「黒井健 絵本原画の世界~物語との出会い~」展 松屋銀座
銀座
chariot

松屋銀座では、画業40年記念、「黒井健 絵本原画の世界~物語との出会い~」展が
3月26日(月)まで開かれています。
入場料は大人1000円です。

黒井001


黒井健さん(1947~)は新潟市生まれの絵本作家、イラストレーターで、色鉛筆や
クレパスを使った柔らかな色彩の作品を描いています。
今まで制作された絵本、画集は200冊以上あり、特に新美南吉の「ごんぎつね」
「手ぶくろを買いに」などの作品で知られています。

展覧会では約150点の原画が展示されています。

「ごんぎつね」 作:新美南吉 1986年
黒井006

黒井健さんが自分の作風を確立した作品です。
ふわりとした上品で静かな色彩によって、新美南吉の世界を描き出しています。

「手ぶくろを買いに」 作:新美南吉  1988年
「ごんぎつね」で自信を得て、2年後に制作した作品で、黒井さんの代表作です。

黒井007

枯野の中で狐の親子は淡く輝いています。


黒井002

戸口から漏れる光が雪道に長く延びています。
お話の山になる場面を余韻のある情景で表しています。
「手ぶくろを買いに」は昭和8年頃に書かれているので、町のお店を描くために
戦前の建物が残っている神保町を取材したそうです。

新美南吉自筆の「ごんぎつね」の草稿や「手ぶくろを買いに」の原稿も展示され、
大滝秀治さんのナレーションの「ごんぎつね」も上映されています。

「ころわんはおにいちゃん」 作:間所ひさこ 1986年
黒井004

1985年に始まった絵本「ころわん」シリーズの第2巻です。
ちょっともっさりした子犬のころわんのお話です。

「リリアン」 作:山田太一 2006年
黒井003

山田太一さんの生まれた浅草六区を背景にした幻想的な物語です。

「ふる里へ」 2006年
黒井005

新潟中越地震の後に故郷の新潟県を訪れて描いた作品です。
同じ新潟県出身の星野知子さんの文も添えられています。

他に、あまんきみこ作「おかあさんの目」(1988)、みなみらんぼう作「月から来たうさぎ」
(1993)、杉みき子作「月夜のバス」(2002)、新井満作「この街で」(2006)、
深山さくら作「かかしのじいさん」(2009)など、いろいろの原画が展示されています。
自作の絵本「12月24日」(1994)などもあります。

テーブルにはその絵本が置いてあって自由に読むことが出来ます。
手に取って読み出すと、どんどん引き込まれて、時間の経つのを忘れてしまいそうです。

黒井健さんは、「すぐれた文章の持つ感性に感動して、その何か深い部分と対話しながら
絵を描いていることは私にとって心震える時」と述べています。
逆に黒井さんの絵によって、作品は品格のある上質なものになっています。

会場には娘さんでフェルトアーティストの凪さんの作った、可愛いころわんや
サンタクロースなども展示されています。
また、20日(火)までは原画とフェルト作品の特別販売も行われます。

山梨県の清里にある、黒井健さんの作品を展示するギャラリー、
「黒井健絵本ハウス」のHPです。


関連記事

【2012/03/18 04:17】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1385-1355b678

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |