「第91回 白日会展」 国立新美術館
乃木坂
chariot

六本木の国立新美術館では3月30日(日)まで、「第91回 白日会展」が開かれています。

白日会は大正13年(1924)の発足時から写実を追求している団体で、
絵画部と彫刻部があります。
会場は撮影可能です。

木原和敏 「moment」
白IMG_0554

カーテンを通した柔らかな光に包まれています。

中島健太 「BEIGE’306」
白IMG_0538

棚の小物にも注目です。

中山忠彦 「トワ・エ・モア 50年」
白IMG_0606

中山忠彦さんは白日会の会長で、毎年夫人を描き続けています。
今年は夫妻そろっての肖像です。

平澤篤 「Musica del Vento」
白IMG_0542

今年の内閣総理大臣賞を受賞しています。

山本大貴 「離岸の唄」
白IMG_0557

矢絣の着物に袴という明治の女学生の服装です。
マンドリンや蓄音機は聴覚、双眼鏡は視覚の象徴でしょうか。
研ぎ澄まされたノスタルジーを感じます。

宮本佳子 「窓辺」
白IMG_0612

おだやかな時間が流れています。

和田直樹 「静かな夜」
白IMG_0551

艶やかな空間です。

李暁剛(リシャオガン) 「吟遊詩人(チベット)」
白IMG_0535

李暁剛さんはよく中国の少数民族を題材にしています。

薄井義 「ゴールデンサンセット」
白IMG_0609

鈍く輝く金色の世界です。

小木曽誠 「フィレンツェ」
白IMG_0549

細密な風景が広がっています。

甲斐夕加里 「目覚めの庭」
白IMG_0572

みずみずしい色彩です。

西谷之男 「茶畑と夏の空」
白IMG_0562

晴々とした緑の丘に白い夏の雲が湧いています。

平田英子 「住むところ」
白7

土地への愛着がコスモスに表れています。

松木康弘 「幾年月 父を偲ぶ」
白IMG_0584

白IMG_0587

小さく人物が描かれています。

宵奈良宏 「江の島 湘南港」
白IMG_0588

遠くのマンションの景色は今時の湘南の風景です。


人物、静物、風景といろいろな作品を楽しみました。

関連記事

【2015/03/19 19:57】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんばんは。
  • 平澤さんはレースなどの細密な描写が得意で、
    楽器や音楽をよく題材にしています。
    宮本さんの作品は静物画なのですが、じっくり染み透るものがあります。
    写真のようであって、写真ではない何かがあるのが写実画の魅力ですね。

    【2015/03/19 23:37】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 凄い描写力
  •  しかし写真の様にただありのままを写している訳ではないのが画の魅力ですね。個人的には4枚目と6枚目が好きです。

    【2015/03/19 21:34】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/2582-d2900c25

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    東京のビルの多い街で暮らしています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |