「ジョルジュ・ルオー  アイ・ラブ・サーカス」展予告   パナソニック汐留ミュージアム
新橋
chariot

展覧会のお知らせです。
新橋のパナソニック汐留ミュージアムでは、「ジョルジュ・ルオー 
アイ・ラブ・サーカス」展が開かれます。
会期は10月6日(土)から12月16日(日)まで、水曜日は休館日です。
入館料は一般800円です。

imagick_conv.jpeg


パナソニック汐留ミュージアムはジョルジュ・ルオー(1871-1958)の
油彩・版画作品を公開するために設立された美術館です。
約230点のルオーの作品を所蔵していて、常設コーナーでは作品の一部が
展示され、特別展もよく開かれています。

私も2011年の「ルオーと風景 パリ、自然、詩情のヴィジョン」展に
行ってきました。
「ルオーと風景」展の記事です。

今回の展覧会は、パリのルオー財団の特別協力により、初期から晩年までの
サーカスを着想源にして描いた作品が展示されます。
サーカスの道化師の中に人間存在の本質を見ていたルオーは、全作品のうち
3分の1をサーカスをテーマにして描いていたそうです。

展覧会では当時のサーカスのポスターやプログラム、新聞・雑誌の記事なども
展示されます。

期間中は「山田五郎アートトーク」「金井圭介氏によるサーカスワークショップ」
「本展監修者後藤新治氏(西南学院大学教授)によるスライドトーク」などの
イベントもあります。

詳しくは展覧会の公式サイトをご覧ください。

ルオーの描く、ステンドグラスの輝きを持つ道化師を観られるのはとても楽しみです。

ミュージアムの入っているパナソニック汐留ビルの2階には広々とした
喫茶コーナーもありますので、展覧会を観た後の一休みにも良いでしょう。

ハンス0084

関連記事

【2012/09/23 22:37】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1600-3ed95b4a

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |