『27名の絵本作家が贈る 「絵本と挿絵の版画展」』 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、『27名の絵本作家が贈る
「絵本と挿絵の版画展」』が開かれています。
会期は6月11日(火)までです。

手001


2013年の3月から日本での巡回が始まった「手から手から展」に併せて、
同展に賛同した作家によって開かれている展覧会で、版画による絵本原画や挿絵の
販売と絵本原画の展示が行われています。

「手から手から展」は日本の絵本作家たちが、「3.11後の世界から私たちの
未来を考える」というテーマで世界に呼びかけて作品を募った展覧会で、
2012年からヨーロッパ各地を巡回しました。

「絵本と挿絵の版画展」の出展作家は以下の27名です。

石井聖岳、市居みか、今井俊、太田大輔、岡田千晶、くまあやこ、
グレゴワール・ソロタレフ、こしだミカ、こみねゆら、小林敏也、
坂田季代子、篠原晴美、タダジュン、たなか鮎子、田中清代、
早川純子、広瀬ひかり、降矢奈々、 ペテル・ウフナール、松本里美、
宮沢ゆかり、山口マオ、山田真奈未、山福朱実、レナード・ワイスガード、
渡辺美智雄、渡邊智子

小林敏也 「雨ニモマケズ」
手002

モノクロで、木版らしい味わいが出ています。

広瀬ひかり 「マルマくんかえるになる」
手003

ほのぼのとした雰囲気です。

山福朱実 「地球と宇宙のおはなし」
手004

壮大な世界が分りやすくまとまっています。

さまざまな絵柄、内容の絵本とその原画が並んでいて、それぞれの作風の
作品を楽しめる展示です。


ちひろ美術館で開かれている、「手から手へ展」のHPです。


  
関連記事

【2013/06/07 00:03】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1874-88a8e064

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |