『KORIN展 国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」』 根津美術館
表参道
chariot

表参道の根津美術館では特別展、『KORIN展 国宝「燕子花図」と
メトロポリタン美術館所蔵「八橋図」』が開かれています。
会期は5月20日(日)までです。

光010


毎年、この季節の恒例として展示される、「燕子花図屏風」を中心にして、
尾形光琳の作品が展示されています。
今年はニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵の「八橋図屏風」も同時に
展示されています。
「八橋図屏風」は戦後にメトロポリタン美術館に買い取られていて、2つが揃うのは
およそ100年ぶりとのことです。
本来は昨年開かれる予定でしたが、東日本大震災の影響で今年に延期されています。

この展覧会の「KORIN」の文字は、尾形光琳の署名の一部を集めて合成したものです。
光011
いかにも光琳が自分で書いたように見えてしまいます。


「十二ヶ月歌意図屏風」(右隻) 江戸時代 17世紀 個人蔵
光009

六曲一双の屏風に、それぞれの月を表す絵に和歌を添えて貼ってあります。
尾形光琳の最初期の作品とのことです。

「伊勢物語八橋図」 江戸時代 18世紀 東京国立博物館蔵
光008

伊勢物語の東下りの一節です。
三河の国の八橋というところで、かきつばたの咲いているのを見て、在原業平とされる
人物が「か き つ ば た」を詠み込んだ和歌を詠じている場面です。

  から衣 着つつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ

食事の膳を前に置いた男たちの眺めているのは、咲き乱れるかきつばたの群れでしょう。
八橋の橋板も見えます。

この場面は謡曲の「杜若」という曲にもなっています。

「白楽天図屏風」 江戸時代 18世紀 根津美術館蔵
光007

謡曲、「白楽天」を描いた作品です。
唐の詩人、白楽天が日本に渡ろうとしたところ、海上で老いた漁師(実は和歌の神、
住吉明神の化身)に出会い、和歌の力を知らされ、神風によって吹き戻されたという
お話です。
波や陸の描写も見事ですが、ともかく白楽天を乗せた船の描き方の奇抜さには驚きます。

それにしても住吉明神は白楽天を追い返したりせず、住吉の浜あたりで心ゆくまで
詩歌の交換を楽しんだ後、見送ったという話にすれば、大らかで面白い曲になった
だろうにと思います。

「燕子花図屏風」 江戸時代 18世紀 根津美術館蔵 国宝
光003

(左隻)
根4-29-2010_002
(右隻)
根4-29-2010_003

金地に日本画の代表的な顔料の群青と緑青だけを使い、みずみずしい情景を
繰り広げていて、構図にも色彩にもリズムがあります。
「八橋図屏風」と並ぶことで、この作品の特徴がより分かります。

「八橋図屏風」 江戸時代 18世紀 メトロポリタン美術館蔵
光004

(左隻)
光005
(右隻)
光006

「燕子花図屏風」の10数年後に描かれたとのことです。

たらし込みを使った八橋はとてもデザイン的に描かれ、左隻ではかきつばたとの
位置関係を無視しています。

「燕子花図屏風」と「八橋図屏風」を見比べてみると、「燕子花図」の視点の高さは
左隻と右隻で変えていますが、「八橋図」では一定しています。
また、「八橋図」では左右が八橋によってつながっているので、一つの広くて奥行きの
ある画面にみえます。
「燕子花図」では花の描き方はぶっくりしていますが、「八橋図」ではより写実的で、
すっきりしています。

「燕子花図屏風」
光002
「八橋図屏風」
光001

100年ぶりに2つの屏風の並んだ景色は素晴らしく、毎年は無理でも数年ごとには
観たいものです。


展示室5には、「きらめく螺鈿」と題して、螺鈿細工の工芸品が約40点、展示されています。

「螺鈿人物文八角合子」 南宋時代 12~13世紀
根005

机に向かって絵を描く女性、香を焚いたり、団扇を持つ侍女が螺鈿(らでん)を使って
描かれています。
八角形の枠に合わせて、欄干や机、香の台の線が揃えられています。
机の上の紙には絵も線彫りされるなど、細かい細工がされています。


展示室6は、「初夏の茶」と題して、茶道具が展示されています。

「隅田川図」 1幅 酒井抱一 江戸時代 18-19世紀
小さな軸物で、白い鳥を三羽と、遠くに筑波山を描いてあります。
白い鳥は都鳥ということです。
自筆の俳句も書かれています。

  茶の水に花の影くめわたし守


展覧会のHPです。


私の行ったときはお庭のかきつばたは満開の少し前でした。

根0042

根0045

根0048


根0051

根0037

根0031

根0025

根0028




関連記事

【2012/05/06 05:52】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1433-9ed03957

blog_name=【はろるど】 ♥   「KORIN展」 根津美術館
 
根津美術館 「特別展 KORIN展 国宝『燕子花図』とメトロポリタン美術館所蔵『八橋図』」 4/21-5/20 根津美術館で開催中の「KORIN展」のプレスプレビューに参加してきました。 震災の
【2012/06/02 21:40】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |