「アートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)2013」 東京駅行幸地下ギャラリー
東京
chariot

東京駅の行幸地下ギャラリーでは、「アートアワードトーキョー丸の内
(a.a.t.m.)2013」が開かれています。
会期は5月26日(日)までです。

ア0189


行幸地下ギャラリーは内堀り通りと東京駅をつなぐ200mの地下通路の両側を
ギャラリースペースとしたものです。

「アートアワードトーキョー丸の内」は若手アーティストのの発掘・育成を目的に
9人の審査員が日本の美術大学・大学院の卒業・終了制作展の中から選抜して、
ギャラリーで展示する展覧会です。
今年はゲスト審査員として松井冬子さんも参加しています。
通路を歩きながら気軽に現在のさまざまのアートを鑑賞できる、面白い企画です。

今回で7回目で、30人の作品が展示され、グランプリやその他の賞が授与されています。
観客の投票によって決定されるオーディエンス賞もあります。


謝花翔陽 「私の頭蓋/あの子の名前/月の裏側」 東京藝術大学 グランプリ
ア0173

雑多な様で、統一された空間


宮下幸菜 「地獄ごっこ」 多摩美術大学 準グランプリ
ア0130

闘争の持つ活力


伊勢周平 「灰色の玉」 東京藝術大学 天野太郎賞
ア0122


大平由香理 「歓喜する爆発」 東北芸術工科大学 佐藤直樹賞
ア0110

山のエネルギー


柄澤健介 「変わらぬ地平」 金沢美術工芸大学 木幡和枝賞
ア0182

氷った地形


郷治竜之介 「木々」 東京藝術大学 松井冬子賞
ア0137


髙畠依子 「Coordinate table」 東京藝術大学 後藤繁雄賞
ア0187


中村奈緒子 「鍾乳洞」 東京藝術大学 小山登美夫賞
ア0099


野原万里絵 「Unpredictable-working title-」 
 京都市立芸術大学 フランス大使館賞

ア0117


比果彩 「無題」 京都市立芸術大学 植松由佳賞 長谷川祐子賞
ア0159

晒され残った告知


平川恒太 「Trinitite-アッツ島玉砕」 東京藝術大学 三菱地所賞
ア0163

部分
ア0165

藤田嗣治の「アッツ島玉砕」に拠っています。


大和美緒 「周縁都市の輪郭」 京都造形芸術大学 高橋明也賞
ア0170


吉田芙希子 「Thorn Prince」 京都市立芸術大学 
 シュウ ウエムラ賞 アッシュ・ぺー・フランス賞

ア0105


谷田真美 「I'm Japanese」 金沢美術工芸大学
ア0113

染付の陶器を一度毀して、破片を固め直してあります。


今年もさまざまな作品が元気良く並びました。

昨年の「アートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)2012」の記事はこちらです。

展覧会のHPです。

関連記事

【2013/05/22 00:01】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1857-e091025d

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |