「日本美術協会創立125年記念 有栖川宮・高松宮ゆかりの名品展」 上野の森美術館
上野
chariot

上野の森美術館では、「日本美術協会創立125年記念
有栖川宮・高松宮ゆかりの名品展」が開かれています。
会期は7月14日(日)までです。
休館日は6月17日(月)のみで、6月16日(日)までの前期と
6月18日(火)からの後期で一部展示替えがあります。

有011


上野の森美術館の母体である日本美術協会は日本の伝統芸術の保護を目的に
明治12年(1879)に龍池会として発足し、明治20年(1887)に日本美術協会と
名称を変更して現在に至っています。
初代総裁は有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王です。

第一章 有栖川宮家と明治維新

有栖川宮は江戸時代初期に創設された宮家で、9代熾仁親王は戊辰戦争では
東征大総督となって東海道を進軍し、江戸城を無血開城しています。

「錦の御旗」 江戸時代・19世紀 有栖川宮家伝来 東京国立博物館保管
東征に使用した旗で、金糸で大きな菊の御紋が刺繍されています。
「宮さん宮さん、お馬の前でヒラヒラするのはなんじゃいな」と、
トコトンヤレ節で歌われた錦の御旗です。

東征に使用した短刀、陣笠、采配、鞍・鐙も展示されています。

「五箇条御誓文 原本控」 有栖川宮幟仁(たかひと)親王 
 慶応4年(1868) 宮内庁書陵部

幟仁親王は熾仁親王の父で、書に優れ、五箇条御誓文の原本も揮毫しています。


第二章 高松宮宣仁親王と喜久子妃のあゆみ

有栖川宮家が後嗣なく断絶したため、祭祀は昭和天皇の弟宮である
高松宮宣仁親王に受け継がれています。
宣仁親王の妃は、江戸城を明け渡した徳川慶喜の孫である徳川喜久子です。

「五衣(いつつぎぬ) 唐衣(からぎぬ) 裳装束(もしょうぞく)」 
有004

昭和5年(1930) 国立歴史民族博物館
前期展示です。
ご成婚の折の装束で、紅い唐衣には徳川家の葵の紋が入っています。

「束帯(冬の料)」 昭和時代・20世紀 国立歴史民俗博物館
有001

前期展示です。
装飾用の白い角型の石を皮の帯に縫い付けた石帯も目近に見ることが出来ます。


第三章 宮家の饗宴

「ディナーセット」 クリストフル社製ほか 上野の森美術館保管
有栖川宮家の家紋の有栖川三つ寄せ横見菊の入った豪華な銀器、
磁器のセットです。

「鳩に地球儀形ボンボニエール 宣仁親王喜久子妃外遊」 
 昭和5年(1930)もしくは昭和6年 学習院大学史料館寄託

有002

ボンボニエールはボンボンの容器のことで、皇室での饗宴の折に記念品として
精巧な細工の銀のボンボニエールが列席者に配られていました。
外遊記念ということで、地球儀をあしらっています。

「複葉機形ボンボニエール」 昭和7年(1932) 学習院大学史料館寄託
有005

プロペラも付いていて、翼には菊の御紋が入っています。

「諌鼓鶏形ボンボニエール」 大正~昭和時代 学習院大学史料館寄託
有003

諌鼓とは中国の伝説上の天子の時代に天子が人民が諌めるために置かれた
太鼓のことです。
善政が布かれると誰も鳴らさないので、鶏の住処になると云われていました。


第四章 高松宮家ゆかりの品々

「内裏雛飾り」 田中弥兵衛 昭和5年(1930)以前 静岡県
有008

有010有009

喜久子妃の婚礼調度で、徳川家の葵の紋が入っています。
古式通り、男雛は向かって右、女雛は左に飾られています。

「蜜柑」 安藤緑山 上野の森美術館保管
有006

(牙彫(げちょう)と呼ばれる象牙彫刻による小さな蜜柑で、色も質感も
本物とまったく見分けが付きません。
安藤緑山(1885頃~1955)は牙彫師で、野菜や果物を得意とし、
素材に着色するという当時は異端だった技法を使っています。
安藤緑山の作品は50点ほど残っているそうですが、緑山自身の経歴は
ほとんど判っていません。


第五章 日本美術協会

日本美術協会に関係した作家たちの作品が展示されています。

「武士」 小堀鞆音 明治30年(1897) 東京藝術大学大学美術館
有007

前期展示です。
大きな掛軸で、保元の乱で活躍した源為朝を描いています。
強弓の使い手で、保元物語では平清盛の郎党の体を射抜いた矢はその後ろの
郎党の鎧の袖に刺さったとあります。
作品では保元物語の描写の通り、褐(かちん)色の直垂に大荒目の鎧を着込み、
熊皮の尻鞘をかけた太刀を帯びています。
太刀の柄は古式な毛抜形のようです。
小堀鞆音(こぼりともと)(1864~1931)は安田靫彦の師で、歴史画を
得意としています。

他に、柴田是真、高村光雲、香取秀真、板谷波山などの作品もあります。


普段は目にすることの無い、宮家ゆかりの品々を数多く観ることの出来る、
貴重で雅びな展覧会です。

展覧会のHPです。


宮内庁三の丸尚蔵館でも7月15日まで、「若梅に撫子-旧高松宮家と
伝来の品々」展が開かれています。

高012


「旧高松宮家と伝来の品々」展のHPです。

関連記事

【2013/06/11 00:09】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1880-87cc4a0c

blog_name=【弐代目・青い日記帳 】 ♥   「有栖川宮・高松宮ゆかりの名品展」
 
上野の森美術館で開催中の 「日本美術協会創立125周年 有栖川宮・高松宮ゆかりの名品」展に行って来ました。 展覧会公式サイト: http://www.ueno-mori.org/yukarinomeihin/ 宮内庁三の丸尚
【2013/06/11 21:29】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |