「絵画をめぐる7つの迷宮」展 損保ジャパン東郷青児美術館
新宿
chariot

新宿の損保ジャパン東郷青児美術館では所蔵作品展、「絵画をめぐる7つの迷宮」が
開かれています。
会期は12月24日(月・祝)までです。

迷001


所蔵作品を7つのテーマに分け、それぞれの画家の探求を迷宮に見立てています。


1.妖精の迷宮

東郷青児の作品がまとめて展示されています。
同館は東郷青児の作品を約200点所蔵しています。

初期のキュビズムからシュルレアリスムを経て、妖精のような叙情的な
作風に至る過程を観ることが出来ます。
晩年には北アフリカの砂漠でしばらくテント生活をしており、
それまでとは違う荒々しい筆触の作品も描いています。
戦後、二科展を再興させて率いた指導者としての前衛的な立場と、
画家として一貫した画風を維持することの矛盾に悩んだようです。

東郷青児 「バイオレット」 1952年
迷008

東郷青児は筆触を見せないフラットな色面が特徴ですが、よく観ると
髪の毛のウエ-ブがしっかり描きこまれています。

東郷青児 「望郷」 1959年
迷002

シュルレアリスムの気分をかすかに残した夢幻的な作品です。


2.人物の迷宮

ピカソ、有島生馬、岸田劉生、藤田嗣治、相笠昌義らの人物画です。


3.風景の迷宮

有島生馬、井上覚造、新道繁らの作品です。

中川紀元 「風景」1963年
迷007

故郷の信州でしょうか、冬枯れの都市の遠望です。
勢いのある筆遣いで描いた風景の中に白いビルを浮かび上がらせています。

4.色と形の迷宮

抽象画の展示です。

堂本尚郎 「臨海:水」 1988年
迷006

下図に使っているマス目と円形の線が全面に残っていて、作品の一部に
なっています。
とても構成的な作品です。

5.描写の迷宮

野田弘志、三尾公三、森秀雄の作品です。

野田弘志 「TOKIJIKU(非時)III」 1991年
迷004

細密な写実で、動物の頭骨、分銅、ガラス瓶、ガラス玉などを描いています。
背景を広く取って、対象への求心力を高めています。
TOKIJIKUは、橘の実を表す、「ときじくのかくのこのみ(非時香菓)」から
来ているのでしょう。

6.絵画の迷宮

東郷青児、後藤よ志子、櫃田伸也、小杉小二郎の作品の展示です。

櫃田伸也 「不確かな風景」 1987年(2007年加筆)
ひ006

櫃田さんは具象を解体した作品を描いています。
同館では2011年に「櫃田伸也展―通り過ぎた風景」が開かれていました。

「櫃田伸也展―通り過ぎた風景」の記事です。


7.画家の迷宮

同館のコレクションの中心、セザンヌの「りんごとナプキン」、ゴッホの
「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」などの展示です。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「帽子の娘」 1910年
迷005

ルノワール好みの腕もたくましい豊満な女性像です。
色彩もまとまって落着いています。


∞.もうひとつの迷宮

グランマ・モーゼス、本名アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス
(1860-1961)の作品の展示です。

グランマ・モーゼス(モーゼスおばあちゃん)はニューヨーク州の農家の
生まれで、75歳になってから初めて故郷の風景や人びとをテーマにして
絵を描き始めます。
80歳で開いた個展をきっかけに人気が高まり、超有名画家となります。

同館ではグランマ・モーゼスの作品も多く所蔵していて、よく会場の最後に
何点か展示されています。

グランマ・モーゼス 「ワゥ!(止まれ!)」 1958年
迷009

迷010

雪景色の中で、止まらないソリ、止まらない馬を帽子を飛ばした人が
追いかけています。
風に揺れる木々、ソリ遊びをする子供たち、遠くの入江も描かれています。

いろいろの画家たちの試行錯誤や挑戦、探求が迷宮での探索だとすれば、
グランマ・モーゼスには一本道を迷わずに行った人のすがすがしさがあります。

展覧会のHPです。

関連記事

【2012/12/01 00:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1671-26910154

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |