牧野富太郎展 「植物学者 牧野富太郎の足跡と今」 国立科学博物館
上野
chariot

上野の国立科学博物館では、企画展、「植物学者 牧野富太郎の足跡と今」展が
開かれています。
会期は2013年3月17日(日)までです。
常設展の入館料で入場出来ます。

牧001


日本の科学者技術者展シリーズ第10回で、今年が生誕150年の植物学者、
牧野富太郎についての展示です。
展覧会では後の研究者や植物愛好家への影響についても焦点を当てています。
展示内容を解説した、ていねいなパンフレットも用意されています。

牧野富太郎(文久2:1862-昭和32:1957)は高知県佐川町出身で、
少年時代は明治初期で近代教育制度の整う前だったため、塾で学び正規の
学校教育をあまり受けないまま、植物学の研究を始めています。
そういう時代に独力で研究を進めるには余程の熱意がなければ出来なかった
だろうと思います。

牧野の業績は、植物を学術的に記録する「記載」と、植物に関する教育普及活動の
2つに大きく分けられます。

「牧野式植物図 ホテイラン」
牧002

花を別々の角度から描き、葉が1枚の植物は別の固体を使って葉の裏も描き、
花の時期、果実の時期を描き分け、部分拡大図も添えています。
このように1枚でその植物の特徴を捉えて記録したのが牧野式植物図の特徴です。
牧野富太郎は自ら精確な植物図を描くことで、数多くの新種の発見や命名に
つなげていて、生涯に学名を与えた植物は約1500種類以上になるそうです。
また、牧野の収集した標本は約40万枚あり、現在も分類が続けられています。

牧野富太郎は植物知識の一般への普及のため、全国各地の植物同好会を設立、
指導しています。
その活動は現在も引き継がれています。
牧野の撒いた種は全国に根付いている訳です。

牧野が関わった全国の植物同好会
牧004


牧野富太郎に全国から送られて来た植物
牧005

牧野に標本の同定(分類学での所属や名称を明らかにすること)を依頼してきた
もので、牧野は一つ一つていねいに答えています。

牧野富太郎は植物に関心の深かった昭和天皇から植物標本の同定の依頼を
受けています。
また、昭和23年には植物学をご進講しています。

昭和天皇の標本 ハマエンドウ(マメ科)
牧003


牧野富太郎が18~20歳頃に記した赭鞭一撻(しゃべんいったつ)という
研究の心得も紹介されています。

15か条あって、忍耐を要す、書籍の博覧を要す、当に画図を引くを学ぶべし、
博く交を同士に結ぶ可しなど、なるほどと思うことが並んでいます。

特に印象に残ったのは第15条の、造物主あるを信ずるなかれ、です。
学問の目標である真理の探究において有神論を取ることは自然の分からない部分を
神の摂理であると見て済ますことにつながり、真理への道をふさぐことになる、
と述べています。


私も夏休みの宿題でアサガオの押し花標本を作ったことを思い出しました。
あの標本作りの作業も牧野富太郎の取組んだ壮大な植物学の重要な一部でした。

展覧会のHPです。


練馬区東大泉の牧野記念庭園では企画展、「花ものがたり-植物画でひろがる
『植物記』の世界」が開かれています。
会期は2月11日(月・祝)まで、入場は無料です。

牧006


日本植物画倶楽部会員が描いた植物画を展示し、牧野富太郎の随筆「植物記」の
世界を紹介しています。

牧野富太郎は1925年以来この地に住んで、自宅の庭を植物園としていました。

牧野記念庭園のHPです。

関連記事

【2013/01/12 00:16】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1706-911606c1

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |