東京国立博物館の本館展示
上野
chariot

東京国立博物館本館の平常展に行ってきました。
本館の展示にはこの季節に合わせた作品が幾つかあります。

「観楓図屏風」 狩野秀頼 室町~安土桃山時代・16世紀 国宝
紅0955

国宝室に展示されていて、12月8日(日)までの展示です。
紅葉の名所、高尾の紅葉狩の情景を大らかに描いていて、
近世初期風俗画の代表作とされています。



神護寺が描かれています。
紅IMG_0960

女たちが集い、茶売りの茶を飲んでいる者もいます。
紅IMG_0956



雁の群れが飛び立っています。
紅IMG_0964

清滝川に架かる橋の上で二人の男が笛を吹いています。
紅IMG_0957



雪をいただいた愛宕神社と舞い降りる白鷺です。
紅IMG_0962

男たちが鼓を打ち、踊っています。
紅IMG_0958

狩野秀頼は生没年未詳で、狩野元信の次男、またはその子とされています。

「染付菊籬大皿」 伊万里 江戸時代・18世紀
紅IMG_0941

「色絵秋草文扇形皿」 京焼 江戸時代・18世紀
紅IMG_0970

京焼らしい上品な絵柄です。

「菊桐紋散糸巻太刀」 江戸時代・18世紀
紅IMG_0950

紅IMG_0953

徳川吉宗から桜町天皇への献上品です。

「菊折枝据文鞍鐙」 江戸時代・19世紀
紅IMG_0947

「小袖 白綾地秋草模様」 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀
紅IMG_0974

江戸に身を寄せた光琳の最初の寄宿先、冬木家の奥方のために
描いたものとされる、贅沢な小袖です。

「小袖 白綸子地枝垂楓笠模様」
紅IMG_0978

古今和歌集の壬生忠岑の歌を題材にしていると思われます。

  雨降れば笠取山のもみじばは行きかふ人の袖さへぞ照る


表慶館前の銀杏の黄葉です。
紅IMG_0934

関連記事

【2013/12/01 22:40】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2073-fc5cc307

blog_name=【Star Prince JUGEM】 ♥   トーハク 東京国立博物館 平常展展示の狩野派など
 
東京国立博物館本館の平常展に行ってきました。本館の展示にはこの季節に合わせた作品がいくつかありますが、国宝の交代での展示が「観楓図屏風」 狩野秀頼 室町〜安土桃山時代・16世紀 でした。国宝室に展示されていて、12月8日(日)まで秋の庭園開放も12月8日(日)までで、九条館の狩野派による楼閣山水図も見ました。庭園解放は春・秋の年2回。東洋館の期間限定展示も見てから、東洋館別棟1階 ホテルオー...
【2013/12/03 21:14】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |