「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」 根津美術館
表参道
chariot

表参道の根津美術館では特別展、「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」が
開かれています。
会期は12月15日(日)までです。
一部、展示替えがあります。

井006


16世紀に朝鮮半島で生活雑器として焼かれた器は日本に渡来して、
高麗茶碗として茶人に愛好されます。
その一つが井戸茶碗で、素朴な姿が戦国武将に好まれたということです。

井戸のように深い茶碗という意味のようで、枇杷色と呼ばれる色の釉、高い高台、
高台辺りの梅花皮(かいらぎ)と呼ばれる釉薬の縮れなどが特徴です。

展覧会では井戸茶碗約70点が展示されています。

「大井戸茶碗 銘 喜左衛門」 朝鮮時代 16世紀 大徳寺孤篷庵 国宝
井002

井戸茶碗として唯一、国宝に指定されています。
大井戸茶碗は井戸茶碗の中でも大振りのものを云います。
元は大坂の町人、竹田喜左衛門の所持で、後に本多忠義に渡ったので、
本多井戸とも呼ばれています。
松平不昧の所持となり、その死後に夫人により大徳寺孤篷庵に寄進されています。
高台の力強さが眼を惹きます。
孤篷庵は小堀遠州の建てた庵で、火災による焼失後、小堀遠州を崇敬する
松平不昧によって再建されています。

「大井戸茶碗 銘 細川」 朝鮮時代 16世紀 畠山記念館
井003

細川三斎(忠興)が所持し、後に松平不昧の所持となっています。
かなり大きな茶碗で、梅花皮がびっしりと付いています。
ろくろ目がていねいで、すっきりと静かな印象です。

「青井戸茶碗 銘 柴田」 朝鮮時代 16世紀 根津美術館 重要文化財
井004

青井戸茶碗は釉が青色がかったものを云いますが、実際には青色に限らず、
色に変化があります。
織田信長から柴田勝家が拝領したとされることから、この名があります。
胴が真直ぐにすぼまり、強くろくろ目の出ている、くっきりした姿で、
上の方がやや青みがかっていて、全体に明るい印象の茶碗です。
賤ヶ岳の戦いに敗れた柴田勝家は北ノ庄城の天守閣に火を掛けて自害して
いますが、この茶碗はどのようにして伝わったのでしょうか。

「小井戸茶碗 銘 忘水(わすれみず)」 朝鮮時代 16世紀 根津美術館
井005

12月1日までの展示です。
小井戸茶碗は小振りの井戸茶碗のことを云います。
小堀遠州の所持していた茶碗で、忘水とは野を人知れず細々と流れる
水のことです。
文字通り小さく、可愛い姿をしています。

井戸茶碗は、およその姿、色は似ていますが、70個ほども並ぶと壮観で、
それぞれに個性があり、違いを見比べると楽しいものがあります。
銘も、慈照寺、細川、毛利など伝来に因むもの、わか草、朝かほ、幾秋など
風雅なものと、さまざまです。

それにしても、生活雑器を茶器に見立て、珍重するという日本人の美意識は
不思議なものです。


展示室6のテーマは仲冬の茶の湯です。
仲冬とは陰暦十一月のことで、冬の三か月の真ん中の月という意味です。
風炉をやめて炉を開き、新茶を点てることから、茶人の正月と呼ばれています。
季節の茶道具20点ほどが展示されています。

「鶉図」 伝 李安忠 南宋時代 12-13世紀 根津美術館 国宝
井007

井008

ウズラの歩くところが細密に描かれています。
右脚を上げている瞬間が捉えられていて、眼は鋭く、張りのある姿です。
赤い実を付けているのはクコの木ということで、木の葉の虫食いまで
描かれています。
ウズラの右上に6代将軍足利義教の所蔵を示す印が捺されています。
展示室で観てもよく分かりませんが、画像を拡大するとかすかに
見えます。

展覧会のHPです。


根津美術館の前にはクロガネモチが赤い実を付けていました。

根津0246


次回の展覧会はコレクション展、「和歌を愛でる」です。
会期は2014年1月9日(木)~2月16日(日)です。

和001

関連記事

【2013/11/14 23:09】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2045-e9d11fc8

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |