「弥富節子展」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋美術画廊では12月18日(火)まで、「弥富節子展」が
開かれています。

弥富節子(やとみせつこ)さん(1946~)は久留米市出身で、
国画会会員です。

人物や静物をさらりとした色彩で淡々と描いていて、作品には静かで
おだやかな雰囲気があります。
背景にはクリムトを思わせる装飾的な樹木も描かれたりしています。

展覧会では、人物の大作や花などの小品、約30点が展示されています。

「しらべ・伝わる音の譜」 30号
弥富002

若い女性が肘をついてオルゴールを聴いていますす。
水紋のような壁の模様はオルゴールからあふれてきた音に見えます。

関連記事

【2012/12/14 00:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1693-b2b9b1d7

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |