「ブリヂストン美術館ナイト」
京橋・東京
chariot

京橋のブリヂストン美術館で開館60周年記念の締めくくりとして、12月2日(日)の
夜に開かれた、「ブリヂストン美術館ナイト」に応募して行ってきました。
ブロガーやTwitter、Facebookアカウントを持つ人、約100人が集まりました。

先ず、1階の講堂で島田紀夫館長のご挨拶があった後、トークイベント
「ブリヂストン美術館開館60周年を振り返って」がありました。

第一部はブリヂストン美術館学芸員の賀川恭子さんと三菱一号館美術館学芸員の
阿佐美淑子さんによる学芸員対談です。

b0128.jpg

それぞれの美術館の簡単な紹介やこの1年の展覧会の回顧、展示の苦労話、
今後の展覧会予定などを伺いました。

ブリヂストン美術館の創設者、石橋正二郎

b0094_20121203224610.jpg


三菱財閥の初代総帥、岩崎彌太郎と二代、岩崎彌之助

b0112_20121203224609.jpg


展覧会の入場者数というものは開いてみないと分からないそうです。
たしかに、三菱一号館美術館の「シャルダン展」は滅多と観られない作品の
揃った企画で、もっと評判になっても良さそうなものだと思います。

「シャルダン展」の記事はこちらです。

第二部は「アートブロガーを交えての意見交換会」で、「 6次元 」の中村邦夫さん、
「弐代目・青い日記帳」のTakさん、 「はろるど」のはろるどさんの出演です。

b0135.jpg


中村邦夫さんのブログはこちら
Takさんのブログはこちら
はろるどさんのブログはこちら

中村邦夫さんは展示場の最初に置かれている彫刻についてなど。

b0136.jpg

古代彫刻に始まり、ロダンやブールデルの近代彫刻に至り、さらにブランクーシや
ザッキンのように古代に戻ったかのように一巡した彫刻を観られるのは貴重な
展示とのこと。
「ブリヂストン美術館を10倍楽しむ法」という面白い資料も配布されました。

Takさんはコローの「イタリアの女」やセザンヌの「サント=ヴィクトワール山と
シャトー・ノワール」についてなど。

b0139.jpg

b0141.jpg

「イタリアの女」を例に、作品を写真で観るのと実際に観るのとで、印象が
異なる場合があることについて。
サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワールがともに描かれているのは
世界に1点しかなく、ブリヂストン美術館の外で展示されたことのほとんど無い、
門外不出の作品とのこと。

はろるどさんはカイユボットの「ピアノを弾く若い男」やザオ・ウーキーの
「07.06.85」についてなど。

b0144.jpg

b0146.jpg

ピアノの横に積まれている楽譜はドビュッシーの師でもあったアントワーヌ
=フランソワ・マルモンテルの教則本とのこと。
ブリヂストン美術館は現代美術も揃っているので、もっと現代美術の展覧会も
増やしてほしいとの要望。

司会の新畑学芸課長によれば、「07.06.85」は展示されている現代美術の中で
ずば抜けて人気があるそうです。

この後は、12月24日まで開かれているコレクション展、「気ままにアートめぐり
-印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」の特別内覧会と「ティールーム
ジョルジェット」での懇親会でした。

b0149.jpg


懇親会でプティ・ケーキを美味しくいただいた後、2階の展覧会を観ました。

ブリ001

展覧会のHPです。

この前、「気ままにアートめぐり-印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」展に
行った時の記事はこちらです。


カイユボットの「ピアノを弾く若い男」と、ルノワールの「すわる ジョルジェット
・シャルパンティエ嬢」が並んでいます。

b0159.jpg

新畑さんによれば、カイユボットとルノワールを並べてうまく合うか不安だったが、
ともに室内画のこともあり、よく馴染んでいるそうです。

いろいろ面白いお話、参考になるお話を聞かせていただき、ブロガーとして
良い刺激になりました。
この会を企画し、お招きいただいた皆様にお礼を申し上げます。
有難うございました。


ブリヂストン美術館の次回の展覧会はコレクション展、「印象派から抽象絵画まで 
筆あとの魅力―点・線・面」です。
会期は2013年1月8日から3月10日までです。
チラシに載っているのはパウル・クレーの「島」です。

BS001_20121203223613.jpg


三菱一号館美術館の次回の展覧会は「奇跡のクラークコレクション―ルノワールと
フランス絵画の傑作―」です。
会期は2013年2月9日から5月26日までです。
ルノワールが22点も出展されます。

クラーク001

関連記事

【2012/12/04 00:02】 美術館・博物館 | トラックバック(2) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1680-057eb956

blog_name=【はろるど】 ♥   ブリヂストン美術館ナイトが開催されました
 
今年、60周年を迎えたブリヂストン美術館を締めくくるスペシャルイベントとして企画された「ブリヂストン美術館ナイト」。 準備に2週間、告知は僅か1週間ほどしかなかったものの、
【2012/12/09 20:00】

blog_name=【弐代目・青い日記帳 】 ♥   「ブリヂストン美術館ナイト」無事終了しました。
 
ブリヂストン美術館60周年を締めくくるイベントとして開催された「ブリヂストン美術館ナイト」無事終えることが出来ました。 準備期間僅か2週間しかなかったにも関わらず、100名
【2012/12/04 23:24】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |