「VOCA展2014」 上野の森美術館
上野
chariot

上野の森美術館では、「VOCA展2014」が開かれています。
会期は3月30日(日)までです。

V001

VOCA展は全国の学芸員、ジャーナリスト、研究者などに、40歳以下の
若手作家を推薦してもらい、その作家が平面作品の新作を出品する
というもので、今年で21回目です。
VOCAとは、"THE VISION OF CONTEMPORARY ART"のことです。
今回は34名の作家が展示しています。

VOCA賞1名、VOCA奨励賞2名、佳作賞2名、大原美術館賞1名の受賞です。

VOCA賞 田中望 「ものおくり」 
 白亜地、胡粉、墨、箔、モデリングペースト、岩絵具、綿布パネル

V002

V003

V004

兎たちが和船を漕ぎ寄せて鯨に挑み、鯨のつくる輪の中では大勢の兎たちが
鯨の山車を曳きながら、輪になってさまざまな風流踊(ふりゅうおどり)を
繰り広げています。
秋田の竿灯も見えます。
風流踊は盆踊や念仏踊の源流とされる芸能で、「ものおくり」とは
動物の霊を送る狩猟儀礼です。
三陸沖では昔は鯨漁が行なわれていました。

東日本大震災の犠牲者の鎮魂の意味も込めているのでしょうか、
VOCA賞にふさわしい力作です。

田中望さんは東北芸術工科大学の大学院生で、制作のかたわら、
東北地方の民俗学の研究やフィールドワークも行なっているそうです。

VOCA奨励賞 大小島真木 「遺伝子 / Gene」 鉛筆、アクリル、紙パネル
V005

V006

生命の曼荼羅の世界です。

VOCA奨励賞 金光男 「row-kanaami #17」「row-kanaami #16」 
 パラフィンをひいたパネルにシルクスクリーン、バーナー

V007

金網の映像が焼けちぎれています。

佳作賞 大坂秩加 「そんなに強くなってどうするのあなた」 
 アクリル、白亜地、鉛筆、凹版、紙、パネル

V008

V010

継ぎはぎの建物や木の枝に女性たちが取り付いて、何かを求めています。

佳作賞 染谷悠子 「かみあわぬ水に沈む月」 
 和紙、鉛筆、水彩、墨、リトグラフインク、カンヴァス、パネル

V011

大小の青い水紋が響き合っています。

大原美術館賞 佐藤香菜 「マブイグミ(enter)」「 マブイグミ(exit)」 
 油彩、刺繍、カンヴァス

V012

マブイグミは沖縄の言葉で、抜け出していった魂を呼び戻す行為を言います。

2013年のVOCA展の記事です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2014/03/16 20:48】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2188-cb7c40b8

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |