『小田部羊一が描く「アルプスの少女ハイジ」の世界展』 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは7月22日(火)まで、
『「小田部羊一が描く「アルプスの少女ハイジ」の世界展』が開かれています。

1974年に放映されたアニメ「アルプスの少女ハイジ」の40周年と、
「小田部羊一イラスト画集」の出版を記念して、「アルプスの少女ハイジ」の
描きおろし原画や版画、グッズなどを展示販売しています。
7月20日(日)の午後2時~3時にはサイン会も開かれます。

小田部羊一(こたべよういち)さん(1936~)は台湾生まれで、
東京芸術大学を卒業後、動画制作会社に入社し、以後アニメーターとして
活躍しています。
「アルプスの少女ハイジ」ではキャラクターデザインを担当しています。

「まっててごらん」
ハイジ001

「アルプスの少女ハイジ」はヨーロッパやアラブの国でも放映され、
イタリア、フランス、スペインなどでは現在も誰でも知っている
人気アニメだそうです。
製作に先立って小田部羊一、高畑勲、宮崎駿らが1年間現地調査を
行なったということで、入念な準備に始まる努力によって、ヨーロッパの
人たちにも受け入れられる作品になったと言えます。

関連記事

【2014/07/17 21:06】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2314-1211e385

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |