「横山大観展 良き師、良き友」 横浜美術館 その2
みなとみらい
chariot

横浜美術館では、「横山大観展 良き師、良き友」が
開かれています。
会期は11月24日(日)までで、休館日は木曜日です。
期間中、かなりの展示替があります。

大001

10月5日に夜間特別観覧会が開かれたので行ってきました。

横山大観と、その師の岡倉天心、友であった今村紫紅、小杉未醒、小川芋銭、
冨田渓仙との交流に焦点を当てた展覧会です。

横山大観については、「横山大観展」その1に書きましたので、大観の友であった
画家たちについて書きます。


今村紫紅(1880-1916)は大観とともに日本美術院の再興に尽くし、
日本画の革新を目指して、速水御舟など多くの後進に刺激を与えますが、
35歳で夭折しています。

今村紫紅は五浦で岡倉天心に会った時、好きな古人の画家として、
当時は有名では無かった宗達の名を挙げています。

今村紫紅 「熱国之巻」 1914 東京国立博物館 重要文化財
大0255

会期中、場面替があります。
インド旅行で見た南国の風景を絵巻に仕立てています。
今村紫紅の代表作で、大胆な構図と目の覚めるような明るい色彩の
魅力的な作品です。

インドや南国の地が大観や紫紅など当時の画家の想像力を掻き立てる
場だったことが分かります。


小杉未醒(放庵、放菴 1881-1964)は洋画家で、後に東洋画に傾倒し、
日本画を描いています。

小杉未醒と横山大観の出会いは、ある集まりの席で放菴が初対面で年長の
横山大観に喧嘩腰で議論を吹きかけ、かえって気に入られたことだそうです。
その時、大観の弟子の安田靫彦たちは憤激したものの、体が大きく、
腕力もありそうな未醒に恐れをなして、手を出せなかったと云います。
日本美術院洋画部の設立に参加し、洋画部が分かれた後も大観と長く
交流を続けています。

小杉未醒 「列仙屏風」 1915 小杉放菴記念日光美術館
大0372

大m0375

右隻は唐の裴航(はいこう)が月の兎に助けられながら百日間、
仙薬を搗き続けるという課題をやり遂げたので、美女との結婚が叶い、
仙人になったという話です。

左隻は晋の仙人の黄初平が石を羊に変えたという話です。

横山大観・下村観山・今村紫紅・小杉未醒合作 
「東海道五十三次絵巻 第5巻、第7巻」 1915 東京国立博物館

大0267

会期中場面替があります。
展示されているのは横山大観の池鯉鮒(ちりゅう)・桶狭間の場面です。

再興した日本美術院の資金集めのため、東海道を馬車や人力車で下って、
道中の景色を絵巻物に仕立てようという企画です。
四人は泊まる宿ごとに大酒を呑んでどんちゃん騒ぎという羽目の外しようで、
新聞でも弥次喜多四人組の珍道中として評判になったそうです。
今では考えられない、のどかな時代の話です。 


小川芋銭(1868-1938)は牛久沼の畔で農業をしながら、おもに水墨画を
描いています。
芋銭の号も、絵を描いて芋を買うほどの銭を得るという意味です。

小川芋銭 「肉案」 1917 茨城県近代美術館
大0389

「良い肉が欲しい」と言う客に肉屋が「うちの肉はみな良い肉だ」と答えるのを
聞いた僧の盤山が、「一如平等」を悟ったという話で、肉屋が猪の頭を掲げて
天下に叫んでいます。
この絵が横山大観に認められて、芋銭は日本美術院に迎えられています。

大観は芋銭が良い墨を得られずに困っていると聞いたときは、自分の高価な墨を
折って贈ったそうです。

小川芋銭 「水魅戯(すいみたわむる)」 1923 茨城県近代美術館
大0302

小川芋銭は山や水の精霊、妖怪(水魅山妖)を好んで題材にしています。

小川芋銭 「河童」 1920年代 横山大観記念館
大0367

10月16日までの展示です。
北宋の詩人、蘇軾の詩が書いてあります。

  望湖楼下水如天

  望湖楼の下の西湖は天のように青い

河童は天を泳いでいるようです。

小杉未醒は小川芋銭と交流があり、後に芋銭を偲んだ歌を詠んでいます。

  里川にあそぶ子ともらあのなかに芋銭が河童まじり居らずや


冨田渓仙(1879-1936)は自由で奔放な作風で知られ、大観に認められて
日本美術院同人になっています。

冨田渓仙 「祇園夜桜」 1921 横山大観記念館
大0261

篝火に夜桜が浮かび上がる幻想的な情景です。
大観はこの絵を愛して、終生手許に置いています。
大観の「夜桜」も、この作品に想を得たものだということです。

冨田渓仙 「紙漉き」 1928 東京国立近代美術館
大0351

大0357


10月30日までの展示です。
紙漉きの情景で、庭先には赤と白の椿が咲き、水桶には青い水が溢れ、
石臼の上では白い兎が遊んでいます。
桃山風俗画のような明るく伸びやかな作品で、近代美術館で初めて観たとき、
冨田渓仙とは何と素敵な絵を描く人だろうと感心したものです。


会場には山口晃さんの描いた天心、大観ら6人の肖像画も展示されています。

大観001

岡倉天心は自分の制定した奈良朝の官人風の東京美術学校の制服を着て
嘯いています。

横山大観は五浦の日本美術院時代の写真を元にした、目を剥いて作画に
取組んでいる姿です。

今村紫紅は酒好きだったので、赤い顔で傲然としています。


大観002

小杉未醒は岩を好んでいたので、岩の上に座っています。

小川芋銭は奥さんが来たことを知らせる河童と一緒に描かれています。
芋銭は牛久沼の畔で河童たちと暮らしていました。

冨田渓仙は絵の雰囲気と違って、難しそうな表情をしています。


横浜美術館の次の展覧会は、「生誕140年記念 下村観山展」です。
会期は12月7日(土)から2014年2月11日(火・祝)までです。

関連記事

【2013/10/11 00:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2012-3b2faf5c

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |