「ラウル・デュフィ 水彩・素描展」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーAでは3月13日(火)まで、
「ラウル・デュフィ 水彩・素描展」が開かれています。

デュフィのリトグラフを中心に、水彩・素描など約30点が展示されています。

デュフィはデザイン関係の作品も多く手がけています。
ファッションデザイナーのポール・ポワレのデザインしたドレスの素描もあります。

「バラとミモザのある花束」 水彩 1930年頃
デ002

デュフィはビアンキーニ・フェリエ社とデザイナー契約を結んで、
テキスタイル画を描いています。
黒の背景がシックで華やかな、みずみずしい感覚のデザイン画です。

関連記事

【2012/03/09 05:03】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1375-ebef9f24

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |