「森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」 資生堂ギャラリー
銀座
chariot

銀座の資生堂ギャラリーでは「森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」が
開かれています。
会期は12月25日(水)までです。
月曜日は休館で、月曜が祝日の場合も休館です。

森村泰昌さん(1951~)は自分の身体を使って有名な絵画や有名人の自画像を
再現しています。

この展覧会ではベラスケスの代表作、「ラス・メニーナス(女官たち)」を題材にして、
「全8幕の一人芝居」という新しい物語を構成しています。

序章 ベラスケス頌:選ばれし幽閉者
森0760

森村さんが各登場人物に扮して、「ラス・メニーナス」の中に納まっています。

第1幕 ベラスケスの棺に跪く
森0704

実際にプラド美術館のベラスケスの間で撮影されています。

第2幕 静寂のなかに小さな揺らぎを見つける
森0705

森村さんが「ラス・メニーナス」の前に立っています。

第3幕 絵の深奥の扉を開ける
森0708

絵の中からベラスケスが抜け出してきて、何か描き始めます。

第4幕 画家の背中越しに秘密の光景を覗く
森0716

絵の中の登場人物たちが、絵とは反転して並んで、「ラス・メニーナス」を見ています。
絵の中のベラスケスは森村さんの自画像に入れ替わっています。
ベラスケスは絵筆を左手に持って森村さんが扮したマルガリータ王女を
描いています。

第5幕 遠くの光に導かれ闇に目覚めよ
森0720

階段の人物を除いた全員が出てきて、並んでいます。
額の中には「ラス・メニーナス」の一部と、人物たちの居なくなった
「ラス・メニーナス」が見えます。

第6幕 王国の絵画 絵画の王国
森0723

フェリペ4世夫妻が自分たちの肖像画から出てきて、森村さんの描いた
「ラス・メニーナス」を見ています。
実際の「ラス・メニーナス」の中の鏡にはフェリペ4世とマリアナ王妃夫妻の姿が
映っていて、ベラスケスは夫妻の肖像画を描いているように見えます。
夫妻の位置は「ラス・メニーナス」の鏡に映った夫妻 の位置に合っています。

第7幕 本当は何も起こらなかった
森0726

絵は森村さんの「ラス・メニーナス」に入れ替わっています。

第8幕 そしてだれもいなくなった
森0712

ベラスケスの間の絵に描かれていた人物は誰もいなくなりました。


絵画の国に住む(国王)
森0730

フェリペ4世は背の高い人だったので、人形を作って森村さんはその後ろから
顔を出しています。

絵画の国に住む(王妃)
森0733

特大のウイッグは重いので、テグスで吊ってあります。

絵画の国に住む(跪く侍女)
森0735

お盆に載った赤いカップが割れています。

絵画の国に住む(王女)
森0738

絵の中の中心人物、マルガリータ王女です。
森村さんは身を屈めて、衣装の後ろから顔を出しています。

絵画の国に住む(傾く侍女)
森0740

登場人物の衣装は「ラス・メニーナス」からだけではよく分からないので、
いろいろな資料を調べたそうです。

絵画の国に住む(すべてを知る人)
森0742

小人のマリア・バルボラです。

絵画の国に住む(本を踏むニコラシーリョ)
森0744

絵の中では犬に足を掛けています。

絵画の国に住む(画家)
森0748

ベラスケスの自画像に扮した森村さんは本人によく似ています。

会場では王女とマリア・バルボラの人形が作品を眺めています。

森0758


「ラス・メニーナス」は画家の想像力を刺激する作品で、9月29日まで
東京都美術館で開かれていた「福田美蘭展」でもこれに想を得た絵が
展示されていました。

参考 福田美蘭 作
「侍女ドーニャ・マリア・アウグスティーナから見た王女マルガリータ、
   ドーニャ・イサベル・ベラスコ、婦人マリア・バルボラ、矮人ニコラシート
   ・ベルトゥサートと犬」 パネルにアクリル絵具 1992年

福0160


作品の制作過程をiPadで見ることも出来て、大勢でいろいろ工夫している様子が
分かります。
ベラスケスが胸に着けているサンティアゴ騎士団の赤い印は森村さんが
自分で作っていました。

一人芝居はとても複雑で凝った仕掛けの構成で、観ていて場面を把握するのに
苦労しました。
「ラス・メニーナス」の魅力について更に理解を深めることの出来る、
とても面白い展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2013/12/07 22:34】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2008-60fa433f

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |