「山口真功 油絵展」 大丸東京店
東京
chariot

大丸東京店美術画廊では、「―色彩のネオ・クラシック― 山口真功 油絵展」が
4月17日(火)まで開かれています。

山口真功さん(1960~)は熊本県出身で、透明感のある輝く色彩で風景や静物を
描いています。

この展覧会では南フランスの風景を中心に、約30点が展示されています。

「ニースの街角」 F8
山口001

動きのある筆遣いで、建物の量感と人の暮らしの懐かしさを描き出しています。

山口さんの作品はガラス絵のように透明で輝いていますが、これは薄塗りを重ねる
ことで作り出しているとのことです。

関連記事

【2012/04/13 02:51】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1412-677b9fa0

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |