「博物館に初もうで」 東京国立博物館 2014/1
上野
chariot

上野の東京国立博物館で開かれている新年恒例の「博物館に初もうで」に
今年も行ってきました。
会期は1月26日(日)までです。

東001


本館正面階段の活花は、今年は真生流家元、山根由美さんです。

は0134


「松林図屏風」 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀 国宝
左隻
等2-28-2010_003

右隻
等2-28-2010_002

国宝室に1月26日(日)まで展示されています。


「袱紗 紺繻子地鯛模様」 江戸時代・18~19世紀
は0177

チラシに載っている鯛です。


「夜着 萌黄縮緬地松竹梅鶴亀模様」 江戸時代・19世紀
は0190

目出度尽くしの夜着です。

お正月ということで、一富士二鷹三茄子を探してみました。

「白糸威富士山形兜」 江戸時代・17世紀
は0158

「自在置物 鷹」 明珍清春作 江戸時代・18~19世紀
は0179

羽根や首を自在に動かすことが出来ます。

「三彩瓜文平鉢」 長次郎 安土桃山時代・16世紀
は0187

茄子の代わりに瓜を見付けました。

本館特別1室・特別2室では午年にちなんで、1月26日(日)まで馬を表した
作品や馬具が展示されています。

「神仙車馬画像鏡」 奈良県河合町佐味田字加明・貝吹 佐味田宝塚古墳出土 
古墳時代・4~5世紀(中国製・2~3世紀) 重要文化財

は0265

は0268

神仙思想による絵柄で、神人や馬車が鋳出されています。

「三彩馬」 唐時代・8世紀
は0278

唐三彩は墓の副葬品で、この馬も故人の愛馬を模したものと思われます。

「埴輪 馬」 群馬県大泉町出土 古墳時代・6世紀
は0260

馬具も取付けられています。

「輪鐙」 熊本県和水町 江田船山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 国宝 
は0264

「舌長鐙」 鎌倉時代・13世紀
は0220

足を乗せる部分を舌といいます。
鎌倉時代らしく、簡素なつくりです。

「獅子螺鈿鞍」 平安~鎌倉時代・12~13世紀 重要文化財
は0222
 
沃懸地に螺鈿で獅子をあしらっていて、平安後期から鎌倉期にかけて流行した
沃懸地螺鈿の典型とのことです。

「芦穂蒔絵鞍鐙」 安土桃山時代・16世紀 重要文化財 
は0226

豊臣秀吉所用とされ、高蒔絵が施された豪華な鞍鐙です。

「十二神将立像 午神」 鎌倉時代・12~13世紀 
 神奈川・曹源寺蔵 重要文化財

は0280

は0282

日本で十二神将の標識として十二支を使うようになったのは11世紀頃から
とのことです。
曹源寺のある一帯を支配していた三浦氏が運慶周辺の工房に造らせた像で、
12躯揃っています。
 
「厩図屏風」 室町時代・16世紀 重要文化財 
左隻
は0240

右隻(部分)
は0241

厩には6頭の馬がつながれ、その前で碁や将棋に興じる人がいて、
外には松や桜、鶴などが描かれています。

「牧馬図屏風」 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀 重要文化財
左隻
は0248

は0251

右隻
は0246

は0247

調馬図や厩図といった画題では馬を強調して描くことが多いのに対し、
この屏風で長谷川等伯は松などをていねいに描いて花鳥図の要素を
盛り込んでいるそうです。

「伝名和長年像」 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀 重要文化財 
は0215

南北朝の武将、名和長年の像とされてきましたが、近年は能登畠山氏に
関係する人物か、能登熊木城主の馬術家で大坪流中興の祖とされる斎藤好玄
(1500-1572)と考えられています。
長谷川等伯は能登出身です。

「東海道五十三次之内・宮 熱田神事」 歌川広重筆 江戸時代・19世紀
は0236

御馬塔(おまんと)と呼ばれる、尾張、西三河に伝わる、神馬を奉納する
勇壮な行事を描いています。

古来からの人と馬のつながりの深さを見せてくれる展示です。

本館前では江戸の遊芸、林家二楽さんの紙切りが演じられていました。
ドラえもんが出来上がったところです。

は0293


東京国立博物館のHPの「博物館に初もうで」のページです。

関連記事

【2014/01/03 20:30】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(4) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • まっきいさん、こんばんは。
  • お正月はお忙しかったのですね。
    東博の初詣は人気がありますが、それでも神社ほどは混まないので、ゆっくり鑑賞できます。
    等伯の松林図も1月26日まで展示されています。
    Bunkamuraでシャヴァンヌ展が始まったので、今日早速行ってきました。

    【2014/01/04 19:15】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 初詣
  • お正月は 来客も有り、ちょっとつかれてしまい初詣に行っていません。

    わたしの初詣は トーハクで、等伯を見たほうがよさそうです。(^O^)

    素晴らしい美術品がいっぱいで、眼福ですね。

    今年もいろいろ素敵な美術展やお店を紹介してくださいね。

    【2014/01/04 16:04】 url[まっきい #-] [ 編集]
  • こんにちは。
  • 松林図屏風は人気が高く、この絵の前には大勢の来館者が集まっていました。
    松だけが浮き上がるように描かれ、大きな空間が残っているので、観る人それぞれが自分の世界を想像できるのでしょうね。
    観ていると画面の中に引き込まれるような感じがします。

    【2014/01/04 09:38】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 霧の向う側
  •  こんにちは。
     松林図屏風が幽玄で良い感じですな。奥に行けば行くほど霞がかかっていて、朝霧に包まれた浜辺の様です。霧の向うで誰かが呼んでいて、遠浅の水面を走って行く。そして二度と戻れない、そんな気持ちになってきます。

    【2014/01/04 08:14】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2108-1295696a

    blog_name=【Star Prince JUGEM】 ♥   博物館に初もうで@トーハク
     
     等伯を見に博物館に初もうで@トーハクへ。国宝が期間展示され、また重文級も期間展示され午年にちなんだ展示もありGOODでした。松林図屏風よかったです。1月26日まで
    【2014/01/11 18:50】

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |