「小林古径生誕130年記念 古径と土牛」展 その2 山種美術館
恵比寿
chariot

広尾の山種美術館では、小林古径生誕130年記念特別展、「古径と土牛」展が
開かれています。
会期は12月23日(月・祝)までです。
11月24日までの前期と26日からの後期で一部展示替えがあります。

古径005


山種美術館の所蔵品を中心に、小林古径の作品50点近くと、梶田半古の塾で
古径の弟弟子だった奥村土牛の作品を併せて展示する展覧会です。

11月2日には「弐代目・青い日記帳」のTakさんと山種美術館の企画による
ブロガー内覧会がありましたので、行ってきました。

「第1章 小林古径」については、古径と土牛」展 その1に書きましたので、
「第2章 古径と土牛」について書きます。

第2章 古径と土牛

奥村土牛(1889~1990)は東京の京橋生まれで、1905年に16歳で梶田半古の
塾に入り、半古の亡くなった後は塾頭の小林古径の指導を受けています。

奥村土牛「雨趣」 1928年
土0068

展示されている中で、一番早い時期の作品です。
院展出品作で、麻布谷町(今の六本木1丁目)の雨の日の眺めです。
雨が細かく一本一本描かれていて、院展では、ここまで雨を細かく描くことは
ないだろうと批評されています。
色数を抑えてじっくり描くという画風は、この頃にはすでに見られます。

奥村土牛 「舞妓」 1954年
土0173

奥村土牛が面を強調した絵を描くようになる前の作品です。
土牛らしい簡潔な線と構図による、美人画とは違った、端正な姿です。
黒振袖の裾模様は、金泥で俵屋宗達風の鶴、帯の模様も金泥の笹です。
口紅、かんざし、帯揚げの赤がアクセントになっています。
おちょぼ口と、やや上目遣いの目が表情を初々しく見せています。

奥村土牛 「城」 1955年
土0072

姫路城の天守閣を下から見上げた構図で、画面の下側に大きく白壁の面を取り、
その上に屋根の構造物の重なりを黒く太い線で積み上げて描いています。
対象を図形として捉え、画面を大胆に分割するという作風を60歳過ぎて
確立しています。

奥村土牛 「鳴門」 1959年
土0101

遠くの島影に黄土色が少し使われている他は、緑青の緑と胡粉の白のみで
構成されています。
塗り重ねによる堅牢な画面造りは、奥村土牛の特徴です。
連絡船に乗っていて、たまたま渦潮に出会い、当時の小さな船の上から、
奥さんに帯を掴んでもらって渦潮を覗き込んで写生したということです。

小林古径 「蓮」 1932年
土0056

時計回りに、つぼみから咲き始め、満開の花を並べる、伝統的な構図に
拠っているそうです。

奥村土牛 「蓮」 1961年
土0054

展覧会場を意識した大きな画面で、花も順番通りではありません。
制作年代の違いが表れています。

小林古径 「猫」 1946年
土0158

エジプト彫刻を参考にしているとのことで、くっきりとした線で描いた
端然とした猫です。
永青文庫の所蔵する、重要文化財の「髪」もエジプト美術を取り入れています。

奥村土牛「シャム猫」 1974年
土0161

耳の尖った、やんちゃそうな猫です。
線を使わない、鋭い造形です。

小林古径 「狗」 1949年頃 個人蔵
土0165

俵屋宗達風にたらし込みを使っています。

奥村土牛「戌」 1982年
土0167

ちょっと狸のような個性的な犬です。

小林古径 「鉢花」 1953年
土0201

11月24日までの展示です。
古径はよく陶磁器を描いています。
染付は古径の人柄にふさわしい焼物に思えます。

奥村土牛「水蓮」 1955年
土0203

11月24日までの展示です。
蓮と魚を描いた鉢に水蓮が浮かんでいます。

小林古径 「菖蒲」 1952年
土0063

最後の院展出品作です。
菖蒲の勢いを強調するためか、花瓶は小さめに描かれています。

小林古径 「観音」 1940年 霊友会妙一記念館
土0197

横向きという珍しい構図ですが光背はこちらを向いています。
十一面観音は紅い蓮を活けた花瓶を持ちますが、この像では満開の花を
手にしています。
古径は絵具をあまり混ぜずに描くということで、色彩が鮮やかなのも特徴です。
霊友会所蔵で観る機会のあまり無い作品です。

奥村土牛 「浄心」 1957年
土0099

中尊寺の一字金輪座像です。
秘仏ですが、特別に許可を得て、拝観と写生を繰り返しています。
仏画らしい、緊張感のある線描を使っていますが、若い女性もモデルにしていて、
お顔に生きた表情が浮かんでいます。
小林古径の亡くなった年に師を偲んで描いた作品で、自身の「心の奥にある仏像」を
描こうとしたとのことです。
土牛は薄く溶いた胡粉を何度も塗り重ねるので、重厚な色彩になります。

奥村土牛は小林古径が亡くなったことについて、「先生ほどの高潔な人がこの世に
何人いるだろうかと思い、私は悲しくてならなかった。」と追懐しています。

土0051


奥村土牛 「醍醐」 1972年
土0104

奈良の薬師寺で行なわれた、小林古径の七回忌の法要の帰りに見た、
醍醐寺三宝院の枝垂桜に感激し、その後10年越しで完成させた作品です。
この作品も、静かに咲いて静かに散る桜の姿と、亡き小林古径の姿を
重ね合わせて描いたとのことです。
縦線と横線を基本にして、画面上を桜で埋め尽くし、土塀の連なりで
奥行きを見せています。
花弁の重なりは濃く薄く描かれて、立体感があり、塗りを重ねた幹の色は
桜の経てきた年月を感じさせます。


山種美術館の所蔵する小林古径の作品のほとんどが展示され、古径と土牛の
共通点と違いも確認できる、とても興味深い展覧会です。

館内の「カフェ椿」の特製和菓子もいただきました。
展示されている作品にちなんだ5種類が用意されています。

土0151


こちらは奥村土牛の「鳴門」にちなんでいます。
姿と云い、味と云い、結構なお菓子です。

土0155


山種美術館のHPです。


山種美術館の次回の展覧会は特別展、「Kawaii(かわいい)日本美術
-若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで」です。
会期は2014年1月3日(金)から3月2日(日)までです。

関連記事

【2013/11/06 23:09】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2043-050a70bb

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |