「FACE展 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞展」 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、「FACE展 2015 
損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開かれています。
会期は3月29日(日)までです。

FACE001.jpg


FACE展は損保ジャパン美術財団の公益財団法人への移行を期に創設された公募コンクールで、
会場には受賞作品9点を含む入選作品70点が展示されています。

会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出も行われます。

会場は撮影可能です。

宮里紘規 「WALL」 ミクストメディア グランプリ
fIMG_0350.jpg

近付いて視ると、印刷物をシュレッドしたような紙がびっしりと貼ってあるのでした。
壁というか、滝に見えます。

大橋麻里子 「La Foret」 油彩・アクリル・色鉛筆・キャンバス 優秀賞
fIMG_0338.jpg

森が平面的に構成されています。

和田和子 「ガーデン(木洩れ日)」 油彩・キャンバス 優秀賞
fIMG_0334.jpg

木の枝に止まった鳥から見たような景色です。

村上 早 「カフカ」 銅版画 優秀賞
fIMG_0331.jpg

カフカの「変身」を題材にしていて、主人公のグレゴール・ザムザは蝉になっています。

平野淳子 「記憶」 墨・デジタル・モノタイプ・和紙 読売新聞社賞
fIMG_0313.jpg

ロールシャッハテストのような図柄がリズミカルに並んでいます。

黒木美都子 「月読」 岩絵具・布 審査員特別賞
fIMG_0340.jpg

幻想的な像が浮かび上がっています。

大里早苗 「Echoes」 油彩・キャンバス 審査員特別賞
fIMG_0343.jpg

地中海的な明るい世界です。

児玉麻緒 「チュー」 油彩・キャンバス 審査員特別賞
fIMG_0346.jpg

咲き誇るチューリップをぐいぐいと描いています。

下野哲人 「Black lines on the white White lines on the black」 
アクリル・キャンバス 審査員特別賞

fIMG_0353.jpg

白と黒の線が競っています。

遠藤誠明 「thinking」岩絵具・箔・染料・麻紙
fIMG_0328.jpg

簡潔な描写が魅力です。

倉田和夫 「BREAD・80」 アクリル・麻紙
fIMG_0364.jpg

写実を追求すると、こんな迫力が出ます。

児島慎太郎  「赤いポット」 油彩・キャンバス
fIMG0361.jpg

堅牢な画面で、色彩に深みがあります。

田口由花 「レダと白鳥」 墨・顔料・金・和紙
fIMG_0359.jpg

ギルシャ神話を重みのある日本画に仕上げています。

橋口 元 「深更」 水彩・アクリル・コラージュ・キャンバス
fIMG_0325.jpg

赤を使っていながら、穏やかで静かです。

橋口百香 「I am mama」 水彩・アクリル・色鉛筆・和紙・キャンバス
fIMG_0322.jpg

柔らかな色彩と線描です。


今回も色々な作風の作品が揃っていて、面白い展覧会です。
私は、「オーディエンス賞」には大里早苗さんの 「Echoes」を選びました。

2013年の 「FACE展 2013」の記事です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」です。
会期は4月18日(土)~6月28日(日)です。

ユトリロ001

関連記事

【2015/03/17 20:19】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2561-203f85c3

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |