「中山徳幸展」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋美術画廊Xでは「中山徳幸展」が開かれています。
会期は1月27日(月)までです。

中山徳幸さん(1968~)は長野県出身で、アクリルでキャンバスいっぱいに
女性の顔を描いています。
輪郭線は日本画の鉄線描のような均一な線を使い、髪の毛は一本一本描き分け、
ちょっとデザイン風な感じです。
色調は明るく、肌の色もわずかに濃淡を付けて、立体感を出し、明快な
イメージを伝えています。

「sunflower」 2013年
中001

「last days」 2013年
中002

「signs of fall」 2013年
中005

「tomorrow」 2012年
中003

「coastline」 2012年
中004


会場に居られた中山さんによれば、人物に特定のモデルは無いそうで、
以前は背景も描いていたが、現在は無地の背景にまとめているそうです。

大きくデザイン的に描かれた女性の顔はロイ・リキテンシュタインを
思い出します。
やはりリキテンシュタインはお好きなようですが、アメリカ的で即物的な
リキテンシュタインに比べ、日本的で柔らかな雰囲気です。

関連記事

【2014/01/25 22:33】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 中山さんの描く女性は街で見かけそうな、自然な感じがします。
    それだけ、今という時を捉えているのでしょうね。

    【2014/01/25 23:57】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 絵が好き
  •  こんにちは。
     特別モデルは無いそうですが、一枚目は
    なんとなーくSalyuさんに似てますね。いや、別にだから何だという訳ではありません^ ^; 良い絵ですね。

    【2014/01/25 23:03】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2133-d3505972

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |