第1回改組 新「日展」 国立新美術館
乃木坂・六本木
chariot

六本木の国立新美術館では第1回改組 新「日展」が開かれています。
会期は12月7日(日)までです。

日展009


日展は不正審査問題があったので組織改正を行ない、今年が改組第1回展になります。

(洋画)

木原和敏 「moment」
日展007

カーテンを通しての淡い光に包まれています。

谷俊緒 「初夏」 
日展004

電線の燕が季節を表しています。

歳嶋洋一朗 「マヘレのはね橋」 
日展006

マヘレのはね橋はアムステルダムのアムステル川に架かる跳ね橋です。

藤川耕太郎 「明石海峡」
日展005

生活感のある風景です。


(日本画)

諏訪智美 「機織る里-夕風-」
日展003

夏の夕暮れでしょうか、朝顔の葉が茂り、空には鱗をきらめかせて魚が泳いでいます。
懐旧的な気持ちになる作品です。
諏訪智美さんは2014年に筑波大学大学院博士後期課程を修了しています。

曲子明良 「秋思」
日展001

水墨を思わせる落着いた色調です。

間瀬静江 「白象来迎図、及び奏楽童子図」
日展002

仏画の伝統に則った作品で、普賢菩薩を乗せる白象が真中に描かれています。


2013年の日展の記事です。

日展のHPです。

関連記事

【2014/11/14 19:29】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2449-b3337e4b

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |