「大浮世絵展」 江戸東京博物館
両国
chariot

両国の江戸東京博物館では「大浮世絵展」が開かれています。
会期は3月2日(日)までです。
その後、名古屋市立博物館、山口県立美術館に巡回します。

浮001


国際浮世絵学会創立50周年記念、江戸東京博物館開館20周年記念特別展
ということで、国内・海外から約440点の浮世絵を集めて展示するものです。
東京展では7回の展示替があり、各期間は約340点ずつの展示です。

浮世絵前夜の風俗画、初期肉筆浮世絵から、春信、歌麿、写楽、北斎、広重、
国芳、巴水まで、浮世絵の代表作を網羅した、まさに「浮世絵の教科書」の
ような展覧会です。

山口会場には国宝の松浦屏風も展示されます。

「風俗図屏風(彦根屏風)」 寛永年間(1624~44)彦根城博物館 国宝
浮006

1月14日までの展示でした。

小さな屏風で、教養人のたしなみの四芸を題材にした「琴棋書画図」を
元にしていて、遊里の情景を写しています。

山水画の屏風を立て、琴の代わりに三味線を弾き、碁を打っています。
浮003

手紙を読んだり書いたりしている横で、禿が何か指差して右の場面と
つなげています。
浮004

若衆が刀を杖に気取ったポーズを取っています。
近くで見たら刀の鍔は車透かしでした。
髪を結っていない女の姿には生な力強さがあります。
浮005


菱川師宣 「見返り美人図」 17世紀 東京国立博物館
浮007

浮008

1月28日から2月16日までの展示です。
肉筆浮世絵で、玉結びの髪に吉弥結びの帯、振袖は菊と桜の花の丸模様です。
後ろ姿にすることで、後ろ結びである吉弥結びを見せ、左袖をひるがえして
模様を際立たせています。

鈴木春信 「雪中相合傘」 大英博物館
浮き013

鈴木春信の代表作で、雪の中を行く男女の清楚で睦まじい姿を描いています。
雪を効果的に使った白と黒の対比が印象的で、二人の着物には空摺で模様を
浮き出させています。

東洲斎写楽 「市川鰕蔵の竹村定之進」 
 寛政6年(1794) 東京国立博物館 重要文化財

浮011

1月14日までの展示でした。
まさに切腹しようと裃の右肩を脱いだ姿で、見開いた目、歪んだ口許と
手の形から緊張感が伝わります。
団十郎茶といわれる市川家の好んだ柿色の衣装には三枡の紋が入っています。

江戸東京博物館のロゴは、この向かって右側の目を元に佐藤晃一氏がデザイン
したものです。

浮012

浮013


東洲斎写楽 「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」 
 寛政6年(1794) 東京国立博物館 重要文化財

写002

にらみつけている目、引き結んだ口、懐から突き出した両手が印象的です。
顔を強調するため小さく描かれた手の形がご愛嬌です。

歌川国芳 「相馬の古内裏」 1845-46年頃 名古屋市博物館
国007

2月18日からの展示です。
大判3枚続きで、山東京伝の「善知(うとう)安方忠義伝」より、大宅太郎光圀が
妖術を使う滝夜叉姫(たきやしゃひめ)と戦う場面です。
西洋の骨格図を参考にしていて描写は正確とのことです。

渓斎英泉 「江戸日本橋より冨士を見る図」 
 文政(1818~29)中頃 江戸東京博物館

日004

1月20日までの展示です。
周りをアルファベットのような文字で囲って、異国趣味を出しています。
オランダ東インド会社のロゴも混じっています。

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 
 文政末期(1830頃) 江戸東京博物館

浮009

2月20日までの展示です。
冨嶽三十六景を代表する作品で、浮世絵全体を代表する作品ともいえます。
鮮魚を江戸に運ぶ押送船(おしおくりぶね)が波に翻弄されています。

歌川広重 「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」 
 天保(1830~43)中頃 江戸東京博物館

日005

2月2日までの展示です。
毛槍と馬印を立てた大名行列の一行が朝の日本橋を渡ります。
太鼓橋の形を上手く使っていて、お侍の武張った肘も描写されています。
手前の高札場の横では、日本橋の市場で仕入れた魚屋や八百屋の棒手振りが
商いに出かけるところです。
町の木戸は開けられ、遠くには火の見櫓も見え、いかにも江戸らしい
鮮やかな風景です。

歌川広重 「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」 
 安政4年(1857) 愛知・高浜市やきものの里かわら美術館

浮010

1月26日までの展示です。
隅田川の新大橋(大橋)を西側から見た図です。
川向こうに幕府の御船蔵があり、安宅船(戦艦)を収容していたので、
「あたけ」の地名が付いています。

川瀬巴水 「日本橋(夜明け)」 昭和15(1940)年 江戸東京博物館
日014

2月2日までの展示です。
会場の最後に展示されていました。

朝の日本橋を抒情的に描いています。
左の建物の上には白木(屋)の文字も見えます。
今のコレド日本橋の場所です。

川瀬巴水(1883~1957)は大正から昭和にかけて活躍した風景版画家です。
新版画という、江戸の浮世絵の技法を受け継ぎながら新しい芸術を目指した
版画を制作し、日本各地の風景を叙情的に描いています。

とても人気のある展覧会で、私は休日の開館時刻の少し後に行きましたが、
すでにかなりの来館者がありました。
1点1点に解説が付いているので、それを読んでいると全部観るのにかなり
時間がかかると思います。


次回の特別展は江戸東京博物館開館20周年記念特別展、「大江戸と洛中
~アジアの中の都市空間~」です。
会期は3月18日(火)から5月11日(日)までです。

浮014

関連記事

【2014/01/14 20:38】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2118-97c05c28

blog_name=【ローカルニュースの旅】 ♥   華麗なる井伊家の舞楽装束
 
彦根城博物館で、井伊家が収集していた舞楽装束コレクションを紹介する初のテーマ展「雅な舞~井伊家伝来の舞楽装束」が開かれている。中国や朝鮮半島からもたらされた音楽を伴奏に舞ったのが舞楽で、きらびやかな装束や舞具、舞楽面など約40点が並ぶ。6月17日まで。
【2014/05/24 12:04】

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |