「~ウィーンのベートーヴェン~斎藤民雄個展」 日本橋三越
三越前
chariot

日本橋三越本店美術特選画廊では10月2日(火)まで、
「~ウィーンのベートーヴェン~斎藤民雄個展」が開かれています。

斎藤民雄さん(1946~)は兵庫県出身で、大学卒業後ウィーンに渡り、
オーストリア国立ウィーン応用美術大学に在学しています。
以後41年間ウィーンに在住し、モーツァルトなど、ウィーンになじみの深い
音楽家ゆかりの地を描いてきました。

今回の展覧会のテーマはベートーヴェンで、約20点の作品が展示されています。
ベートーヴェンは22歳で故郷のドイツのボンを出て、亡くなるまでウィーンに
留まっています。

「パレ・ロプコヴィッツ界隈」 25号
斎藤001

斎藤さんの作品は線描も色彩もきっぱりとして明快ですが、その中に柔らか味が
あります。




関連記事

【2012/09/28 00:03】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1604-6ecb312d

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |