「菅原さちよ展」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋美術画廊では10月16日(火)まで、「菅原さちよ展」が
開かれています。

菅原さちよさん(1964~)は東京出身の日本画家で、色数を抑えた
深みのある作品を描いています。

展覧会では、アンコール・ワットや西湖など水辺の風景を題材にした
作品が多く、裏彩色や裏箔が使われているのか、地の色にはしぶい
輝きがあり、幻想的な雰囲気を持っています。

「時の岸辺-Monet's garden」 六曲一隻
菅001

モネのジヴェルニーの庭を金地屏風に描いています。
墨と金泥で表し、睡蓮の赤が彩りを添えています。
手前に柳の枝が垂れているところがモネ風です。
フランスの日本庭園が日本画で描かれるという、面白い趣向の作品です。

関連記事

【2012/10/14 10:50】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1621-faaa95dd

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |