興名物
三003

佐久間将監の所蔵で、肩が面取りされていることからこの名があります。
面取りによって肩衝茶入より印象が柔らかくなっています。

「玳皮盞」 江西省吉州窯 
 南宋時代 12~13世紀 中興名物

室町三井010

玳皮盞(たいひさん)とは天目茶碗の一種で、タイマイの甲羅(べっ甲)のような
模様の出ている物を言います。
見込に二羽の尾長鳥と蝶、底に梅花が描かれ、鸞天目(らんてんもく)とも呼ばれ、
見込の細かい地模様の華やかな茶碗です。
小堀遠州の所持していた品です。

中興名物とは「雲州名物帳」によって、小堀遠州好みの茶道具として
選ばれた品です。

「粉引茶碗 銘 三好粉引」 朝鮮時代 16世紀
三004

粉引茶碗は高麗茶碗の一種で、生地に白化粧をした上に釉をかけていて、
粉を吹いたような肌をしています。
釉の掛け残しの火間(ひま)がくっきりと付いています。
戦国時代の武将、三好長慶(1522-1564)が所持していたので、この名があります。

「御所丸茶碗」 朝鮮時代 17世紀
三002

御所丸とは桃山時代の朝鮮との御用貿易船のことです。
日本の茶人の注文により朝鮮で焼かれ、朝鮮貿易船で運ばれた品と思われます。
楕円形で白釉と黒釉のかかった片身替りと呼ばれる色合いになっています。
えぐるようなへらの削り跡も付いていて、個性の強い姿をしています。

「志野茶碗 銘 卯花墻」 桃山時代 16~17世紀 国宝
室町三井002

白い釉と縦横の線をを垣根に咲く卯の花に見立てています。
切り立った形で、歪みを持たせ、へらの跡も付け、桃山風の豪快な姿を
しています。
ぷつぷつと気泡の浮いた肌も鮮やかで力強さがあります。
日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、これと本阿弥光悦作の
「白楽茶碗 銘 不二山」の二つだけです。

「黒楽茶碗 銘 俊寛」 長次郎作 桃山時代 16世紀 重要文化財
室町三井004

千利休が薩摩の門人の求めで送った三つの茶碗のうち、これだけが
送り返されず、銘を頼まれたので、この名が付けられました。
平家によって俊寛ら三人が薩摩の鬼界ヶ島に流され時、他の者は赦免が
かなって帰ったのに俊寛だけ島に残された故事によるものです。
ぼさばさ髪にぼろ黒衣の俊寛の姿を想像させます。


三井家からの最近の寄贈品も展示されています。

「鳥類真写図巻」 渡辺始興筆 江戸時代 18世紀
三006

渡辺始興(1683-1755)の作で、長さ約17mの巻物にキツツキ、ヒヨドリ、カモ、
キジ、ヤマバトなど63種類の鳥の姿を細密に写生しています。
丸山応挙もこの図巻を模写しています。

「金沢文庫本白氏文集」 巻二十三、三十八 平安時代
白氏文集は唐の詩人、白居易の詩文集で、日本でも多くの写本が作られています。
そのうちの金沢文庫の旧蔵品です。

いつもながら名品揃いで、心が豊かになる展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2012/02/21 04:07】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1349-96c366a8

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |