「インターメディアテク(東京大学のミュージアム)」 丸の内 JPタワー
東京
chariot

JPタワー学術文化総合ミュージアム、「インターメディアテク(IMT)」は
丸の内の東京中央郵便局の旧局舎跡に建てられたJPタワーの2.3階にあります。

イン003

イン002


日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働して運営を行なう
ミュージアムで、JPタワーの開業日の3月21日にオープンしました。
開館時間は午前11時から午後6時まで、5月23日からは木金は午後8時までになります。
月曜日休館、入場は無料です。

一部保存された東京中央郵便局の旧局舎の部分にあって、窓からは
東京駅丸の内駅舎も見えます。
「インターメディアテク」とは、各種の表現メディアを架橋することで
新しい文化の創造につなげる、「間メディア実験館」という意味だそうです。

東京大学の開発によるオリジナルグッズの販売も行われています。

広い展示室には東京大学の所蔵する学術標本や研究資料が常設展示されています。
昔の陳列棚や机なども使い、多数の動物の剥製や骨格標本、植物の標本、
昔の実験器具、機械などが並んでいます。

古い大きな理科室にいるような雰囲気で、モース博士や寒月君が現れそうです。

階段の壁にはマチカネワニの大きな骨格が貼り付いていたり、階段教室が復元されて
いたりと、展示のデザインも工夫されています。
明治以来、東京大学が営々と積み重ねてきた学術研究の一端を垣間見出来る、
興味深い展示です。

JPタワーにオープンした商業施設のKITTEに行かれる折には、ご覧になることを
お奨めします。
KITTEのショップや東京駅の雰囲気とはまったく違う空間です。

インターメディアテクのHPです。


JPタワーの3階から吹き抜けを見下ろしたところです。

KI0038.jpg

KI0037.jpg

関連記事

【2013/04/20 00:01】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1799-1eb3605e

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |