「富士と桜と春の花展」 広尾 山種美術館
恵比寿
chariot

広尾の山種美術館では特別展、富士山世界文化遺産登録記念、
「富士と桜と春の花展」が開かれています。
会期は5月11日(日)までで、会期中一部展示替えがあります。

k012.jpg


富士山や桜を描いた作品を中心に約90点が展示されています。

司馬江漢 「駿州薩陀山富士遠望図」(部分) 1804年 静岡県立美術館
冨士006

司馬江漢(1747-1818)は江戸時代に西洋画を学び、独自の油絵具を開発して、
洋風画を描いています。
富士の景色を油彩で描いた作品で、富士山の形は写実的です。
長崎への旅の途中で見た富士山に感動して、よく富士の絵を描いています。
ちょっと稚拙なところが銭湯の絵を思わせる、のどかな景色です。


葛飾北斎 「冨嶽三十六景 凱風快晴」 大判錦絵 1830年 山種美術館
冨士003

3月30日までの展示です。
歌川広重の「東海道五拾三次」のうち、富士山を描いた作品も展示されています。

片岡球子 「めでたき富士」 1991年 東京美術倶楽部 東美ミュージアム
冨士004

元気いっぱいの富士山で、ふもとには梅や鈴蘭が咲いています。


上村松園 「桜可里」 1926-29年頃 山種美術館
冨士001
 
4月15日から5月11日までの展示です。
浮世絵風の華やかな絵柄です。

川合玉堂 「春風春水」 1940年 山種美術館
玉006

川の急流に張ったワイヤーを使った渡し舟には農婦が乗り、
岩場には山桜が咲いています。
満々とした蒼い水の描写が印象的な作品です。
ワイヤーと滑車を使った渡し舟は岐阜県出身の実業家、
岡田只治(1850-1914)の発明で、最盛期には全国約60ヶ所で
使われていたそうです。

小野竹喬 『春野秋溪のうち「春野」』 1944年頃 山種美術館
冨士007

4月13日までの展示です。
いかにも京都の画家、小野竹喬らしいやわらかな色彩で、
空も霞と同じ色に霞んでいます。

奥村土牛 「醍醐」 1972年 山種美術館 
百003

醍醐寺三宝院の枝垂桜に感激し、その後10年越しで完成させた作品です。
幹と支柱の縦線、土塀の横線を基本にして、幹を真中に据え、画面上を
桜で埋め尽くし、土塀の連なりで奥行きを見せています。
花弁の重なりは濃く薄く描かれて、立体感があり、塗りを重ねた幹の色は
桜の経てきた年月を感じさせます。

奥村土牛 「吉野」 1977年 山種美術館
冨士008

霞の中に広がる、花の吉野です。
緑から青へと変わる色彩と山の間の霞によって、遠近感を出しています。
手前から奥へと三角形を重ね、桜の木も三角形にした理知的な構成の画面ですが、
描いていて、「歴史画を描いているようで、目頭が熱くなった」とのことです。
歴史画を描かなかった奥村土牛ですが、戦前の人だけに、南朝の歴史への思いは
深かったのでしょう。

千住博 「夜桜」 2001年 山種美術館
冨士005

覆いかぶさる夜桜を、下から見上げた視線で捉えています。
黒々とした夜空の中、ライトに照らされたような紅く細かい点を
びっしり重ねた桜は、現実の夜桜を見ているようで、伝統的な
日本画とは異なる凄みがあります。

鈴木其一 「牡丹図」 1851年 山種美術館
冨士002

白、薄紅、赤と色を変え、蕾から盛り、しおれ始めまでを
一つの絵の中に収めています。

山種美術館で桜の絵が展示されると春本番です。

山種美術館のHPです。


山種美術館の次回の展覧会は、「クールな男とおしゃれな女
-絵の中のよそおい」展です。
会期は5月17日(土)から7月13日(日)までです。

クール001

関連記事

【2014/03/22 19:52】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2194-ba6f588c

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |