「レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像」 東京都美術館
上野
chariot

上野の東京都美術館では特別展、ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像」が開かれています。
会期は6月30日(日)までです。

レ001


ミラノのアンブロジアーナ図書館・絵画館の所蔵する、レオナルド・ダ・ヴィンチ
(1452-1519)の作品やスケッチ、およびノートを編纂した、「アトランティコ手稿」
を中心にした展示です。
レオナルドの影響を受けた画家たちの作品も展示されています。

アンブロジアーナ図書館・絵画館はミラノの大司教だったフェデリコ・
ボッロメオ枢機卿によって、コレクションの公開を目的に設立されています。
アンブロジアーナとはミラノの守護聖人、聖アンブロジウスにちなむ名です。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「音楽家の肖像」 油彩・板 1485年頃
レ002

レオナルドが描いた男性の肖像というのは珍しいです。
手に楽譜を持っており、友人の音楽家がモデルではないかとされています。
レオナルドが始めたとされる、スフマートというぼかしの技法はまだ
使われておらず、くっきりとして堅固な描き方で、渦の様な巻毛が眼を惹きます。
服の部分はまだ描きかけのようで、ざっと描いたままになっています。

ロンバルディア地方のレオナルド派の画家 「貴婦人の肖像」 1490年頃
レ003

ルネッサンス特有の真横からの肖像画です。
全体的には様式的に描かれながら、表情には活き活きとした実在感があり、
宝石や真珠の輝き、金糸の刺繍なども精巧に描き出されています。
刺繍の結び目模様はレオナルドの好んだ図柄で、レオナルドのデザインした
結び目模様の版画も幾つか展示されています。

ベルナルディーノ・ルイーニ 「聖家族と洗礼者聖ヨハネ」 
 油彩、ポプラの板 1526-30年頃
 
レ004

ベルナルディーノ・ルイーニ(1480/82頃-1532)はレオナルドの影響を強く
受けた画家で、ともに仕事をしたこともあるとのことです。
この作品ではレオナルドの「聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ」をそのまま借りて、
右側に聖ヨセフを加えています。

アトランティコ手稿はレオナルドが長い期間に書きとめていたノートの一部を
まとめたもので、現存するレオナルドの手稿の1/3を占めています。
内容は数学、幾何学、動植物学、工学、軍事技術など、さまざまな範囲に
わたっています。
展覧会ではそのうち、22葉が展示されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチと弟子 「頭部の素描、作品リスト、アタランテ・
ミリオロッティの肖像に関する言及」(アトランティコ手稿) 1482-83年頃

レ006

字が右から左に書かれていることが分かります。
下の方に男性の頭部が幾つか描かれていて、一番大きいのは「音楽家の肖像」の
下絵ではないかと言われています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「永久機関のスケッチ」
(アトランティコ手稿) 1499年頃

レ005

円運動の力を利用しているのでしょうか。
レオナルドにとって永久機関はとても興味のあるテーマだったのでしょう。

展示されている手稿には、物の影、入射光と反射光、月形などの光学的、
幾何学的考察もあれば、仮設橋、星形要塞、機械仕掛けの翼なども描かれています。
湧き上がるアイデアをこの様なノートに付けている時のレオナルドは
きっと楽しかったことだろうと思います。

多くの文字は左手で鏡文字で書かれているのですが、右手で普通に書かれた
ものもあります。
父親への見舞いの手紙の下書とのことです。

2010年の暮れに日比谷公園で開かれていた、「特別展 ダ・ヴィンチ
~モナリザ25の秘密~」ではレオナルドの手稿に基いて制作された木製の
模型が展示されていました。

「特別展 ダ・ヴィンチ~モナリザ25の秘密~」の記事です。

レオナルドの手稿は彼の関心に従って広い範囲にわたっているので、スケッチ図を
観ているだけでも興味が尽きません。
1枚1枚眺めながら、天才の思考の跡をたどってみるのも楽しいことでしょう。

アトランティコ手稿は小さいので、会場が混雑すると見にくいかもしれません。


 

関連記事

【2013/05/14 00:00】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1853-902a0803

blog_name=【弐代目・青い日記帳 】 ♥   「レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像」
 
東京都美術館で開催中の 「ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵 レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像」展に行って来ました。 レオナルド・ダ・ヴィンチ展公式サイト: ...
【2013/05/16 20:48】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |