「東京こだわりの風景画展―文学のある街を描く」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、「東京こだわりの風景画展
―文学のある街を描く」が開かれています。
会期は8月19日(月)までです。

24人の画家たちの描く、文学にゆかりのある東京の風景画の展覧会です。
水彩、油彩、ペン画などの多数の作品が展示され、出展作家の画集も販売されています。

出展作家は以下の通りです。

青柳奈央子、大須賀一雄、大津通臣、岡本真由蘭、小川幸-治、小野誠一郎、
喜多としたか、久山一枝、小林征治、塩沢宗馬、須貝仁、杉山八郎、杉山浩一、
瀧川信介、竹内喜久江、土屋始彦、長島香織、花城康雄、檜垣友見子、日髙めぐみ、
前田麻貴那、前野節、安住孝史

樋口一葉の住んだ菊坂、森鴎外の「雁」の舞台となった無縁坂、林芙美子の
住んだ新宿区中井、武田泰淳が百合子夫人と出会った神保町のミロンガ、
池波正太郎が通った神田のまつやなど、あちこちが描かれています。
ぐるっと観て廻っていると、ちょっとした東京散歩をしている気分になります。

小川幸-治 『前・歌舞伎座(中央区銀座四丁目)/谷崎潤一郎「幼少時代」他
東001

谷崎潤一郎は日本橋蛎殻町の出身です。

喜多としたか 『木馬館(台東区浅草二丁目)/江戸川乱歩「木馬は廻る」他
東003

「木馬は廻る」は浅草の回転木馬のラッパ吹きが主人公の短編小説です。

関連記事

【2013/08/16 00:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/1951-8734af80

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |