「御茶ノ水ソラシティ」と「ワテラス」 御茶ノ水駅周辺再開発
御茶ノ水・新御茶ノ水・淡路町
chariot

4月12日に大型複合施設の御茶ノ水ソラシティ(sola city)と
ワテラス(WATERRAS)がオープンしました。

ソラシティはJR御茶ノ水駅の聖橋口を出てすぐの所にあり、東京メトロ
千代田線新御茶ノ水駅にも地下通路で直結しています。
ソ0137

元は日立製作所の本社ビルのあった所で、オフィスと商業施設などから
構成されています。
明治時代には三菱財閥の2代目総帥、岩崎弥之助の屋敷があり、
江戸時代は旗本屋敷のあった所で、旗本の狂歌師、大田南畝も
住んでいました。
ソ0053

ソ0052

ソ0066

目の前にニコライ堂が見えます。
ソ0059

テナントは飲食店が中心です。
ソ0057

広場を囲んでお店が並んでいます。
ソ0076

ワテラスとの間には、以前にあった土蔵も復元されていて、
中に入ることも出来ます。
ソ0078

天井の梁を見上げると、建てた大工たちの名前が書かれています。
棟梁の名は鈴木源次郎です。
ソ0131


ワテラスとは連絡通路でつながっています。
ソ0077

ワテラスはソラシティに隣接していて、ワテラスタワーと
ワテラスアネックスの2棟があります。
オフィス、商業施設、マンションなどで構成されていて、
マンションの中には学生マンションも入っています。

ワテラスタワーです。
ワ0121

こちらはワテラスアネックスです。
外堀通りに面しています。
ワ0109

ワ0098

ワテラスにはスーパーマーケットも入っています。
ワ0083

ワテラスタワーとワテラスアネックスの連絡通路です。
ワ0084

通路脇にはたくさんのシャガの花が咲いていました。
ワ0089

左がワテラスタワー、右がワテラスアネックス、真中がソラシティです。
ワ0119

ワテラスの広場では、以前ここにあった淡路小学校の関係者による、
「淡路小学校を記念する会」が開かれていました。

都市はその土地の記憶を地層のように積み重ねていきながら、
変貌していきます。

入っているカフェについてはこれから書いていこうと思います。

関連記事

【2013/04/16 00:11】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • まきさん、こんばんは。
  • ソラシティは駿河台の日立のビルあった所に建っているので、ちょっと見にはあまり大きく変わっては見えませんが、ワテラスの方に行くと相当景色も変わります。
    御茶ノ水橋や聖橋から見た神田川の風景は以前のままで、今年も桜がきれいに咲いていました。

    【2013/04/16 23:11】 url[猫アリーナ(chariot) #/8nqih4Y] [ 編集]
  • お茶の水・・
  • むかし、働いているときに通っていたことがあります。もう ずっと行っていませんが・・・ビックリするほど変わったのでしょうね。
    カフェの記事も楽しみにしています。
    聖橋から見る桜と電車の摺れ違う光景・・・好きでした。

    【2013/04/16 12:43】 url[まき #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1821-eb96a1f1

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |