「人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」展 国立近現代建築資料館資料室と湯島の梅
湯島
chariot

湯島の国立近現代建築資料館資料室では、「人間のための建築
建築資料に見る坂倉準三」展が開かれています。
会期は2014年2月23日(日)までです。
場所は文京区湯島4-6-15で、旧岩崎邸庭園に隣接しています。
国立近現代建築資料館は2013年の5月に開館しました。

さ1054


展覧会のみ閲覧の場合は平日のみ利用可能で入館無料です。
事前申込みの上、湯島地方合同庁舎正門より入館できます。
土曜日曜は都立旧岩崎邸庭園との同時観覧の入園料(一般)400円が必要です。
事前申込みは不要です。

坂倉準三(1901-1969)はル・コルビュジエに師事したモダニズム建築家です。

展覧会では坂倉準三の代表作である、鎌倉の神奈川県立近代美術館鎌倉館を中心に、
主な業績についての資料が展示されています。
写真は撮影可能です。

さ1051


坂倉準三は東京帝国大学で美術史を専攻した後、フランスに渡り、
ル・コルビュジエの設計事務所に入っています。

1937年にパリ万国博覧会日本館の設計で、博覧会の建築競技審査で
1等賞を受賞しています。

斜面を活用した設計になっています。

さ1018


1等賞の賞状です。

さ1032


帰国後は大阪スタヂアム(現存せず)、岡本太郎邸(現岡本太郎記念館)、
国際文化会館(前川國男・吉村順三との共同設計)、東急文化会館(現存せず)、
上野市庁舎(現・伊賀市庁舎)、小田急新宿駅ビルなどを設計しています。

上野市庁舎(現・伊賀市庁舎)
さ1020

神奈川県立近代美術館鎌倉館
さ1022

鎌倉館の構造模型
さ1025


坂倉準三の設計した椅子も展示されています。

さ1047


神奈川県立近代美術館鎌倉館は運営する神奈川県の財政難のため、
2016年の3月末をもって閉館する見通しとなっています。
建物が保存されるかどうかは決まっていないそうで、今後どうなるか気掛かりです。

展覧会のHPです。


隣の旧岩崎家住宅はジョサイア・コンドルの設計で、明治29年(1896)竣工です。

岩1067

岩1014


南側のベランダです。
飛行船が飛んでいました。

岩1060


撞球(ビリヤード)室もあります。

岩1063

岩1058


別の日に、大雪の後の湯島天神に行ってきました。
絵馬にも雪が積もっています。

湯0223 - コピー


メジロが来ていました。

湯0231 - コピー - コピー


本殿裏の枝垂れ梅です。

湯0228 - コピー

湯0220 - コピー

湯0212 - コピー

関連記事

【2014/02/12 22:47】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 広大な敷地ですが、これでも当時の1/3だということには驚きます。
    土佐の浪人だった岩崎家がこれだけの財を築いたのですから面白いものです。

    【2014/02/13 23:02】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 悪魔が来たりて笛を吹く?
  •  こんにちは。
     岩崎邸、行きましたよ。無料開放の日であった事はナイショナイショ。
     横溝正史あたりに出てきそうなお屋敷はすごいの一言。庭でミニコンサートなどもやってまして、良かったです。しかし、あんな所に人が住んでたんだからなぁ。世界が違いすぎますわな。

    【2014/02/13 21:04】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2140-ea6c11b4

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |