「谷口和正 油絵展」
御徒町・上野広小路
chariot

上野松坂屋の美術画廊では、8月28日(火)まで、「谷口和正 油絵展」が
開かれています。

谷口和正さん(1957~)は兵庫県出身で、信州大農学部を卒業し、
全国各地の農村風景を描いています。
素直でおだやかな写実によっていて、どれも懐かしい情景です。

「或る夏の日」 6P
谷口001

稲穂が伸びた水田の用水には水鳥も来ています。
夏の雲が湧き、稲の草いきれも感じられます。
谷口さんの作品には点景として、日傘を差した人や親子連れ、
鳥などがよく描かれています。


昨日(23日)午後、「生きる形」展の記事に写真と文章を少し追加しました。

関連記事

【2012/08/24 13:57】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1561-81c48527

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |