「千住博 版画展」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは8月10日(金)まで、
「千住博 版画展」が開かれています。

「ウォーターホール」シリーズで有名な日本画家、千住博さん(1958~)の
エッチング、シルクスクリーン、リトグラフなどの版画作品、約50点の展示です。

千住さんのよく描く「ウォーターホール」(滝)と、奈良公園の鹿の作品が中心です。

「朝に聴く声」 シルクスクリーン
千001

紺紙金泥の経巻を思わせる色彩です。

「ウォーターホール オン リトグラフ #1」 リトグラフ
千002

抽象化された滝の姿です。

どの作品も色彩が抑えられ、シルエットのように純化されています。
千住さんの追求しているのは、「生命の神秘」、「自然の神秘」のように思えます。

関連記事

【2012/08/02 00:06】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1533-4344705d

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |