『今森光彦の世界 II 切り絵展「蝶」』 ノエビア銀座本社
銀座
chariot

株式会社ノエビア銀座本社ビル1階ギャラリーでは7月27日(金)まで、
『今森光彦の世界 II 切り絵展「蝶」』が開かれています。
場所は中央区銀座7-6-15です。

今森001


今森光彦さん(1954~)は滋賀県大津市出身の写真家で、現在も琵琶湖近くに住んで
里山の自然をテーマにした作品を発表しています。

今森さんはまた切り絵作家としても知られていて、展覧会では東南アジアや
南米の蝶と植物を題材にした作品13点が展示されています。

どの作品にも鮮やかさと紙の持つ柔らかさがよく表れています。
蝶は、左右対称に切ることの出来る切り絵の特質にうまく合っている題材です。

今森さんは小学校の時は毎日ハサミで虫や植物の切り絵を作っていたそうです。
里山で集めた落ち葉を見ながらハサミを使った切り絵を作っているビデオも
放映されています。

今森さんによれば、カッターは使わないそうで、ハサミは紙を持ち上げて切るので、
相手と話しながらでも作業が出来る良さがあるとのことです。
寄席の紙切りの芸でも同じことが言えると思いました。

展覧会のHPです。

関連記事

【2012/07/11 04:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1505-8af98be4

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |