「石田亘・征希・知史 パート・ド・ヴェール作品展 」 銀座和光
銀座
chariot

銀座和光本館の和光ホールでは、10月9日(火)まで、「石田亘・征希・知史
パート・ド・ヴェール作品展 ─ やわらかな光・永遠に ─」が開かれています。
入場は無料です。

パート・ド・ヴェールは、砕いたガラスを鋳型に入れて窯の中で溶かす技法で、
色ガラスを使うと多彩な色の作品を作り出すことが出来ます。
古代のメソポタミアにあったとされる技法で、アール・ヌーヴォー期の
フランスで再興されています。

石田亘さん(1938~)と征希さん(1943~)夫妻はパート・ド・ヴェールの
研究を1985年から始め、現在は子息の知史さん(1972~)も加わって制作
しています。

展覧会では3人の作品、約70点が展示されています。

石田亘 合子「銀の露」
石田002

レースのように繊細で、清潔なつくりです。

石田征希 筥「せせらぎ」
石田003

青色は水の流れを思わせ、涼やかです。

石田知史 花器「夜明け」
石田004

あわあわとして惹き込まれるような色彩のグラデーションです。

3人の作品はパート・ド・ヴェールの特色を活かして、どれも柔らかく、
色彩には「和」を感じます。

10月4日(木)の午後2時から、3人によるギャラリートークがあります。

展覧会のHPです。

関連記事

【2012/10/02 00:08】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1609-3bf4090e

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |