「SIMONDOLL 四谷シモン展」 そごう美術館
横浜
chariot

横浜のそごう美術館では、「SIMONDOLL 四谷シモン展」が開かれています。
会期は7月6日(日)までです。

シ001


人形作家の四谷シモンさん(1944~)が70歳になるのを記念して、1960年代から
2014年までに制作した球体関節人形46体が展示されていて、シモンさんの
人形づくりの足跡をたどることが出来ます。
7月5日(土)午後2時からは四谷シモンさんのギャラリートークも行われます。

10歳の時から人形を作り始め、1965年にシュルレアリストのハンス・ベルメールの
球体関節人形の写真を見て衝撃を受け、以後独学で球体関節人形の制作を続けています。

「機械仕掛の少女1」 1979/83年 なるせ美術館
シ002

シモンさんの設立した人形学校エコール・ド・シモンの生徒だった荒木博志さんとの
共同制作です。
ロボットとしての人形がイメージされます。

「解剖学の少年(部分)」 1983年 東京国立近代美術館
シ003

こちらは人間のコピーとしての人形です。

「木枠で出来た少女(部分)」 1981/83年 個人蔵
シ005

未完成で不完全な状態の人形です。
では、完全な人形とはどんな人形なのかなと考えさせられます。

「少女の人形(部分)」 1993年 個人蔵
シ006

フランス人形のような人形で、鼻は短く高く、真紅の唇が強い印象を与えます。

ドリームドール(部分)」 2014年 作家蔵
シ007

展示されている中で一番新しい作品です。
ふっと夢見がちな表情をしています。

「天使―渋沢龍彦に捧ぐ」 1988年 個人蔵
シ008

良き理解者で心の支えであった渋沢龍彦が1987年に亡くなり、シモンさんは
大きな打撃を受けます。
そこで東方キリスト教に出会い、やがて天使やキリストの像をつくります。
この天使像はほぼ等身大の作品で、東方キリスト教よりカトリックに近いように思えます。

「キリエ エレイソン」 1995年 個人蔵
「キリエ エレイソン」 1996年 画廊喫茶ユトリロ
「キリエ エレイソン」 1997年 公益財団法人鎌田共済会
 
キリストの頭部が3体展示されています。
どれもやせこけて、苦悩に満ちた表情をしています。
「キリエ エレイソン」とは「主よ、憐れみたまえ」という意味で、東方教会、西方教会ともに
唱えられている言葉です。

シモンさんは聖なるものの対極として俗なるものを考えるようになります。
その最たるものとして自分自身に目を向け、人という生き物はこんなにも自分自身から
逃れられない自己愛の強い存在であることに気付いたということです。
人形つくりは、「人形は自分で、自分は人形という、自己愛と人形愛の重ね合わせ」と
位置付けて、自らの人形をつくり続けているそうです。

四谷シモンさんの人形を通じて、人形とはいったい何だろうかと考えるきっかけになる
展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2014/06/24 20:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2292-16753a50

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |