「三瀬夏之介展 空虚五度-open fifth-」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋美術画廊では12月25日(火)まで、「三瀬夏之介展 空虚五度
-open fifth-」が開かれています。

三瀬001


三瀬夏之介さん(1973~)は奈良県出身の日本画家で、現在、山形県在住です。

三瀬さんは第5回 東山魁夷記念 日経日本画大賞にも入賞し、作品は今年5月に
上野の森美術館で開かれた「日経日本画大賞展」にも展示されていました。

「第5回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」の記事です。

こちらの個展では水墨による作品を中心に約20点が展示されています。

空虚五度とは音楽用語で、三和音から真ん中の音を抜いた完全五度音程のみの
響きの和音で、第三音を欠くために長調、単調いずれの性格も持たず、
不安定であり、空虚であることを示すとのことです。

三瀬さんは昨年、山形交響楽団によるベートーヴェンの第九交響曲を聴き、
魂を揺さぶられるような感動を受け、その体験をきっかけに「空虚五度」という
題名のシリーズを描かれたそうです。

作品はどれも旧約聖書の天地創造の場面に書かれた、天地のまだ別れていない、
文字通りの混沌とした世界を描いています。
蛇がのたうつような雲気が渦巻き、星の光が点々とまたたいています。

すべてを生み出し、すべてを呑み込む混沌の宇宙です。

関連記事

【2012/12/22 00:04】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1702-ba226013

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |