古今集 凡河内躬恒 けふのみと
けふのみと
chariot

けふのみと春をおもはぬ時だにも立つことやすき花のかげかは

                               凡河内躬恒
                       
春はもう今日だけだと思わなくてさえ、花の咲いている所を立ち去るのは
むずかしいではないか。

古今集春歌下134番の歌で、春歌の最後に置かれています。


上野から本郷にかけての八重桜と新緑の景色です。

上野公園の奏楽堂前
ハ0086

東京国立博物館法隆寺宝物館前
ハ0178

ハ0182

東京国立博物館前の噴水
ハ0111

上野公園
ハ0118

不忍池
ハ0054

ハ0072

ハ0076

東京大学本郷キャンパスの新緑
ハ0043

赤門横
ハ0024

ハ0037


今年の春もこれで終わりかと思えば、花の下を立ち去りがたい思いがしました。


私の春の歌の記事では、今より少し季節が早いですが、「わがせこが」の記事
(こちら)の検索が一番多いようです。

関連記事

【2013/04/26 00:04】 文学 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1826-23354781

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |