「滝上優 展-やどりぎ-」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋美術画廊Xでは「滝上優 展-やどりぎ-」が開かれています。
会期は2014年1月6日(月)までです。

滝上優さん(1974~)は長野県出身の彫刻家で、木彫に取り組んでいます。

「スーパーナチュラル」 樟 2013年
滝001

くっきりと年輪を見せた像で、長い髪が床まで伸びて体を立たせています。
元の木はどんな姿だっただろうかと想像します。

「少女時代 #1」 松 2011年
滝002

生命力を感じる赤い色の松を使い、髪が首に巻き付いて像を支えています。

「器官学」 木、パラフィン、塗料、MDF材 2013年
滝003

彩色した小品で、箱の中で一輪車に乗っているのは三半規管です。

「蝸牛泥棒」 樟、桂、鉄、石粉粘土 2013年
滝004

小品で、一輪車に乗っている2人の台の下にはカタツムリの殻が敷いてあります。
後ろの少女の顔は骸骨になっていて、死の影が附いてくるようです。

関連記事

【2013/12/25 22:15】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2086-e1f0942f

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |