「救いとやすらぎのほとけ―菩薩」 根津美術館
表参道
chariot

表参道の根津美術館ではコレクション展、「救いとやすらぎのほとけ―菩薩」が開かれています。
会期は4月6日(月)までです。

菩薩001


菩薩とは、すでに悟りを得た後も、成仏せずに人間界で救済を行なう存在です。

展覧会では根津美術館の所蔵する約40件の菩薩像が展示されています。

「観音菩薩立像」 飛鳥時代・7世紀 重要美術品
菩薩009

高さ30㎝ほどの金銅仏で、白鳳期の作です。
菩薩は通常、装身具を着けた姿で表されます。
観音菩薩は観音経などで説かれた菩薩です。

「普賢十羅刹女像」 平安時代・12世紀 重要文化財
菩薩007

普賢菩薩は華厳経や法華経に書かれた菩薩で、法華経が女人成仏を説くことから、
特に女性に多く信仰されています。
白象に乗った姿で表されます。
十羅刹女は法華経に登場する10人の鬼神で、法華経信者を守護します。

「聖観音像」 鎌倉時代・13世紀 重要美術品
菩薩006

大きな月輪(がちりん)の中に紅の蓮華を持った観音が座しています。
蓮華座の花弁は濃淡を描き分けた鮮やかな紅色です。
千手観音のような多面多臂の変化(へんげ)観音に対し、1面2臂の姿の観音を
聖観音(しょうかんのん)と言います。

「地蔵菩薩坐像」 鎌倉時代・13世紀
菩薩008

地蔵菩薩は、釈迦の入滅後、56億7千万年後の弥勒菩薩が出現するまでの間、
現世で救済を行なう仏とされています。
僧形で、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ姿で表されることが多いです。


展示室3には春日若宮大般若経と春日厨子が展示されています。

「春日若宮大般若経」 浄阿筆 鎌倉時代・寛喜元年(1229)−仁治3年(1242)
菩薩005

尼浄阿が14年かけて書写して春日大社に奉納した大般若経600巻です。
所縁の人々の菩提を弔うための奉納で、巻末には自分が仕えたと思われる、
八条女院(鳥羽天皇皇女:1137-1211)、宜秋門院(後鳥羽天皇中宮:1173-1239)、
春華門院(後鳥羽天皇皇女:1195-1211)など、80名以上の名前が記されています。
尼浄阿は東寺への田地寄進状にもその名の見える女性です。

「春日厨子」 鎌倉時代・寛元元年(1243)および3年(1245)の銘
菩薩004

立派な厨子で、扉にも由緒が彫られていて、最後に「願主比丘尼浄阿」とあります。

このような厨子を調えたり、田地を寄進するなど、浄阿という女性はかなり裕福だったようです。
またその信仰心の篤さが偲ばれます。


展示室5には北野天神縁起絵巻(根津本)が展示されています。

「北野天神縁起絵巻 巻第2(部分)」 室町時代・15世紀 重要美術品
菩薩003

菅原道真の生涯と、怨霊となった道真を祀る北野天神の霊験が描かれています。
太宰府に流される道真が庭に咲く梅と桜を見て、歌を詠んでいる場面です。
道真が配流されたのは旧暦1月のことです。

 こちふかばにほひをこせよ梅の花あるじなしとて春をわするな

 さくら花ぬしをわすれぬ物ならばふきこむ風にことづけをせよ


展示室6のテーマは「暮春の茶」です。

暮春は陰暦3月のことで、春の終わりの頃です。

「柳蒔絵棗」 江戸時代・18世紀
菩薩002

良寛の自筆和歌もあります。

 こどもらとてまりつきつつこのさとにあそふはるひはくれずともよし 良寛書

                          
展覧会のHPです。


次回の展覧会は「燕子花と紅白梅―光琳デザインの秘密―」です。
会期は4月18日(土)から5月17日(日)です。

燕001

関連記事

【2015/03/21 19:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(4) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • 慧喜さん、こんにちは。
  • いつもご覧いただき、有難うございます。
    リンクしていただけるのも嬉しいです。
    またブログを再開されるのを楽しみにしています。

    【2015/03/22 14:37】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • chariotさん☆
    この展覧会は、面白そうですね><
    行ってみたいです!
    chariotさんのブログ、
    ガイドブックみたいでとても分かりやすいです。
    カフェとかも参考になるし・・・
    是非、私のブログにリンクさせてくださ~い☆
    ( '́⌣'̀)/♫•*¨*•.¸¸♪

    あと、暫くの間ブログの方をお休みさせて頂きます><
    いつも有難うございます(*>_<*)ノ

    【2015/03/22 13:12】 url[慧喜 #-] [ 編集]
  • こんばんは。
  • 仏様を盗むとは罰当たりな話です。
    盗まれないほど大きければ良いかというと、
    バーミヤンの大仏のように壊されてしまうこともあります。

    【2015/03/21 22:55】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 仏像盗ったらぶつぞう
  • 日本各地で仏像や古美術品の盗難が頻発しています。主に某東アジアの人達が盗んでゆくらしいです。向こうでは仏像が投機の対象になっている為高く売れるんだとか。注意しないと日本の宝が不法に海を渡ってしまう。困ったものです。

    【2015/03/21 20:39】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2581-1d060bda

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |