「幸之助と伝統工芸」展 パナソニック汐留ミュージアム
新橋
chariot

新橋のパナソニック汐留ミュージアムでは開館10周年記念特別展、
「幸之助と伝統工芸」が開かれます。
会期は8月25日(日)までです。

kounosuke.jpg

休館日は毎週水曜日で、5月28日までの前期、5月30日から7月9日までの中期、
7月11日からの後期で一部展示替えがあります。

松下電器(現パナソニック)の創業者、松下幸之助(1894-1989)は多数の
美術品を購入したり、公益社団法人日本工芸会などの団体の役員を務めるなど、
文化支援活動を続けていました。

展覧会では松下幸之助ゆかりの工芸作品計約90点を展示して、松下幸之助と
伝統文化との関わりを紹介しています。

松下幸之助は40歳過ぎてから茶に親しみ、裏千家十四代千宗室と親交を深め、
宗晃という茶名も受けています。
そして、茶道具に触れるうち、工芸品に関心を持つようになり、やがて
「日本の伝統産業はものづくりの原点である」と確信しています。

また、自分の使う茶道具は現代作家の物が多く、それは人間そのものに関心の
深かった松下幸之助が「もの」を生み出す作家に興味を持っていたことの表れ
だそうです。

第1章 素直な心 ―幸之助と茶道

幸之助と茶道の関係についての展示です。

第2章 ものづくりの心 ―幸之助と伝統工芸

収集した伝統工芸品を中心にした展示です。

石黒宗麿 「彩瓷壷 晩秋」 1959年頃 パナソニック株式会社蔵
松004

デザイン化された柿の実が並んだ面白い図柄です。

富本憲吉 「色絵柳胴紐大鉢」 1944年 パナソニック株式会社蔵
松001

ちょっと南蛮風の模様がすっきりとして華やかです。

近藤悠三 「梅染付壷」 1973年 パナソニック株式会社蔵
松002

勢い良く描かれた、絵画的な作品です。

角谷一圭 「芦鷺地文真形釜」 1961年頃 パナソニック株式会社蔵
松003

なびく芦と飛ぶ鷺が鋳出され、風を感じさせます。
茶釜の湧く音は松籟といって、松の枝葉に吹く風にたとえられます。

大場松魚 「平文南飛色紙箱」 1984年頃 パナソニック株式会社蔵
松005

梅の花が散らされ、鶴の群れが羽根を伸ばして飛ぶ様が描かれています。

他にも現代の伝統工芸を代表する、陶芸の荒川豊蔵、金重陶陽、
河井寛次郎、清水卯一、濱田庄司、藤原啓、染色の志村ふくみ、
森口華弘、漆芸の音丸耕堂、松田権六、木工の黒田辰秋、
人形の平田郷陽、堀柳女などの作品も展示されています。

松008


松下幸之助は「工芸品のようなものを松下電器も作らないといけない。
大量生産品でも工芸品のような精密、正確なものをつくらないといけない。」
とも述べています。

日本の「ものづくり」は今、大きな曲がり角に立っています。

このようなときに、松下幸之助の原点を振り返る良い機会となる展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2013/04/25 00:02】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1825-51ce9758

blog_name=【CRAFTS DESIGN】 ♥   GO ON × パナソニック 「響筒(きょうづつ)」
 
  掌で音を感じ、表情を愉しむ コンパクトスピーカーです。 「響筒(きょうづつ)」と名付けられた、この家電プロトタイプは、京都の伝統工芸後継者によるクリエイティブユニット『GO ON』と、『パナソニック株式会社アプライアンス社デザインセンター』の新たな家電のデザインを研究するプロジェクト、「Kyoto KADEN Lab.」のデザイナーが共同で開発したコンセプト・プロダクトです。 蓋の開閉に...
【2016/11/20 17:47】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |