「中国絵画―住友コレクションの白眉―」 泉屋博古館分館
六本木1丁目
chariot

六本木の泉屋博古館分館では、泉屋博古館分館開館10周年記念展Part IV 特別展、
「中国絵画―住友コレクションの白眉―」が開かれています。
会期は12月16日(日)までです。
11月11日までの前期と11月14日からの後期で一部展示替えがあります。

泉屋博古館は多くの中国絵画を所蔵しており、展覧会ではそのうち、明末清初の
作品など、明清の文人や宮廷画家の作品、約60点が展示されています。


八大山人 「安晩帖」 清・康熙33年(1694) 重要文化財
八大山人(1626~1705)、本名は朱耷(しゅとう)で、明の太祖洪武帝の子孫です。
明の滅亡により逃亡した後に出家し、やがて多くの弟子を持ちますが、
清に警戒されたため還俗して故郷の南昌に戻ります。
以後は書画を売って酒を飲む生活を送っています。

「安晩帖」は20図からなる冊子で、期間中に細かく頁替えされ、すべての図を
観ることが出来ます。

「魚図」 
中国001

10月28日~10月31日の展示です。
墨に味わいのある筆で魚が一匹描かれていますが、目は上を向いていて、
にらむような白眼になっています。
白眼視の故事に拠っているともされ、滅亡した明への思いと清への反抗の
気持ちを表しているとのことです。

「叭々鳥図」
中国004

11月1日~11月3日の展示です。
叭々鳥(ははちょう)はムクドリ科の黒い鳥です。
輪郭線を使わない、没骨(もっこつ)によって描いていますが、縦横を
強調した特異な造形です。

八大山人という号の由来は分かっていません。
崩し字の署名を観ると、八大は「笑」あるいは「哭」、山人は「之」とも読め、
「哭之(これをこくす)」「笑之(これをわらう)」となって、自己の境遇への
嘆きを表したのではないかとも云われているそうです。
確かに署名は、「哭之」「笑之」のようにも読めます。

中国005



石濤 「廬山観瀑図」(部分) 清時代 重要文化財
中国002

江西省の廬山の景色で、画面の上の部分には有名な香炉峰が描かれています。
広々と大きな空間を感じる風景で、描かれている人物を通じて自分が景色の中に
いるような気分になります。

石濤(1642~1707)も明の王族の一人で、明の滅亡時に出家し、晩年は揚州で
画家として暮らし、八大山人とも交流しています。
南京に滞在していた時には、南巡中の清の康熙帝にも2度拝謁しており、
同じ明の遺民でも生き方は少し違っているようです。

呉歴 「秋景山水図巻」 (部分) 清・康熙32年(1693) 重要美術品
中国006

岩に皺を描き込む皺法(しゅんぽう)で立体感を出し、色彩も濃淡があって
華やかです。
呉歴(1632-1718)は清の正統派山水画を代表する一人で、
50歳ごろにキリスト教に入信しており、作品にも西洋画の影響が
見られるとのことです。


中国絵画をまとまって鑑賞することは中々ありませんが、この展覧会は
それが出来る良い機会です。

展覧会のHPです。


泉屋博古館分館の次回の展覧会は、新春展、「吉祥のかたち」(仮称)です。
会期は2013年1月12日(土)から2月11日(月・祝)までです。




関連記事

【2012/12/06 00:03】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(4) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • さっそくありがとうございました。中国の清代の絵画・書などたくさん見たいし、知りたいと思っています。

    【2012/12/13 11:15】 url[やまとなでしこあん #mQop/nM.] [ 編集]
  • やまとなですこあんですさん、こんばんは。
  • さすが中国絵画は日本絵画の源流だけあって、見応えがあります。
    特に八大山人の絵はとても興味深く観ました。
    国立博物館東洋館のリニューアルオープンは来年1月2日ですから、行ってみようと思っています。
    TB有難うございました。
    こちらからもTBさせていただきました。

    【2012/12/12 20:05】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 清の絵画やはりすごいですね!!東博の東洋館のオープンが待ち遠しいです。トラバよろしくお願い申し上げます。

    【2012/12/12 09:12】 url[やまとなでしこあん #mQop/nM.] [ 編集]
  • 管理人のみ閲覧できます
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます

    【2012/12/12 09:08】 url[ #] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1643-757d4d0c

    blog_name=【やまとなでしこあんです】 ♥   永観堂の入り口で・・
     
     ライトアップが5時半からだそうですが、このときは午後の入場が終了した時間でした。紅葉が真っ赤!! 野村美術館を見て、↓の泉屋博古館へ行こうと北上している途中。   
    【2012/12/12 09:04】

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |