「第78回 新制作展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では、「第78回 新制作展」が開かれています。
会期は9月29日(月)までです。

新001


新制作協会は1936年設立の美術団体で、現在は絵画部、彫刻部、
スペースデザイン部があります。

絵画部の作品を何点か紹介します。
新制作展は撮影可能です。

中井英夫 「and from now」
sIMG_0278.jpg

太田國廣 「悠久の異邦人」
sIMG_0281.jpg

天寿国繍帳らしいものも見えます。

佐藤泰正 「Cafe・それぞれ」
sIMG_0284.jpg

金森宰司 「ライフ「駆け引き」」 
sIMG_0287.jpg

田澤茂 「日本人の神々」
sIMG_0290.jpg

鍋島正一 「孤島の教会」
sIMG_0296.jpg

五島列島の野崎島にある教会で、島は現在、無人島になっています。

竹村和夫 「奏楽者」
sIMG_0302.jpg

服部和三郎 「猫とヴィナス」
sIMG_0305.jpg

服部和三郎さんは藤田嗣治に師事しています。

野村昭雄 「アナベル」
sIMG_0308.jpg

椎名みどり 「夢の中の日常 I (リンゴ売)」
sIMG_0311.jpg

井本心一 「鉄路-雪の南松本駅構内」
sIMG_0320.jpg

藤川妃都美 「はるがきた!」
sIMG_0322.jpg

カタツムリは春の光を受けて透き通っています。

矢吹幸子 「光景・舞洲」
sIMG_0325.jpg

谷中田和代 「誰も教えてくれない」
sIMG_0328.jpg

影が自分の世界をつくっています。

田中亮平 「ノスタルジィア」
sIMG_0334

三浦正紀 「脇道へ」
sIMG_0337.jpg

石川由子 「ある町の一日」
sIMG_0340

谷垣美穂 「パリ散歩 III」 
sIMG_0343.jpg

篠田哲也 「何処へ I」
sIMG_0346.jpg

塩田志津子 「湖畔-近江の譜」
sIMG_0349.jpg

箔を使った、日本画風の趣きです。

木下和 「邂逅の郷-残耀・江波山桜-」
sIMG_0362.jpg

ヒロシマエバヤマザクラは広島の江波山公園にあるヤマザクラの変種です。

小島隆三 「封印された地 "永遠の愛"」
sIMG_0369

前に置かれた立体作品とセットです。

矢澤健太郎 「イザナギイザナミ」
sIMG_0373

田村研一 「人生ゲーム 鎮魂行脚編」
sIMG_0375

部分
sIMG_0379

今年の田村さんは上下2段続きです。

小野仁良 「オトノキオク・ヒグラシノゴゴ」
sIMG_0383

古民家シリーズの一つです。

手嶋醇子 「昼下がり」
sIMG_0389

岸宏士 「クリスマス近く」
sIMG_0392

近藤オリガ 「祭の時」
sIMG_0405

板谷諭使 「ダヴィンチの庭」
sIMG_0408

窓の向こうにフィレンツェの街並みが見えます。
板谷諭使さんは新会員です。

大崎静子 「船だまりの向う(III)」
sIMG_0417

阿曽沼明 「いつかは・・・」
sIMG_0430

河村雅文 「理科室」
sIMG_0433

今年の河村さんの理科室にはジンベエザメが泳いでいます。

鶴山好一 「丘へ続く道」
sIMG_0436


昨年の第77回新制作展の記事です。

新制作協会のHPです。

関連記事

【2014/09/22 21:52】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2390-81bc93a9

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |